「東京卍リベンジャーズ」:欠けたピースが集まってきた/「絢爛たるグランドセーヌ」今までにないバレエまんがの新しい展開

Posted at 21/06/23

※この文章は連載最新回の展開についても書いていますので、ネタバレを避けたい方は「少年マガジン」「チャンピオンRED」の最新回(2021年6月23日現在)まで追いついてからお読みください。

このところ面白いマンガが多いが、ここに来て面白くなっているマンガもいくつかある。
「東京卍リベンジャーズ」はアニメも快調なようで7月から第2クールに入るようなのだが、マガジンの連載の方は「最終章」に入っている。今まで、「あれ、これ触れられてないよね?」という伏線がいくつかあるのだけど、先週の210話から今週の211話でだいぶいろいろ出て来そうな感じになっている。

かなり前の展開でタケミチがマイキーからCB250T(バブ)をもらう場面が出てくるのだが、先週はドラケンに呼び出され、そのバブの修理ができたという展開になっていた。先週の終わりから解散した東京卍會に代わってのし上がってきた六本木の「六波羅単代」というグループがイヌピーを拉致っていたのをぶん投げて出て来たのだが、この辺りでマイキーが出てくるのでは?と期待していたら「△梵(ブラフマン)」という別のグループが出てきた。これに今闇落ちしたマイキーが率いる「関東卍會」を入れると不良界の「三天」になるのだという。

話が大きくなって来て面白くなってきたな(その代わり人数たくさん書かないといけないから大変らしいが)と思って何度か読み直していたら、この梵の男がナンバーツーで、サラッと書いてあったのに何回目回で気がついたのだが、「初代黒龍(ブラックドラゴン)副総長」なのだという。

初代黒龍というのは総長はマイキーの兄である佐野真一郎であり、彼はマイキーより10歳上なので、副総長というのもマイキーより10歳上、というと27歳くらいになるのだろうか。六波羅単代もドラケンよりでかいし強いのでかなりの大人と思われるが、この梵の明石という男の登場でかなり色々な展開を予想できるようになった。

真一郎は既に死んでいるが、このマンガではかなり象徴的・伝説的な存在であり、マイキーに対する影響力も強い。また、主人公のタケミチも真一郎に似ていると何度か語られている。そして今ではドラケンと一緒にバイク屋をやっているイヌピーが真一郎の心酔者で、黒龍の復活に希望を語っていた。その希望が託されたのがタケミチで、タケミチは真一郎の墓前で11代目を継ぐことを報告しているのだが、その直後に舞キーの妹のエマが殺されるという事件が起こり天竺との抗争になだれ込んでしまったのでこのかなり重要なはずの伏線が埋もれたままになっていた。

これはどうなるんだろうとずっと思ってはいたのだが、今回明石という存在が登場したことで俄然興味が湧いてきて、これからの展開が楽しみになって来たわけだ。

こうなると今欠けているピースはマイキーと、謎の存在とされる梵の現総長。また、明石がタケミチにどのように声をかけるのかも気に掛かる。「東京卍リベンジャーズ」は実際、予想通りに展開していかないことが多いのでどうなるのかよくわからないのだが、最終章ということでさらなる盛り上がりが期待されると感じた。

***

もう一つ、最近特に面白いなと思っているのが毛色は全然違うが「絢爛たるグランドセーヌ」である。チャンピオンREDに連載されているバレエマンガだが、いつでも前向きの明るいコミュ力最強の少女・奏(かなで)が主人公である。


 

小さい時からバレエをはじめ、その成長が小学生時代からずっと描かれてきて、その中で友人やライバル、先輩や先生が描かれてバレエマンガにありがちなくらいシーケンスみたいなのがほとんど描かれないのが私は好きで、まあこれもある意味現代的なのだろうなと思うけれども、どんどん前向きに話が進んでいくところが魅力的である。

そして出てくるキャラクターそれぞれの個性がヴィヴィッドに描き分けられているのだが、今までのバレエまんがは日本のコンクールやローザンヌなどの国際大会で良い成績を収めるまで、みたいな感じで終わっていたのだけど、この作品は現在はユースアメリカに優勝した奏がレジェンドのようなダンサーのアビゲイル・ニコルズの勧めもあってイギリスのロイヤルバレエスクールに留学する展開になっている。

