9.noteでハンターハンターの感想を読み、「マンガ以外のナニカ」を感じたことを思い出す(11/19 09:42)


11月19日(土)晴れ

最低気温は0.1度、だいぶ冷え込んだ。9時を過ぎて6度を上回ってきた。まだ寒いが、最高気温の予想は12度。立冬を過ぎて、暦の上でも秋から冬に移っている感じがする。

先週もそうだったが、今週も土曜日だけ仕事以外の仕事がない。昨日の母の病院を終えてやっと終わったという感じになったが、また少しえっと思うようなことが起こったりして気持ちが昂ったのか夜寝付けなくなり、2時ごろに布団の中で目を瞑ったものの、3時半には起きて寒いので一度風呂に入り、その後5時まではなんとか布団の中にいた。眠ったというよりは目を瞑っていたという感じで、睡眠の質が低いことは確かだな。

断片的なことが多くなるが、昨日読んだものでは「HUNTERxHUNTER」を一気読みして感想を書いたというこちらのブログが面白かった。

https://note.com/yomooog/n/na42399ea5204

私もハンターは人に勧められて読んだのだけど、ちょうど暗黒大陸編が始まった頃に、やはり同じようにほとんどKindleで一気読みした。御多分に洩れずキメラアント編がものすごく盛り上がった、というか、もう「マンガというもの以外のナニか」を読んでる気持ちにさせられたのをこの感想を読んでいて思い出した。

今読んでいる「2.5次元の誘惑」はオタクばかりの漫画研究会が舞台だということもあり、ハンターからの「引用」が多いということは思ってはいたが、今回の感想で出てきたものが「あれもこれもハンターだったのか」と改めて驚いている感じはする。

またこの方は文章が上手いので自分が読んだ時に感じたけれどもうまく言葉にならなかったようなことをなるほどという表現で言葉にしていて、「マンガの感想はかくあれかし」と感じ入る部分が多くあった。

最近は数年に一度に一巻出るというペースになっていて、前の展開を忘れていて読んでいてもあまりよくわからないことがあったりするのだけど、暗黒大陸編に入る前は本当にマンガの中でも屹立した存在だったのだよなあと改めて認識した。

今最初から読み直したら多分また新しい発見はかなりあると思うのだが、時間のある時や読むものに手詰まり感がある時にまた読んでみたいと思う。

9/4602

コメント投稿
次の記事へ >
< 前の記事へ
一覧へ戻る

Powered by
MT4i v2.21