與那覇潤「知性は死なない ー平成の鬱をこえて」を読んで考えたことなど

Posted at 18/05/26

たまたまぽっかりできた時間を利用して、少し何か書きたいと思うのだけど、いろいろ書く候補はたくさんあるのだが、どれも断片的というか頭や心の中でまとまったものがあってそれを書くというより書きながらまとめていかなければならないことばかりで、ちょっと時間的にも体力的にもきつい感じがする。

今週もやらなければならないことが多くて、あと例によって考えすぎて余計に疲れたりもしているので、本当は時間をとってじっくりと長いものをああでもないこうでもないと考えながら書いた方がいいんだろうなと思う。つまり自分の心の中がスッキリするくらい溜め込んだものを言葉にするということ。

その中には現時点であまり考えたくないこと、触れたくないことが最近いつもあって、昔だとそれはそれとして一応全部書いてたものが、最近は言葉にすることを避けることが増えたなと思う。これは多分あまり良くないことで、私のように基本的にあまり裏表がない性格だと心の裏側に何か変なものがべっとりついた感じになってしまう。これはおそらく、公開するかどうかは別にしても、一度書いてしまった方がいいことはたくさんあるんだろうなと思った。
今週買ったマンガは、雑誌は月曜日の少年ジャンプとヤングマガジン、水曜日には少年マガジン、木曜日は週刊モーニング(電子版)とヤングジャンプ、金曜日は週刊漫画Timesと月刊アフタヌーン。今日はこれから月刊少年シリウスを買う予定。単行本では23日(水)に「はじめアルゴリズム」3巻、25日(金)に「Landreaall」31巻、思ったより少ないな。今週は雑誌をたくさん買ったということか。

「はじめアルゴリズム」はとても面白いので、いずれ感想を書きたいと思う。
それより、今週じっくり読んでいたのは與那覇潤「知性は死なない ー平成の鬱をこえて」(文藝春秋、2018)だった。これは新刊時にツイッターでもある程度話題になっていたのだけど、私も興味があって書店で立ち読みなどしながら、実際に買ったのは少し前だった気がする。きちんと読み始めたのは日曜日くらいからだろうか。内容は多岐にわたっているのだけど、それぞれかなり自分が関心を引かれる内容で、しかしアプローチの仕方がかなり私とは違うところが、それぞれ興味深かった。著者は私より17歳下で私が修士課程に通っていた頃入学した人。その後大学改革が本格的に始まったので見てきたものもかなり違うと思うし、時代状況や流行の学問、また関心の持ち方も違うから自分が持っている世界認識の仕方に対する一つの違う角度からの見方の提案みたいなものを感じ、読んでいて色々面白いのだ。

ものすごく説得力があって巻き込まれ、引き摺り込まれていく、というような本ではない。著者は一度アカデミズムの世界に地歩を得ながら躁鬱病の発病によって退職し、その寛解によってこれだけの著作が書けるところまで回復した、そしてその経験を通しての世界の見え方、病の捉え方、アカデミズム、反知性主義などについての「自分の現在」を書かれているのがとても興味深いと思った。

だからある意味「ツッコミどころ」はたくさんあるし、Twitterで読んだ学者さんたちの反応も著者のナイーブな面に同情はするけどどうなの、という反応が多い。それこそロゴスの世界で生きている、ノエシスの世界で生きている人たちにとっては身体の逆襲みたいなところがある病の発症とそれを通して見た世界の見方、その考察はちょっと腫れ物に触る感じがなきにもあらずというように感じた。大学改革の荒波の中で、明日は我が身という気分も感じなくはなかった。

私自身にとっては、一章一章をちゃんと読み、それを読んで感じたことを自分なりにまとめながら他の人と意見を交換できたらきっとすごく得るものがあるだろうと感じるような内容だったと思う。つまり、この本は問題の「解答」を示した著作なのではなく、「問題そのもの」を提示した本であると思ったのだ。数学においてはどういう解答を出すか以前にどういう問いを立てるかが最重要だ、という話を読んだことがあるが、恐らくは数学だけでなく学問全体にそれは言えるのだろうと思う。

