14.「ブルーピリオド」:「他人の人生を搾取する作品」と「良い絵を描くこと」/生活の緩急/ハマスとイスラエルの「停戦」と「一時的な日常」(11/26 07:24)


< ページ移動: 1 2 3 >

11月26日(日)晴れ

昨日は疲れていたので夜8時半には寝てしまったのだが、起きたら2時半。これはまあ、最近早く寝てしまうとこういう時間に起きてしまうのだが、手洗いに行ってベッドに戻って布団の中で取り止めのないことを考えていたら時間が過ぎた。まあいろいろ考えているうちに「疲れているんだからぼちぼちやろう」と思いついて今日はぼちぼちやることにし、起きてみたらもう朝刊が来ていて、あれもう5時かなと思って時計を見たら4時半で、今日は少し早めに配達されたらしい。

iPhoneで気温を見たらマイナス1.3度。予報はマイナス2度だったからまあこんなものかと。廊下は寒いし今のソファに腰掛けても最初は寒い。ストーブを二つつけて今は大丈夫なのだが、まあ冬というのはこんな感じだ。少なくとも朝は燃料代がかかる。ぼちぼちやると考えると気持ちが楽になっていろいろ思いついたり普段あまりやってない日常的なことをやったりするところがあるのだけど、まあ日常というものを続けるにはそうやって「ぼちぼちやる」というところが必要だなと思ったり。何もやってないように自分自身には感じられてしまうが、そうやって頑張り過ぎてしまうから疲れてしまうのだよなとは思う。ぼちぼちやるという考え方、違う言葉で言えば「抜くところもないと」ということになるかなとは思うが、緩急が大事だということだし、まあ頑張るときもまた頑張りかたもあるよなとか、いろいろ思ったりする。そしておそらく抜くときも抜きかたが大事なんだよなとは思う。

緩急といえば、ようやくハマスとイスラエルの戦争にも停戦が行われている。イスラエル側の人質が解放されて国際機関に引き渡されたり、刑務所に入れられていたパレスチナ人の子供たちが解放された母親の胸に飛び込んだりしている映像を見ると、よかったなと思う。また北部から南部へ避難していたガザの人々が自分の家に戻るために行列をなして検問所に並んでいるのを見ると、民族浄化などというものがそう簡単にできるものではないということも思う。イスラエルの継戦能力も3ヶ月くらいだという話で、もう50日経っているわけだから話し合いのフェーズに入ってもおかしくはない時期だよなとは思う。

近年の経緯から見てイスラエルは必ず停戦交渉にいつかは応じると思っていたが、思っていたよりは遅くなった。シファ病院から確たるハマス軍事拠点の証拠が出なかったことと地下壕もイスラエル自身が作った部分もあるという話などが出てきて、彼らの病院攻撃の主張の根拠が揺らぎ、停戦期間に攻撃の正当性を立て直そうという思惑もあるのかもしれない。

ヨーロッパではドイツやフランスは強硬にイスラエルを支持しているらしく、イスラム系の留学生がパレスチナ人支持のデモをしたりすると「国へ帰れ」と大学教授から言われたりしているらしいが、ベルギーとスペインの首相はラファの検問所でイスラエルを批判する演説をしたりしたようで、ネタニヤフが怒っていた。イスラエルはアメリカの支持さえあれば攻撃を続けるだろうけど、攻撃後のガザの有り様についてはハマスの政治部門の指導者がアラブ諸国軍の一時的統治を含め外部勢力の介入を一切拒否していたり、イスラエルはしばらくガザを統治するようなことを言っていて、まあ要は「戦争後」のことについても駆け引きが始まっているわけだが、このあたりの落とし所はまだ見えない。

今あげた二つの主張が両極端ということになるだろうけど、国際機関、特に国連以外の国際勢力が預かる形にしないとこの状況の先は見えないのではないかという気がする。私はアメリカが責任を取るべきという気はするが、まあそれはベトナムやアフガン化する可能性もあるから絶対引き受けないだろうなあとも思う。

いずれにしてもイスラエルもハマスもガザの住民も「ぼちぼちやる」というような状況ではないよなあとは思うのだが、それらの人々がぼちぼちやれる状況が作れると良いなあとは思う。

***

<画像><画像:>

「ブルーピリオド」、15巻が出るとともに1月号に66話が掲載され、しばらく前に作者の山口つばささんがTwitterで出産報告をしていたことの続きでしばらく休載することが書かれていて、今回の扉絵は見開きで藝大同級生総出演のバッカスの宴みたいな(なぜか予備校同級生の橋田もいるのだが・バッカスはもちろん八雲)まるで最終回のような様相を呈しているのだけど、内容もかなり濃くて一時停戦前の最後の激闘という感じではあり、感銘を受けている。


< ページ移動: 1 2 3 >
14/4992

コメント投稿
次の記事へ >
< 前の記事へ
一覧へ戻る

Powered by
MT4i v2.21