イギリスの、というかヨーロッパのバレエ学校がまんがでリアルに描かれるのは多分初めてではないかと思うのだが(アラベスクとかにもそういうのはなくはないけど)、バレエ学校の様子やそこに出てくる他のキャラクターたちもそれぞれに生き生きしていて、日本編で出て来たキャラクターが出てこなくなることでどんなふうに動いていくのかやや心配だったのだけど、全く杞憂だったと嬉しく感じている。

作者のCuvieさんは成人向けの作品も多く描いていて、しかしこの作品ではそういうことは匂わせもしない溌剌たる表現がヴィヴィッドに描かれているのがすごいなと思う。

今連載されているバレエ漫画ではスピリッツの「ダンス・ダンス・ダンスール」もとても面白いし、またユースアメリカで良い成績を取った後の非定型的な、憧れのダンサーのもとでの修業という展開もとてもワクワクさせられているのだけど、どちらも2020年代のマンガというか、今までのバレエマンガでできなかったことが描かれているなという感じでこれからが楽しみである。

自分の精神世界の再構築/「アップデート」と古典的正統性

Posted at 21/06/22

新型コロナ流行が叫ばれてからもうすぐ一年半になる。最初の感染者が見つかり、中国からの春節の観光客などが問題になったのが去年の1〜2月、最初の緊急事態宣言が出され学校が休校になったのは2月の終わりだったと思う。

私の生活も大きく変わり、東京に帰ることなく、実家の方にずっといるようになっているわけだが、東京の家と違って自分にとって暮らしやすい、生活しやすいような整備はあまり行ってこなかったなあと考えていて気がついた。

実家はもともと私だけが暮らしている家ではないから自分にとって最も過ごしやすい、生活しやすい家ではないわけだが、母が施設に入ってからは結局自分しか使う人間はいないという状況になって、家のどこに何があるかという最初のところからわからないところが多いし、兄弟も含めて子供たちがいなくなり、父も亡くなってからは母の生活の癖のようなものが強く出た状態になっているわけだけど、そういうものは自分の生理的な感覚とは結構違うわけで、家の仕事を母がやっていたうちはともかく、自分がやるようになるといろいろと使いにくいところ、感覚が合わないところが強くなってきていた。

自分のプライベートな空間はそれなりに整備はしていたが仕事が休みの時は東京に行っていたので自分としては不十分なところが多い。東京の家も完全に満足がいく状態であるわけではないのだが、それなりに暮らしやすくはしてあるし、何しろ東京なら出かけてそう遠くないところで自分のセンスに割合合うものが手に入ることもあり、整備しやすいということもあった。

最近どうも自分の部屋にいてもあまり落ち着かないなあと思っていたこともあり、東京に行きたいなあとずっと思ってはいたのだが、銀座や神保町、新宿や下北沢などの街ももう去年の3月以来ずっと行っていない。これは母の入居している介護施設で他県の人との面会を禁止するという措置がずっと続いていることが大きいのだが、感染防止というのは結局は「そういうところに行かないこと」としか言いようがないということもあり、まあ仕方がない。

最近は時々松本に出かけて丸善で本を物色したり、老舗の和菓子屋の喫茶室でお茶を飲んだりして気晴らしをしているが、最近、自分の空間自身が自分の趣味性・文化性が足りないということに気がついた。東京の自分の部屋にいるとそういうものに囲まれているので落ち着くが、こちらは未整備な部分が多く、容易に外部性の強いものが滲出してきて自分の世界が危機に陥りやすい。

こちらでもインターネットはできるわけだし、書店に行ってもマンガは大体手に入るから、そういうものが世界との接点になると、どうしても文化性は足りないということになる。

そして、残念ながら自分が欲しい文化性みたいなものをネット上で持っている人は自分とは政治的意見のようなものが合わない人が多く、あまりそういうサイトなどに行きたいと思わないということもある。

まあ、そういう意味で言えば実家の方を腰掛け的に考えていて、自分の世界は東京にあればいいという感じだったのだなと改めて気づき、ちょっと反省した。

やはり、どこにいる時でも自分の世界をちゃんと構築しておかないといけないなと。

まあそんなことを考えながら、ちょっと自分の空間を再整備しようと思っている。仕事や生活の上でも環境整備はもっとちゃんとしないといけないなと思ってはいたのだが、文化的な生活基盤と自分の精神世界を整えるためにも、環境を構築して行かなければと思う。