もちろん処方箋も必要だが、それは現時点での科学や社会情勢という「限界」を前提としたものだし、問題そのものはもっと広く深いものだよなと思う。この本の意義は私はそういうところにあると思った。

今は第3章「躁うつ病とはどんな病気か」を読み終えて、第4章「反知性主義とのつきあいかた」にはいったところ。こういう様々な問題も、内田樹さんのように自分の持ってる種子袋の中からいい具合に漬かった味噌を取り出して切り売りするような対応ではなく、一つ一つを自分の知性と身体で引き受けて呻くように解答を書いていく姿勢は誠実だなと思う。それがある意味痛々しさを感じさせなくもないところが読む人をためらわせる面なのだと思うが、しかし逆に言えばそういう状況の時にしか書けないことかもしれず、それが世界の深淵をあらわにするという面もあると思うから、そういう感じで評価できると良いのではないかと思う。

少しずつ考えたことを書いていきたい。

アニメ「僕のヒーローアカデミア」第3期第7話「転転転!」を見て感動しました。

Posted at 18/05/20

アニメ「僕のヒーローアカデミア」第3期第7話(通算45話・5月19日放送分)「転転転!」を見て感動しました。この回は単行本だと10巻82話「転転転!」から83話「敗け」にあたる部分です。原作でもとてもよかったのですが、アニメになるとよりはっきりした部分が多く、見ごたえがありました。
ストーリーとしては、ヒーロー養成のエリート高校・雄英高校の1年生の夏の合宿(個性の強化が目的)で、リクリエーションの「肝試し」の最中に「ヴィラン連合開闢行動隊」の襲撃を受けてしまう場面です。主人公・緑谷出久(デク)はヒーローたちの親戚の子どもである洸太を空くことには成功します。しかしヴィラン連合の最大の狙いは違いました。




デクの中学からの同級生であり才能は人並み優れているものの体育祭で明らかにされた粗暴な性格からヴィラン連合の死柄木弔(しがらき・とむら)爆豪勝己(かっちゃん)を「スカウト」しようとしたのです。「かっちゃん」が「Mr.コンプレス」にさらわれそうになったところ、一度は取り返したはずだったのですが、デクはクラスメートの1年A組の生徒たちの目の前で、あと一歩のところで奪還することがかなわず、合宿は最悪の結果で終わる、という展開になっています。

原作の段階からストーリー的にとても面白い部分で、アニメでもほぼ原作通りに(ヴィラン一人ひとりの反応を後の展開のためにより詳しく描写しているところはあったものの)描写していて、初めから最後までテンションが途切れることなく一気にアヴァンからEDまでなだれ込んだ感じでした。

今回感じたことは、爆豪をさらわれるという最悪の失敗・挫折の中で、A組の生徒たちの連帯・友情がより深まったということです。ヴィラン連合とのかかわりでは、最初のUSJ(雄英高校構内))の襲撃事件、東京都下「保須市」でのヒーロー殺し事件、死柄木とデクとのモールでの邂逅と、今まではさまざまな危機にも何とか乗り切ることができ、その中で少しずつ生徒間の理解が深まってきていていましたが、「仲間がさらわれる」という「ヒーロー志望」の生徒たちにとってその存在をえぐられるような事態の中で、どんな行動を選択するか、というより本質に迫られていて、そののっぴきならない中での選択が、彼らの関係を動かすわけです。

この作品のストーリーの一つの柱は主人公のデクとライバルでもあり割り切れない関係でもある「かっちゃん」との関係であるわけです。デクにとっては幼いころから「かっちゃん」との関係は一筋縄では行きません。しかしデクはナンバーワンヒーロー・オールマイトに見込まれスーパーパワーを手に入れる。爆豪は「無個性」だとバカにしてきたデクがいきなり強力な個性を手に入れたことへの疑問と不信と苛立ちがあり、また自分がピンチの時に常にデクが「無個性のくせに」救いの手を差し伸べてきた(結局デクに救われたわけではないが)ことに、言いようのない感情を覚えているわけです。

