期限のない仕事/「宇宙兄弟」と「天国大魔境」

Posted at 19/03/23

春分は過ぎたのだけど、今日はなんだか寒い。一応明日まではお彼岸だから、まだ寒くてもいいということだろうか。朝の気温はマイナス0.8度だった。

やることがたくさんあるのだけどツイッターを見てると参加したい話題が割とあって、何かツイートしているうちにどんどん時間が経っていく、という現象が起こっている。いや現象もへったくれもないが。

天気は曇りで、なかなか気温が上がらない。だんだん晴れることになっているのだけど、どうなるかな。

昨日は飛び込みで母を歯医者についれて行ったりしていたので日中は忙しく、仕事もあまり進まなかったが、ただ昨日やらなければならないことがいくつかあって、それはなんとかやった。自分のペースでできる仕事と期限のある仕事があると、どうしても期限のある仕事を優先しがちになるので、そうでない仕事の方を時々活性化させて少しでも進めておかないと、本当に必要なことがなかなかできないままになってしまう。
昨日はちょっといいことがあって、まあそれはそのうち何かに形を変えて書くかもしれない。あと、昨日は「宇宙兄弟」と「天国大魔境」の新巻を買って読んだ。宇宙兄弟もだいぶ長くなったのと連載が隔週になっているので連載で読んでる身としては少し間延びしてしまうのだけど、こうして単行本で読むととても緊密な作品だということを思い出す。

モーニング本誌ではだいぶ盛り上がってきているのだけど、35巻は絶体絶命の中、任務を成功させる場面がとてもいい。そしてその彼らを、皆が一体となって帰還させるべく頑張る。国も行きがかりも超えて。
「天国大魔境」はアフタヌーンで読んでいるので大体話は覚えているのだけど、キルコという名前が二人の一体化した名前なんだということは了解した。この廃墟の中で何を求めて何を希望にして生きていくのか。そして塀の中の平和な世界に何があるのか。この辺、「約束のネヴァーランド」と共通する世界の感じ方があるような気がする。

休息の1日/イチロー引退/歴史家と作家の「論争」

Posted at 19/03/22

昨日は午前中松本まで行って体を見てもらって、だいぶすっきりしていると言われて少し安心した。昨日は休日だったし仕事も進められないのでなんとなくゆっくりしていたのだけど、終わり頃になってなんか色々現実に戻ってきたら結構大変だなという認識を新たにして、ちょっとやばいなと思いつつ寝たら睡眠時間は5時間弱になった。

しかし、タイムラインなどを見ていると昨日はどうもイチロー引退でだいぶツイートがあって、自分の気持ちはちょっとそれどころじゃない的な感じがあったため、なんだか乗り遅れてしまった感じがあってどうも残念な感じだ。イチローは偉大な選手だけど晩年はやはり色々と苦しんでいて、偉大なアイコンが辞めてしまう残念さはあるにしても、やはりそろそろ引き時なんだろうと思っていたので、稀勢の里の引退と同じような意味でなんとなく良かったなとは思う。引退後はマリナーズに関わり続けるのだろうか。渡米して成功した人は皆、野茂もそうだし松井もそうだけど、日本の球界には戻ってこないので、なんだかその辺は残念だという気はする。

歴史学者と作家のやりとりが私のタイムラインでは結構華やかに皆論評しているのだけど、これについては私はちょっと危惧も持っていて、ただそれをどういう風に書けばいいのか難しいなと思うところがある。歴史というのは医学と同じで、知りたい人が知りたいと思っても「それはわかりません」としか専門家は答えてくれない部分は必ずある。歴史も人体も巨大なまだわからない、解明されてない体系の中の一部しか専門家といえど見えてないわけだから、ある意味群盲象を撫でている。その「わからないまま生きていく」中で、何をよすがにするのかはその人一人一人が決めればいいと思う、という考えで私はある訳だけど、そこが戦場になって焼け跡になって大丈夫なんだろうかと思うところが時々焼けている感があり、なんかハラハラするのだがそこをどう書けばいいのか決めかねているところがある。

まあとりあえず論争の際はお互いに最低限の敬意は払いあったほうがいいというくらいのことしか言えない感はあるが、文化が違うしお互いその周囲の人たちの存在もあれば、またそれを見ている大衆もそれぞれのレベルがあるわけで、誰にでも伝わるように書くというのは論争している人たちにとってもそれを評する人たちにとっても難しいことではあると思う。

私は西洋史であることもあるが、国史日本史の分野でいうと、政治史の実証の部分が進んできたのはそれはそれでいいことだけど、もっと全体的な歴史観的な部分が取り上げられていくといいなと思う。その辺り、皇国史観やマルクス主義史観の後遺症というか、そういうことに関わらず実証だけでいくのが本筋、みたいな傾向があるのはちょっと残念で、網野善彦氏のように、新しい日本像・時代像を示していくこともまた大事なことだと思う。呉座さんの仕事の本筋もそちらの方にあると思うし、その辺にもっと脚光が当たるといいと思うのだが。

まあ、新しい歴史像もまた政治的な部分が出てくると取り扱いが難しいところは特に古代史や近代史にはあって、中世史がそういうことを今の所一番政治問題化せずにできるところだし、安心してみていられるところはあるわけなのだけど。

昨日は休日的な1日だったが、今日はまた朝から色々やらなければならないことが多く、まあ束の間の休息感はある。まあ色々休憩なども挟みながらやろう。

感情解放

Posted at 19/03/21

昨日は朝から忙しく、いろいろやっていたら夕方以降は疲れてしまって仕事は進まなかったのだが、そのせいかどうか、久しぶりに割合ちゃんと寝られたような気がする。

起きた時はすっきりしていた感じだったのだが、しかし昨日したある会話を思い出してだんだん腹が立ってきて、今度は結構その怒りにとらわれるようになってしまい、動きが雑になったりしてきてそれでまた変なことが起こったりした。

