チェンソーマンは並のマンガではない/諏訪になぜ八幡神社があるのか

Posted at 20/08/06

昨日からさすがに半袖を着ている時間が長くなった。半袖は肘が冷えるのであまり好きではないのだが、肘まで覆ってしまうと上半身に熱が篭る感じになって、少し暑苦しい。仕事をしている時も一時寒くなってきたかと思って一度長袖にしたのだが、やはり暑いと思って結局半袖になった。東京のようにはっきりと夜まで暑いとそういう心配はしなくて良いのだが、諏訪は朝晩は気温が下がるので少し気を使う。
昨日買ってきたマンガは「7人のシェイクスピア NON SANZ DROICT」13巻、「センゴク権兵衛」20巻、「新・信長公記」5巻のヤンマガ連載の3冊、それに「チェンソーマン」の1巻と6巻を買った。チェンソーマンはジャンプの連載で読んでいるので大体話がわかっているから自分でいいと思うところを先に買ったのだけど、連載で読むのとはかなり違っていて、とてもよくできているなと思った。いろいろ考えた結論としては、「チェンソーマンは並のマンガではない」という小並感溢れるものだが、まあそういうことなんだろうと思った。6巻を買ったのは、私がレゼが好きだからレゼが表紙のものを買ったということだけど、レゼの登場から読むなら5巻も買わないとな、と思った。

今朝は4時過ぎに目が覚めたが布団を変えて二度寝して、5時前に起き出して資源ゴミをまとめたりし、雑誌を出さないといけないのでそのついでにちょっとセブンでヤンジャンを買ってからどこを走ろうと考えたけど、結論が出ないので走りながら考えようと走り出した。結局国道を茅野の方へ走っている途中でそう言えば上原の八幡神社に行ってないなと思い、そこで車を止めた。社殿そのものは小さいが割合立派で、児童公園になっている部分もあったり工事の看板が出ていたりもした。

諏訪神社の本拠地である諏訪になぜ八幡神社があるのかというのは不思議ではあったのだが、由緒書きというか石碑を読むと、諏訪氏が鎌倉時代に鎌倉の北条氏の御内人として鎌倉に出仕していた際、鶴岡八幡宮から勧請したと書いてあって、初めて腑に落ちた。つまりこれは諏訪氏の武士としての印みたいなものなわけだと。当時の諏訪氏は子供の頃は大祝として諏訪神社の生き神の地位を務め、大人になると引退して武士になり、鎌倉に出仕していたのだ。諏訪明神も軍事の神ではあるのだが、鎌倉に出仕するということでその神を地元にも祀るというのはとても腑に落ちた。諏訪氏の居城は中世は前宮にあり、戦国期に上原城に移ってきたので、どちらにしても居城から近い。また江戸期には諏訪の殿様は高島城からこの八幡社までは騎乗でやってきて、ここで参拝したあと旅装に着替えて江戸へ参勤交代に出かけたのだとこれも書かれていた。諏訪氏の武士としての心構えのようなものがこの八幡神社には込められていたということなのだと想像した。

そのあと上川の方に下りて、バイパスに出て中河原北の三叉路から横内の方に戻り、上原に戻る前に達屋酢蔵神社の社叢が見えたので行ってみると、とても立派な落ち着いた社で、街中だからそんなに大きいわけでもないのに立派な欅が何本もあり、感動した。そんなに広くないのに神さびたという雰囲気があって、いつも国道から林を見ているだけだったが、こんないいところがあるのだなと感動したのだった。この神社は中世の栗林郷の社として「諏訪神社祭典古式」という文書にも載っているとのことだし、八ヶ岳の御柱を切り出す林の中にもこの神社専用の区域があるようで、昔はかなり立派なものだったのだなと思った。

今日はなんとなく気持ちが落ち着かないところがあったのだけど、八幡社と達屋社の二つをめぐってとても幸せな気持ちになった。


同調とか憑依とか/チェンソーマンとABARA

Posted at 20/08/05

体調はだいぶ戻ってきた感じだ。それに、昨日甲野善紀さんのツイートを読んでいろいろ考えたのだが、やはりコロナに関して自分の本来のスタンスとは違っても世間に合わせようとしていたのだけど、どうも本体が乗っ取られたというか、世間のパルスに同調してしまっていたなあと思うところがあった。かといって実際の行動をそう大きく変えるわけではないのだが、考え方の身の置きどころみたいなものを変えた方がいいなあとは思った。体に怒っていたいろいろな異変もかなりその辺のある意味での精神的な変調に影響されていた部分があったなと思う。

世の中が変だからといってそれにあまり同調しない方がいいし、もともと世の中は変なのだから、自分の感覚でいいと感じる方に沿って生きた方が良くて、それを表面的には世の中に擦り合わせて生きていく、と考えた方がいいなと思う。ただ実際のところ、私はその種の同調能力というか変に憑依して(させて)しまうところが昔からあって、そういうものを感じたら常にはずしながら生きていった方がいいなと思った。

自分の仕事も少しずつ動き出してきたので、なるべく軌道に乗せながら、自分のセンスに沿った方向でやっていきたいと思う。

今朝は4時半ごろに目が覚めたが、このくらいがちょうどいい感じかな。セブンでこの地域では少し早めに出る月刊少年マガジンと週刊少年マガジンを買ったあと、国道を東南に走って茅野駅の西口を上川のほうに降りてから、そのまま上川に沿って上っていったのだが、公園大橋が開通していたのでそこを渡って、長峰から中央病院の横を抜けて神之原の方を一回りして粟沢で橋を渡って帰ってきた。

