現在は準戦時と割り切るべき/保守思想のバカっぽさの魅力/答辞と自然な自己肯定感

Posted at 20/03/26

東京オリンピックも延期が決まり、半ば虚脱状態の中で、新型コロナウィルス肺炎の流行によってますます社会情勢は騒然としてきているけれども、これは本当にまさに国難というか、いや実際には世界の危機ではあるわけだけど、「燃えろ一億火の玉だ」の方向ではなく、人類が今まで積み重ねてきた叡智を結集し、この難局を打開していくべき時だと思う。

英米はかなり大規模な、というか空前の規模の財政出動でこの難局を乗り切ろうとしているが、言葉を変えて言えば今がある意味での「戦時」であるということなのだと思う。戦時には財政を振り絞って資源を投入し、一方では新しい技術開発に巨額の投資を行って問題解決と自体打開に当たるのが当然なので、これはイギリスやアメリカは流石に戦い慣れている国だということだろう。日本は東日本大震災などの大規模災害にぶつかって来ながらどうも下手くそな政局運営、戦力の逐次投入でみみっちくごくわずかな投資と民間の自助努力で乗り切ろうとしているけれども、その状態では例えこの事態が乗り切れても国民は疲弊しきってしまう。今は準戦時と割り切って大きな財政出動をすべき時期だと思う。

***

私は成長する過程での周りの環境というのはどちらかというと左側の人が多かったし、自然に左派的なものの見方を身につけて成長して来たけれども、周りに渡部昇一や小室直樹の書籍がなかった訳ではないのでなんとなくはそういう本も高校時代の頃から読んではいた。自分の中では自然にそういうものが並存していたのだけど、行動としてはなんとなく社会党に投票する、みたいな感じではあった。

周りが左翼の中でなんとなく「皇室や天皇は大事だと思う」みたいな発言をして批判されたりすることはあったし、それなりに左派系の歴史観の中で勉強したりもしていた訳だけど、それが根本的に方向を変えたのは1995年の一連の事件、阪神大震災と地下鉄サリン事件をはじめとするオウム事件への対応に社会党政権があまりに無能だったということが大きなきっかけになっている。

ちなみに今では安倍首相がよく「悪夢のような民主党政権」という言い方をするが、当時の社会党政権も酷いものだった。連立を組んでいた自民党も動きが鈍く、たまたま国家公安委員長だった野中広務氏がオウム関係者を次々逮捕していく荒技でようやく乗り切った感があったが、阪神大震災も自衛隊等がもっと機動的に動けていれば被害を減らせた部分は大きかったと思う。

ただこういう発言は自らに返ってくる訳で、阪神大震災も東日本大震災もたまたま自民党首班の内閣ではなかったから責任を逃れているけれども、今回の新型コロナウィルス肺炎蔓延という疫病禍に関しては自民党長期政権の鼎の軽重が問われている訳で、こんなシブチンの対策しか打たない安倍政権には国民は失望していると思う。

それはともかく、1995年をきっかけに私は左翼の方向性に見切りをつけ、保守系の思想を勉強するようになったのだけど、左派思想よりも保守思想の方がいいなと思った一つの理由は、頭の良さそうな左派に比べて保守の方がバカっぽいなと思ったことがある。左派は散々保守派論客の揚げ足をとって馬鹿にしていたけれども、保守派の方は小さな村の中で独自の戦いを展開している感じで、彼らが書いているものを読んでも左派の書いているものに比べて理解しやすく、左派の難解な政治的主張に比べるとなんだか馬鹿っぽい感じがした。

ただ、左派の主張が難解だというのはただ難しいことが書いてあるというだけでなく受け入れ難いことが書いてあるということでもあり、特にいわゆる戦争犯罪に関するあたりとか極東軍事裁判に対するスタンスとかは最初から非常に受け入れにくく、本格的に左派に入るためにはこれは大きな壁だなともともと思っていた部分だった。