その感情が今回、重傷を押して「かっちゃん」を助けようとしたデクに、さらわれる際に爆豪が言い残した「来んな…デク」という言葉に表されているわけですね。

デクは、「かっちゃん」がどんな感情を持っているか、わかっていてもとにかく「かっちゃん」を助けたい。そんなデクに、補習のため肝試しに参加できず、爆豪がさらわれる際にその場に居合わせることができなかった、爆豪に強い友情を感じている切島鋭二郎が、その悔しさを訴えます。そして「行動」を起こすように持ちかけることで緊張感が一気に高まります。出久たちヒーロー科の生徒たちが戦えるのは構内で教師の許可を得たときだけであり、その外で自由に戦うことは禁止されているからです。

その時、さまざまなことが生徒たち一人一人に迫ります。この切島の思いをどう受け止めるか。プロに任せるべきという意見。切島の思いに動かされるデク。保須事件での自分の暴走への後悔から激昂してデクたちを止めようとする飯田。誰に何と言われようと行動しようとするイケメンの轟焦凍(とどろき・しょうと)。ヒーロー候補生であるということはどういうことなのか。夢と理想は大きいがまだ何もすることを許されていない存在。「手を伸ばしたら届くかもしれない」のに「手を伸ばすこと」が許されない存在。その中で出した答えは一人一人違う。しかし行動はそれとは必ずしも一致しない。

しかし、そういう中でこそ一人一人の関係がより深まっていくわけですね。自分自身を振り返り、自分の出した答えに忠実に、あるいは友人のために自分の考えを曲げてでも行動しようとする生徒たち一人一人の思いを考えると、私の心にも来るものがたくさんありました。

私はジャンプでの連載を読んでいるのでもちろんどうなっていくかは知っているわけですが、この場面はやはりアニメで見ると連載以上に緊迫感が高く、感動もより深いものがあったと思いました。

ヒーローものというとヒーローの「使命感」が描かれてきたわけです。この作品でも出久の憧れのナンバーワンヒーロー・オールマイトは使命感のかたまりとして描かれていますし、雄英高校の教師たちもまた生徒たちを守る強いプロ意識と使命感を持っているものとして描かれています。

しかし生徒たちはまだそんな使命感というよりも、純粋な友達を思う気持ちや仲間への思い、自分が正しいと思うことをストレートにやろうとする、ある意味未熟だけど大人にはない、あるいは許されない魂に近い部分に突き動かされて行動するところが描かれているのが単なるヒーローものではない面白さであり、また自分の信念の身に忠実に行動しようとする「One Piece」などの「アウトロー」を描いた作品とは違うわけです。

大人と子供とのはざまの中で友情のあり方もまた複雑になっているわけで、これからの展開の中でちょっと割り切れないところも出てくるわけですが、そこがこの作品の特徴なんだと思います。マンガよりも伝統的な少年小説に近いところがあるのかもしれません。

ヒーローというのはある意味理想化された人間ですが、その理想化された姿になるための過程を描くことで人間というものの持つ素晴らしさやいやらしさを描いていくという作品のテーマは、より普遍的なものがあるだけでなく、現代的なものもあるのだと思いました。

次回の放映にもさらに期待したいと思います。いや、知っている範囲でもより凄い展開になっていくことは十分すぎるくらいに期待できるわけですが。

包丁人味平、美味しんぼ、食戟のソーマ:「あの演出」に強い説得力を感じた

Posted at 18/05/14

少し前、輸入食材なども扱っているスーパーでふと見たので「レモンカード」を買った。これはバターにレモン果汁を合わせたもので、乳化に卵を使う、原理としてはマヨネーズと同じ作り方(水と油を混ぜるわけだから乳化剤が必要)だ。私はパンに塗って食べているけれども、お菓子作りなどにも使われる食材のようだ。
私がこの「レモンカード」を知ったのは、『食戟のソーマ』を読んだからだ。今「少年ジャンプ」で連載されているこの作品は、料理の専門(エリート)高校である「遠月学園」を舞台とし、主人公幸平創真を中心に、料理人たちが食戟というバトルを繰り広げていく内容だ。

この中でイタリアと日本の混血のイケメン料理人・タクミ=アルディーニがお菓子作りのバトルで使ったのがこのレモンカード。よくわからないがとても美味そうだと思ったことを覚えている。