なんかある種の感情解放みたいになってしまって、どうもそれは困った状態なのだが、つまりはどうも本当には疲れは取れていないのだろうなあと思う。

今朝も早く松本に行く用事があるのでモーニングページよりブログを優先しようと思って書き始めたが、どうも内容的にはモーニングページ的な感じになってしまっているなあ。

まあ気をつけていこう。

スクラッチとかあずさとかハイスコアガールとか

Posted at 19/03/20

昨日はいろいろなやることが例によって次から次に出てきて一体何をやったのかよくわからなくなってきたので今朝ノートに書き出してみたら200字詰原稿用紙で12枚になった。書き出す前はなんだか落ち着かなくて結局よく眠れなかったのだが、書いているうちに落ち着いてきてだいぶ欠伸も出てきた。だから本当は寝る前にこういうことはやってしまうべきなのだが、朝が早いのといろいろやって疲れているのとで結局夜は寝落ちしてしまうことが多い。最近あまりよく眠れないというのはあるのだが、それは寝つきが悪いということよりも寝てしばらくして目が覚めてしまうというところに問題がある。やはり寝る前に始末をちゃんとつけてないから緊張が残ってしまうということだなと思う。
最近少し興味を持っていたのが子供用のプログラミング言語の「Scratch」なのだが、昨日丸の内の丸善で「小中学生からはじめるプログラミングの本」というのを書い、特急の中で少し読み、実際にパソコンにダウンロードして少しやってみて、これは確かによくできているし面白いなと思った。「プログラミング」というもののものすごく基本的な考え方がこれを使えばよくわかると思う。これを全部記述していくのは大変だけど、一つ一つの部分をブロック化することによってコードの記述にあまりとらわれず構造自体が学べるという感じだ。プログラミングを覚える時の一つの足枷がコードの記述間違いで、それがどこにあるかわからなくて、それを見つけるのが大変で挫折するというのはあると思うから(というか私は結構それだ)、ブロックを組み立てるようにしてプログラムの構造を学ぶというのは合理的だなと思う。

12時新宿発のあずさは停車駅が減ったようで、小渕沢が止まらなかったので普段とちょっと違って変な感じだったが、到着時刻はダイヤ改正前より少し早くなった。ただ、11時のあずさが上諏訪をスルーするようになったということで、止まらない駅の人を慮る気持ちが強くなっていて、早く着くようになったことを手放しで喜べない感じはある。新しい着席サービスは湘南電車のグリーン車のように席が取られていると緑に、空いていると赤になっていて、一目見て隣の座席に人が来るかどうかわかるというのは少し便利だなと思った。隣の席に荷物を置いたりしていても大丈夫なのかどうかがわかる。昨日はかなり空いていたのでそんな心配もなかったのだけど。

ハイスコアガール EXTRA STAGE ブルーレイ (初回仕様版) [Blu-ray]
天﨑滉平
ワーナー・ブラザース・ホームエンターテイメント
2019-03-20



昨日は「ハイスコアガール」のアニメBD、テレビでは放送されなかった13回〜15回のエクストラがamazonから届いていて、少し見たのだけど、なんだかちょっともったいない気がしてもう少し疲れていないときにちゃんと見ようと思っている。OPは変えるのかなと思ったが、テレビ版と同じだった。本当は2期をやってほしいのだけどなあ。

今日は天気がいいが、長野県はまだ朝は寒い。東京は昨日は暑いくらいだったな。そういえば明日は春分の日だ。もうお彼岸か。

こちらもよろしく

文化系ブログ
アート、小説、音楽、そして映画NEW

史読む月日
歴史のこと、歴史に関わる現代のことなどNEW

個人的な感想です(FC2版)

個人的な感想です(ameblo版)
漫画・アニメの感想などNEW

私のジブリ・ノート
ジブリ作品の感想・考察などNEW

生きている気がするように生きること
自己啓発、事業、ガジェットメモ、服装メモなどNEW

Feel in my bones
心のこと、身体のこと、その他のこと、そしてつぶやきNEW

スタジオみなみ
小説作品サイト

少女タイラント(仮)
小説の断片ブログ

本探し.net

本探しブログ

本を読む生活

読書案内ブログ

プロフィール

profile

author:Kosuke Hotta (kous37)
sex:male
age:54
single again
address:Tokyo,Japan

自己紹介

電子書籍のご案内
KOBOストアで買う

堀田俊夫著作集

月別アーカイブ

Powered by Movable Type

Template by MTテンプレートDB

Supported by Movable Type入門

Title background photography
by Luke Peterson

2019年03月

          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            
 今日の点取り占い  点取り占いブログパーツ
kous37
携帯百景 - kous37
携帯百景

Powered by ついめ〜じ

電子書籍のお知らせ

リンク

blogram投票ボタン
にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ


以下はamazonインスタント
ストアを利用しています。
詩の本のお店
2007年に取り上げた本
面白そうだな、読みたいな
アンジェラ・アキ ストア
玉姫伝説
白洲正子コレクション
小林秀雄コレクション
村上春樹の森
プーシキンを読もう!

モーニングページ、アーチストデートなどはこの本で。
野口整体について、入門的な内容を網羅しています。


ブログパーツ
全順位
ブログパーツ

全順位
あわせて読みたい

フィードメーター - Feel in my bones
total
since 13/04/2009
today
yesterday