***

精神世界ということで考えてみると、自分のそういうものは若い頃に異様にたくさん読んだ書籍などによって構築されている部分は多いわけだけど、1980年代と今とでは「常識」みたいなものもすでにだいぶ変化しているし、世界自体も変わっているし、また研究の進展により当時は常識だったものがかなりそれが危なくなったりしていることもあり、またネオリベラリズムの進展や思想対立の激化などによって社会の仕組み自体も変わろうとしているところもある。

リベラルやその中でも特にラディカリストは「常識をアップデートしろ」と盛んにいうわけだけど、それはニュートラルな立場から言っているわけではなくて、つまりは自分たちの主張に則って従来の思想を棄て我々の側に立てと言っていることが多く、そういうものにはなるべく抗して行かないと危ないことになる。

科学や技術のレベルで新しいものに対応していく必要が出てくるのは仕方ないのだが、政治的・経済的・社会的なレベルでの主張に関しては妥当性をきちんと吟味する必要があり、また主張の分かれているものに対しては自分の立ち位置をとりあえずでも定めておかなければならないこともある。ただ、一般的に言えばラディカルな主張は冷静にきちんと検討しないといけないことが多いことは明確だろうと思う。

80年代にあった社会主義国に対する希望であるとか、堤清二的な文化的な生活への期待みたいなものが、やはり自分の中には残っているところがある。前者はもうほとんどないが、考えてみると「自分の世界構築」みたいなものへの希望は後者のセゾン文化的なものが自分の中に色濃く残っているということでもあるなと思う。

ただまあ、自分のそういう指向性は大学生になって東京に出てそういうものに多く触れるようになってからどんどん大きくなったということはあるにしても、すでに小学校高学年から中学生のころにはかなり強くあったので、セゾン的なものが全てではないにしても、元々がハイブランドに囲まれた貴族階級の出というわけではないしそれに対抗するデザイナーズブランド的というかモード的な趣味が足がかりになっていることも確かなわけで、やはり自分にはクラシック性、古典的正統性のようなものが足りないということは常に思う。

現時点でそういう世界との交流がないからまあそれが不足していることは已むを得ないのだが、まだまだ人間として求めていくべきことの先は長いなとまたこの文章を書きながら思った。

人間は自由だ

Posted at 21/06/17

ツイッターで書いていて思ったが、最近、「人間は自由だ」ということをあまり言わなくなった気がする。それは世間一般のぎすぎすした空気ということもあるし、このコロナ状況の中での「自由のなさ」に対する意識の表れでもあるかもしれないが、「自粛」を「強制」であると捉えている人が多いからだろうなという気もするし、「自由なんて絵に描いた餅にすぎない」という感覚が行き渡り、「人間は自由だ」という主張が「お為ごかし」と捉えられるようになってきているということがあるのかもしれない。

「じょうずに生きる」「じょうずに考える」「じょうずに買い物する」「じょうずな投資」「じょうずなパートナー選び」みたいな何でもかんでも「じょうずにやらなければならない」みたいな感じがとても強くなっていて、「自由に生きる」「自由に考える」「自由に買い物する」「自由に投資する」「自由にパートナーを選ぶ」みたいなことは危険思想、みたいな感じが感じられるのは、ちょっとうざったい感じがする。

まあ、「下手を打たない」「下手なことを言わない」「下手な振る舞いをしない」「下手なことをツイートして炎上しない」みたいなことを過剰に恐れるようになって、試行錯誤とかそういうものまで「やってはいけないこと」みたいになってきている。もともと日本の官僚制の無謬神話みたいなものの縛りが日本にはあるので、そういうものがより一般化してキツくなってきたというところもあるのかもしれない。

しかし、根本のところで人間は自由に生きないと精神は死ぬので、本当は割とどこかで自由なことをやってるのではないかという気はする。規制が厳しくなるとそういう自由の現れは「外飲み」みたいな現象としてはバグとしか思えないような感じで出てくるのは実際にはあまりよくないと思うが、まあそれが人間というものなんだろうなとも思う。

自由に行動するのは自己責任、みたいな感じもあまり感じは良くなくて、失敗してもそのツケを払ったらもう一度自由にやり直せることが必要だなと思う。ただ、その許容力が社会全体で下がっているのはかなりきついなと思う。

結局自由があまり重きを置かれないのは、全体として社会経済がきついから社会全体に余裕がないということなんだろうなと思う。自由を拡大できるような経済を刺激し活発化させるような政治はまず必要だろうなと思う。