いろいろと保守派の本を読んでいて感じたのは、彼らの主張には感情が背景にあるということだった。日本が好きだ、日本を守りたい、日本の歴史を攻撃するものたちから日本の歴史を守りたい、という感情はプリミティブではあるが理解できるし共感できる。左派の主張にも「人権を守らなければいけない」という感情があるというかもしれないがこれは感情というよりは「べき論」であって、人間的な深みがないように思った。

「難解な方がより真実に近く、馬鹿っぽい方は浅薄である」と人間は、特に思考力が武器のインテリは思いこみやすいけれども、難解だからといって真実に近い訳ではないことは、90年代のソーカル事件で明らかにされている。結局自分の感覚や直観のようなもので採否を判断するしかないところは大きく、その直感というのはつまり「教養とそこから出てくる常識」から出てくる部分が大きい訳だから、やはり教養を養うことは生き残るための重要な手段であって、決して金持ちの道楽ではないのだ。

ところで東日本大震災以降、「保守は感情的、左派は理性的」という構図は逆転し、左派の側が「放射脳」と言われるような「お気持ち全開」の取り乱し方を見せて保守の側から批判されることになる訳だけど、科学と進歩に基づいて未来を構想するはずの左派がむしろ自然回帰的な思想に取り込まれていって存立が危うくなっているのは残念な自体だと思う。

そうした惨状はともかく、私にとっては現在の主敵は右でも左でもなくいわゆるネオリベラリズム=リストラ至上主義であって、左派でも財政拡大派であれば連帯は可能だと思っているのだが、維新の会だけでなく立憲民主党主流もまたいまだに財政健全化至上主義が絶対的に強いようで、「より少なく悪い」のは国民民主党しかないのかなと思っている。国民民主党は立ち上げが希望の党の流れなのでなかなか信用するのが難しいのだが、最近の玉木党首の発言にはうなずけるものが多いので、とりあえずは期待している。

***

学習院大学国際社会科学部の卒業生代表の答辞が話題になっていて、「自分は実績をあげたのだから変なことを言う権利がある」と言う主張を批判したり擁護したり喧しい訳だけど、要は「自分が頑張ったから自分が今ある訳で周囲や社会に感謝する気はないし、自分に感謝したい」と言う主張の幼稚さをどう評価するかが問題になっているのだと思う。

ただこれに関しては一晩寝て起きたら違う感想が出て来た。我々大人の世代は自分を大切にするのは当然の前提で、それだけを主張するのは子供っぽいと思ってしまうけれども、この答辞を書いた人や多くの若い人はなかなか自分自身に対する自尊感情や一定の自己評価を持てなくて苦しんでいる人が多い、と言うことなのではないかと思ったのだ。

氷河期世代の人たちがうまくいかない人たちが社会に憤激の感情を持ち、またその中で成功した人たちは強烈なネオリベ=自己責任論者になっている人が多いのと同じで、健全で自然な自尊感情が持てないでいる優秀な人たちは自分の能力や実績にすがり、ネオリベの人材として取り込まれて行きつつあるのではないかと思ったのだ。

だから彼女に対する批判はもちろん出てくる訳だけど、それ以上に、と言うかそれ以前に彼らがなぜそうした自然な自尊感情を持てないでいるのか、自己評価を低くさせられて来たのかと言うことを問題にすべきなのだと思う。子供たちの成長を意識的無意識的に支えている、そんな社会や教育であるべきだと思うし、親や教師もまたこの社会の中で生き残っていく術のみを教えるのではなく、お互いを尊重しあっていかなければ人間社会そのものが危機に晒されると言うことを戒めていかないといけないと思う。

***

どうもMacの調子が悪く、変換が妙に遅いので文章のリズムが作りにくく、読みにくいところもあると思うのだけど、乱文乱筆はご寛恕願いたい。

現在は準戦時と割り切るべき/保守思想のバカっぽさの魅力/答辞と自然な自己肯定感

Posted at 20/03/26

東京オリンピックも延期が決まり、半ば虚脱状態の中で、新型コロナウィルス肺炎の流行によってますます社会情勢は騒然としてきているけれども、これは本当にまさに国難というか、いや実際には世界の危機ではあるわけだけど、「燃えろ一億火の玉だ」の方向ではなく、人類が今まで積み重ねてきた叡智を結集し、この難局を打開していくべき時だと思う。