包丁人味平 〈1巻〉 包丁試し1
牛次郎[原作]
マイナビ出版
2014-10-23



食戟=食のバトルと言えば昔からマンガではよく取り上げられてきた。私が読んだ一番古い例では1973-77年に同じく少年ジャンプで連載されていた『包丁人味平』。日本料理店の後継ぎとして生まれた味平が広い食の世界を目指し、洋食の世界で修業していくストーリー。その中で様々なライバルたちとさまざまな形で「勝負」していく。

この話の中で「鯛の生き造り」などの突出した技術や塩加減の微妙な差が味を決めること、カレーの香辛料の中には麻薬に近いものもある、なんてことを知った。小中学生だった当時は単行本を買ったりはしていなかったが、友達の買ったジャンプを回し読みしたり病院の待合室に置かれていたものを読んだりして楽しんでいたことを思い出す。
また、同じく料理勝負としては特に有名なのが青年誌「スピリッツ」に1983-2014年に連載されていた『美味しんぼ』だろう。実の父親の美食の巨峰・海原雄山の繰り出す「至高のメニュー」に挑む若い新聞記者・山岡士郎の「究極のメニュー」。この作品からも多くの食材やその扱い方について知ったことは多い。近年福島原発に絡んでネットで騒動が起こってから新作が発表されていないのは残念だが、この作品は単行本111巻すべてを持っている。

それぞれ時代を越えて読み継がれている料理マンガというジャンルだが、その時その時の時代のカラーがよく表れているだろう。高度成長期の終わりに現れた「味平」はまだ食に詳しい日本人がそう多くない時代に料理というジャンルで少年たちの胸を高まらせた印象深い作品だった。また『美味しんぼ』は経済大国になった時代からバブルを越えて不況時代、SNS時代まで連載が続き、その時々の世相をよく写している。北大路魯山人のエピソードなど古くからの美食の伝統も掘り起こしたこの作品は、食のマンガと言えばこれ、というほど浸透した作品だったと思う。

『食戟のソーマ』は2012年、東日本大震災の翌年から『少年ジャンプ』で連載が始まった作品で、世界中の食が食べられるようになった現代の日本での状況を踏まえ、ただ世相を映すという部分は最小限に抑えて「若い料理人たちの情熱とレシピ」を映し出すことに焦点が置かれているように思う。

最初は食戟という「バトル」に焦点があてられていることにやや懸念を感じていた、というのは「味平」で普通料理人はバトルなどしないし、腕のいい料理人でもそういう状況に置かれると萎縮してしまって力を発揮できない、という話を読んだことがあったからだ。

しかしこの作品は上記の二作品よりもはるかにフィクション度が高いし、また少年誌特有のお約束をうまく利用してその辺のところはうまく処理しているように思う。

そしてこの作品の一番の特徴は、美味しさ=食の官能を文字通り性的な官能に置き換えて、美味を感じると衣服が破れる・脱げるという演出をしているところだろう。これはもちろんイロモノなのだが、ここのところの連載を読んでいて、なるほどと思うところがあったので書いておきたい。

現在進行中の物語は遠月学園でクーデターが起こり、追放されていた総帥の一族・薙切薊が全権を握って「改革」を進める中、主人公創真や薊の娘で「神の舌」を持つと言われる薙切えりなたちが叛逆を起こし、「連隊食戟」でその雌雄を争う、という展開になっている。学園の精鋭である「遠月十傑」を敵に回しての戦いは困難を極めたが、ついに決着という場面。そこでクローズアップされたのがその「衣服が脱げる」という演出だ。

もともと、味の美味・不味は絵で表すことはできない。当然なのだが、読者はどんなにうまいのか想像することしかできないわけで、そこに創造力が働く余地があるわけだが、しかし読んでいるだけだと「この皿が本当に相手の皿よりも美味いのか?」という疑問が生じることは時々ある。それは「こっちがうまい!」と審査員が言えばそうなるわけだが、やはりそれだけでは説得力がないわけだ。

しかし、この「衣服が脱げる」という現象が盛大に起これば、よりそれが多く起こった方が「美味かった」ということが絵で表現できる。しょうがないイロモノだな、と思っていた演出がこんなにみごとな説得力を持って視覚的に表現されるというのは驚きだった。今週のジャンプを読んで、そんなところでとても感心したのだった。