新装版 ABARA (KCデラックス)
弐瓶 勉
講談社
2015-08-21



帰ってきて本棚を見たら昨日ツイッター上で話題になっていた弐瓶勉「ABARA」の新装版があったので一通り読んでみて、チェンソーマンの作者の藤本タツキさんのいう「邪悪なフリクリ、ポップなアバラ」という言葉についてまた考えてみた。チェンソーマンの主人公はデンジという、ポチタというチェンソーの悪魔に取り憑かれた少年なのだが、ABARAの主人公は駆動電次という黒奇居子(黒ガウナ)の男で、このガウナという概念も「シドニアの騎士」とは違うのだが、ある種化け物的な存在ではある。弐瓶さんの絵は骨格とか内臓のような描写が多く、それが一つの特徴だが、チェンソーマンではむしろ人形的な描写というか、その辺がポップな感じはする。あと人間とか悪魔の造形が可愛いというか、その辺が現代的ではあって、「カワイイ」もポップの一(いち)バリエーションだとしたら、ソユトコも含めてポップなんだろうなと思った。「フリクリ」はよくわからないので、とりあえずBDをアマゾンでポチた。


 

人間が主語でない文章は読みにくい

Posted at 20/08/03

まとまったものを読めていないせいもあってなかなか更新できないのだけど、っていうか普通に他のことが忙しいということもあるなと思ったり。あと、梅雨が明けてどうも暑くなって、落ち着いてものを書く気がしなくなっているというのもあるな。世の中いろいろだ。

欲望の経済を終わらせる (インターナショナル新書)
井手 英策
集英社インターナショナル
2020-06-05



「「中国」の形成」を読み終わってから「欲望の経済を終わらせる」を読んでいたのだけどなかなか進まず、なぜ読めないのか考えていたら、歴史というものは普通個人名が出てきてこの人はこういう人だとかこういう考えなのだなと考えながら読む習慣がついているので、こういう経済本みたいなものだと「政府」とか「経済界」とか「大蔵省」とか人間でないものが主語になって書かれているのが読みにくいのだなと思った。こちらとしては、「経済界とは庶民のことを考えない悪の大企業」だとか「大蔵省は庶民から税金を搾り取ることばかり考えている」みたいな見方は持ちたくないのでそういうざっくりとした見方ではなく個人名であげて欲しいと思う部分が強い。

そう意識しながら読み始めたらもう少し深く読めるようになってきた気はする。ただある時期に新自由主義化を推進した人物が経営する企業が後で不況期に破綻したりしているとちょっとざまあみろみたいな気持ちが湧いてきてしまうのだが、ただ従業員は気の毒だし、まあ先見の明がなかったんだなと思うしかない。

それにしてもイギリスやアメリカに比べて日本は新自由主義的な改革に大失敗した例として後世に名を残すだろうなと思う。日本は基本的にケインズ政策が向いている国なんじゃないかという気はする。そろそろ再転換していいのではないか。

いろいろと

Posted at 20/07/31

私の周囲の物事の歯車は基本的にはいい方に向かっているとは思うのだが、やはりそうは行かないところも多々あって、その中で自分のつまらないミスみたいなものも出てきて、そういうことでつい落ち込んでしまったりもするのだが、基本的には上手く行き始めたところをきちんとみるようにして、なんとかしっかり動かしていきたいと思う。

まあ好事魔多しということでもあろうし、上手く行くとそういうちょっとした変事が起こったりするのは「税金」のようなものだという話もあるので、明鏡止水の心境でなるべく頑張りたいと思う。

「推しの子」最新話面白かった。ちょっと暗い展開で行くのかと思ったら案外そうでもなかったし。

「諏訪市史」第2巻近世編借りてきた。いろいろ気になっていたことでわかったことがあってよかった。

一つ一つ、自分の気持ちを明るくするものを拾っていきたいと思う。

こちらもよろしく

文化系ブログ
アート、小説、音楽、そして映画NEW

史読む月日
歴史のこと、歴史に関わる現代のことなどNEW

個人的な感想です(FC2版)

個人的な感想です(ameblo版)
漫画・アニメの感想などNEW

私のジブリ・ノート
ジブリ作品の感想・考察などNEW

生きている気がするように生きること
自己啓発、事業、ガジェットメモ、服装メモなどNEW

Feel in my bones
心のこと、身体のこと、その他のこと、そしてつぶやきNEW

スタジオみなみ
小説作品サイト

少女タイラント(仮)
小説の断片ブログ

本探し.net

本探しブログ

本を読む生活

読書案内ブログ

プロフィール

profile

author:Kosuke Hotta (kous37)
sex:male
age:56
single again
address:Tokyo,Japan

自己紹介

電子書籍のご案内
KOBOストアで買う

堀田俊夫著作集

月別アーカイブ

Powered by Movable Type

Template by MTテンプレートDB

Supported by Movable Type入門

Title background photography
by Luke Peterson

2020年08月

            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          
 今日の点取り占い  点取り占いブログパーツ
kous37
携帯百景 - kous37
携帯百景

Powered by ついめ〜じ

電子書籍のお知らせ

リンク

blogram投票ボタン
にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ


以下はamazonインスタント
ストアを利用しています。
詩の本のお店
2007年に取り上げた本
面白そうだな、読みたいな
アンジェラ・アキ ストア
玉姫伝説
白洲正子コレクション
小林秀雄コレクション
村上春樹の森
プーシキンを読もう!

モーニングページ、アーチストデートなどはこの本で。
野口整体について、入門的な内容を網羅しています。


ブログパーツ
全順位
ブログパーツ

全順位
あわせて読みたい

フィードメーター - Feel in my bones
total
since 13/04/2009
today
yesterday