英米はかなり大規模な、というか空前の規模の財政出動でこの難局を乗り切ろうとしているが、言葉を変えて言えば今がある意味での「戦時」であるということなのだと思う。戦時には財政を振り絞って資源を投入し、一方では新しい技術開発に巨額の投資を行って問題解決と自体打開に当たるのが当然なので、これはイギリスやアメリカは流石に戦い慣れている国だということだろう。日本は東日本大震災などの大規模災害にぶつかって来ながらどうも下手くそな政局運営、戦力の逐次投入でみみっちくごくわずかな投資と民間の自助努力で乗り切ろうとしているけれども、その状態では例えこの事態が乗り切れても国民は疲弊しきってしまう。今は準戦時と割り切って大きな財政出動をすべき時期だと思う。

***

私は成長する過程での周りの環境というのはどちらかというと左側の人が多かったし、自然に左派的なものの見方を身につけて成長して来たけれども、周りに渡部昇一や小室直樹の書籍がなかった訳ではないのでなんとなくはそういう本も高校時代の頃から読んではいた。自分の中では自然にそういうものが並存していたのだけど、行動としてはなんとなく社会党に投票する、みたいな感じではあった。

周りが左翼の中でなんとなく「皇室や天皇は大事だと思う」みたいな発言をして批判されたりすることはあったし、それなりに左派系の歴史観の中で勉強したりもしていた訳だけど、それが根本的に方向を変えたのは1995年の一連の事件、阪神大震災と地下鉄サリン事件をはじめとするオウム事件への対応に社会党政権があまりに無能だったということが大きなきっかけになっている。

ちなみに今では安倍首相がよく「悪夢のような民主党政権」という言い方をするが、当時の社会党政権も酷いものだった。連立を組んでいた自民党も動きが鈍く、たまたま国家公安委員長だった野中広務氏がオウム関係者を次々逮捕していく荒技でようやく乗り切った感があったが、阪神大震災も自衛隊等がもっと機動的に動けていれば被害を減らせた部分は大きかったと思う。

ただこういう発言は自らに返ってくる訳で、阪神大震災も東日本大震災もたまたま自民党首班の内閣ではなかったから責任を逃れているけれども、今回の新型コロナウィルス肺炎蔓延という疫病禍に関しては自民党長期政権の鼎の軽重が問われている訳で、こんなシブチンの対策しか打たない安倍政権には国民は失望していると思う。

それはともかく、1995年をきっかけに私は左翼の方向性に見切りをつけ、保守系の思想を勉強するようになったのだけど、左派思想よりも保守思想の方がいいなと思った一つの理由は、頭の良さそうな左派に比べて保守の方がバカっぽいなと思ったことがある。左派は散々保守派論客の揚げ足をとって馬鹿にしていたけれども、保守派の方は小さな村の中で独自の戦いを展開している感じで、彼らが書いているものを読んでも左派の書いているものに比べて理解しやすく、左派の難解な政治的主張に比べるとなんだか馬鹿っぽい感じがした。

ただ、左派の主張が難解だというのはただ難しいことが書いてあるというだけでなく受け入れ難いことが書いてあるということでもあり、特にいわゆる戦争犯罪に関するあたりとか極東軍事裁判に対するスタンスとかは最初から非常に受け入れにくく、本格的に左派に入るためにはこれは大きな壁だなともともと思っていた部分だった。

いろいろと保守派の本を読んでいて感じたのは、彼らの主張には感情が背景にあるということだった。日本が好きだ、日本を守りたい、日本の歴史を攻撃するものたちから日本の歴史を守りたい、という感情はプリミティブではあるが理解できるし共感できる。左派の主張にも「人権を守らなければいけない」という感情があるというかもしれないがこれは感情というよりは「べき論」であって、人間的な深みがないように思った。