それにしても、食という人間が生きている限り決してなくならないテーマを扱ったマンガが新しい表現方法を得て(まあこの演出はさすがに他の作品でパクることはできないと思うが)新たに想像されていくというのはとても面白いなと思う。また知らない食材や興味深い調理法なども新たに紹介されていくだろうし(分子ガストロノミーというテクノロジーの粋を集めた分野もこの『食戟のソーマ』で初めて知った)この作品の展開が楽しみであるとともに食を扱ったまた新しいマンガが出てくることも期待したいと思う。

『重版出来!』11巻読んだ。面白かった。おススメです。

Posted at 18/05/11

松田奈緒子さん『重版出来!』11巻読んだ。




今は月刊スピリッツはときどきしか買っていないので、ほぼ初めて読んだ、また初めてでなくても初めてに近い印象で読めた感じ。

大きく言って三つのストーリー。タレントに仕事の取り組み方について相談されたマンガ家が淡い恋心を抱くがその場面をフォーカスされた(古い)ことによって発展せずに淡く消える、という話。これはちょっと淋しいものがあったが、まあ現代の大人の世界というのはこういうものかなと。

二つ目は電子書籍で旧作に火がつき、意気消沈していたマンガ家が復活する話。電子書籍の力は大きい。私は紙の本派でKindleで買うのはあくまで紙の本が手に入りにくいかスペース的にきついために電子書籍を選択するか早く次の巻を読みたいから買いに行く暇が惜しくてKindleで読むかなので、サイトに表示された上位の本から探して面白そうなのを読むという習慣がないから、書かれていることはわりとへえっということが多かった。

今Kindleのまんがのトップページを見ると「アルスラーン戦記」9巻とか「ちはやふる」4巻など発売されたばかりのものだけでなくKindle unlimitedで「ちひろさん」1巻などが表示されていてこういうところから売れるということもあるんだなあと思った。

私の新しいマンガの探し方というのは基本書店で手に取ってみるのだけど、最近ではツイッターで紹介されたものを読むことも多い。でも電子書籍のサイトで探して読む、ということはなかったのでいろいろ興味深い。

三つ目はこの作品の中核の一つとも言える中田伯先生の話。純情なんだよなあこの人、と。多くは書きません。

最近ときどき買ってた感じからしても『重版出来!』また面白くなってきた、という感じがあったけど、11巻はほんと面白かった。おススメです。

こちらもよろしく

文化系ブログ
アート、小説、音楽、そして映画NEW

史読む月日
歴史のこと、歴史に関わる現代のことなどNEW

個人的な感想です(FC2版)

個人的な感想です(ameblo版)
漫画・アニメの感想などNEW

私のジブリ・ノート
ジブリ作品の感想・考察などNEW

生きている気がするように生きること
自己啓発、事業、ガジェットメモ、服装メモなどNEW

Feel in my bones
心のこと、身体のこと、その他のこと、そしてつぶやきNEW

スタジオみなみ
小説作品サイト

少女タイラント(仮)
小説の断片ブログ

本探し.net

本探しブログ

本を読む生活

読書案内ブログ

プロフィール

profile

author:Kosuke Hotta (kous37)
sex:male
age:54
single again
address:Tokyo,Japan

自己紹介

電子書籍のご案内
KOBOストアで買う

堀田俊夫著作集

月別アーカイブ

Powered by Movable Type

Template by MTテンプレートDB

Supported by Movable Type入門

Title background photography
by Luke Peterson

2018年05月

    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    
 今日の点取り占い  点取り占いブログパーツ
kous37
携帯百景 - kous37
携帯百景

Powered by ついめ〜じ

電子書籍のお知らせ

リンク

blogram投票ボタン
にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ


以下はamazonインスタント
ストアを利用しています。
詩の本のお店
2007年に取り上げた本
面白そうだな、読みたいな
アンジェラ・アキ ストア
玉姫伝説
白洲正子コレクション
小林秀雄コレクション
村上春樹の森
プーシキンを読もう!

モーニングページ、アーチストデートなどはこの本で。
野口整体について、入門的な内容を網羅しています。


ブログパーツ
全順位
ブログパーツ

全順位
あわせて読みたい

フィードメーター - Feel in my bones
total
since 13/04/2009
today
yesterday