自由に考えることでよりじょうずに考えることができるようになる、という面もあると思う。自由についてまた考えてみるのも良いかもしれない。

モバイルSuicaのチャージ/ドラケンのバイクショップ

Posted at 21/06/16

なかなか体調そのほか色々なことが揃って調子がいいということはあまりないのだが、今朝は起きた時は目の調子は悪くないと思ったのだが、朝散歩してセブンまでマガジンを買いに行き、帰ってきて少し草刈りをして、入浴してから別のセブンまで車を走らせてモバイルSuicaにお金を入金してお茶を買って帰ってきたのだが、その頃にはなんとなくまた調子がおかしくなっていた。

昨日は仕事が遅くまでかかって夕食を食べたのが11時になり、12時過ぎに寝て5時前には起きたので体の具合もベストとは言えない感じなのだけど、今朝は調子が良かったので散歩をしたり草刈りをしたりして少し汗を流してみたのだよな。

セブンまで歩いた時はガラケーとiPhoneだけ持っていった、というのはガラケーのモバイルSuicaをいまだに使っているからなのだが、もうモバイルではチャージできないのでセブンでやっている。散歩したときにマガジンを買おうとしたら残高が61円しかなくて買えず、かろうじてiPhoneに残っていたPayPayで払った。現金を持っていく必要がないと思ってしまったのでちょっと困ってしまったのだが、SuicaとPayPayは併用できないという学びを得た。現金ならできるのだよな。やはりなんだかんだ言って現金だよなあ。

モバイルでチャージできなくなってからこの失敗は何度かやっていて、現金で払ったりその場でチャージしたりカードで払ったりと色々やっているけど、まあ2000円以下になったら必ずチャージする、としておくしかないかなとは思う。でも忘れるんだが。

マガジン、巻頭カラーのえなこさんがマンガのキャラのコスプレをし、それをマンガの背景を描いたコマの中に置くというのは面白いと思った。まあやってる人もういるだろうけど。

今気がついて割と面白いかもと思ったのは「黒岩メダカに私の可愛いが通じない」だが、「出家したから女子に触れないと決意した男子を落とそうと頑張るモテ女子」という設定の話だが、こういうのは絵が上手いと面白いなと思う。というかラブコメは基本絵が上手い方がいいなっと思ったり。

「東京卍リベンジャーズ」はもう出てこないかと思っていた「マイキーにもらったバブ」が出てきて、ドラケンが他のチームにスカウトされたりイヌピーが絡まれていたり、もう話を畳むのかと思っていたらまだまだ面白そうな展開になりそうな感じがした。ドラケンとイヌピーのバイクショップがD&D MOTORCYCLE SHOPになってるのは、一つのDはドラケンだろうけど、もう一つのDは乾は関係ないし、DOGということなんだろうか。

こちらもよろしく

文化系ブログ
アート、小説、音楽、そして映画NEW

史読む月日
歴史のこと、歴史に関わる現代のことなどNEW

個人的な感想です(FC2版)

個人的な感想です(ameblo版)
漫画・アニメの感想などNEW

私のジブリ・ノート
ジブリ作品の感想・考察などNEW

生きている気がするように生きること
自己啓発、事業、ガジェットメモ、服装メモなどNEW

Feel in my bones
心のこと、身体のこと、その他のこと、そしてつぶやきNEW

スタジオみなみ
小説作品サイト

少女タイラント(仮)
小説の断片ブログ

本探し.net

本探しブログ

本を読む生活

読書案内ブログ

プロフィール

author:kous37
sex:male


電子書籍のご案内
KOBOストアで買う

月別アーカイブ

Powered by Movable Type

Template by MTテンプレートDB

Supported by Movable Type入門

Title background photography
by Luke Peterson

2021年06月

    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30      
 今日の点取り占い  点取り占いブログパーツ
kous37
携帯百景 - kous37
携帯百景

Powered by ついめ〜じ

電子書籍のお知らせ

リンク

blogram投票ボタン
にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ


以下はamazonインスタント
ストアを利用しています。
詩の本のお店
2007年に取り上げた本
面白そうだな、読みたいな
アンジェラ・アキ ストア
玉姫伝説
白洲正子コレクション
小林秀雄コレクション
村上春樹の森
プーシキンを読もう!

モーニングページ、アーチストデートなどはこの本で。
野口整体について、入門的な内容を網羅しています。


ブログパーツ
全順位
ブログパーツ

全順位
あわせて読みたい

フィードメーター - Feel in my bones
total
since 13/04/2009
today
yesterday