「難解な方がより真実に近く、馬鹿っぽい方は浅薄である」と人間は、特に思考力が武器のインテリは思いこみやすいけれども、難解だからといって真実に近い訳ではないことは、90年代のソーカル事件で明らかにされている。結局自分の感覚や直観のようなもので採否を判断するしかないところは大きく、その直感というのはつまり「教養とそこから出てくる常識」から出てくる部分が大きい訳だから、やはり教養を養うことは生き残るための重要な手段であって、決して金持ちの道楽ではないのだ。

ところで東日本大震災以降、「保守は感情的、左派は理性的」という構図は逆転し、左派の側が「放射脳」と言われるような「お気持ち全開」の取り乱し方を見せて保守の側から批判されることになる訳だけど、科学と進歩に基づいて未来を構想するはずの左派がむしろ自然回帰的な思想に取り込まれていって存立が危うくなっているのは残念な自体だと思う。

そうした惨状はともかく、私にとっては現在の主敵は右でも左でもなくいわゆるネオリベラリズム=リストラ至上主義であって、左派でも財政拡大派であれば連帯は可能だと思っているのだが、維新の会だけでなく立憲民主党主流もまたいまだに財政健全化至上主義が絶対的に強いようで、「より少なく悪い」のは国民民主党しかないのかなと思っている。国民民主党は立ち上げが希望の党の流れなのでなかなか信用するのが難しいのだが、最近の玉木党首の発言にはうなずけるものが多いので、とりあえずは期待している。

***

学習院大学国際社会科学部の卒業生代表の答辞が話題になっていて、「自分は実績をあげたのだから変なことを言う権利がある」と言う主張を批判したり擁護したり喧しい訳だけど、要は「自分が頑張ったから自分が今ある訳で周囲や社会に感謝する気はないし、自分に感謝したい」と言う主張の幼稚さをどう評価するかが問題になっているのだと思う。

ただこれに関しては一晩寝て起きたら違う感想が出て来た。我々大人の世代は自分を大切にするのは当然の前提で、それだけを主張するのは子供っぽいと思ってしまうけれども、この答辞を書いた人や多くの若い人はなかなか自分自身に対する自尊感情や一定の自己評価を持てなくて苦しんでいる人が多い、と言うことなのではないかと思ったのだ。

氷河期世代の人たちがうまくいかない人たちが社会に憤激の感情を持ち、またその中で成功した人たちは強烈なネオリベ=自己責任論者になっている人が多いのと同じで、健全で自然な自尊感情が持てないでいる優秀な人たちは自分の能力や実績にすがり、ネオリベの人材として取り込まれて行きつつあるのではないかと思ったのだ。

だから彼女に対する批判はもちろん出てくる訳だけど、それ以上に、と言うかそれ以前に彼らがなぜそうした自然な自尊感情を持てないでいるのか、自己評価を低くさせられて来たのかと言うことを問題にすべきなのだと思う。子供たちの成長を意識的無意識的に支えている、そんな社会や教育であるべきだと思うし、親や教師もまたこの社会の中で生き残っていく術のみを教えるのではなく、お互いを尊重しあっていかなければ人間社会そのものが危機に晒されると言うことを戒めていかないといけないと思う。

***

どうもMacの調子が悪く、変換が妙に遅いので文章のリズムが作りにくく、読みにくいところもあると思うのだけど、乱文乱筆はご寛恕願いたい。

ベートーヴェンの『運命』が怖かった/富・名誉・快楽という苦手分野

Posted at 20/03/10

とりあえず忙中閑ありというか、新型コロナの影響でばたばたと予定が後ろ倒しになり変に余裕が出てきたこともあって、自分を見直す作業も思いがけず入れられる感じになっている。

昨日は朝何か食べものを買おうとコンビニに行ったら雑誌棚のフライデーに目が行き、柳ゆり菜という人の肢体というかおそらくはその柔らかなカーブの構図に目が行って、立ち読みして買うことにした。写真週刊誌を買うというのは久しぶりなのだが、最近ヤンジャンやヤンマガ、少年マガジンなどで見ているグラビアとは視点が違うなというのも気になって、久しぶりに買ってみたのだった。この写真を元に絵を描いてみようかなとも思ったのだが、まだやっていない。

アナログレコードを何か聞こうとレコードラックから一枚とり出したらカール・ベーム指揮ベルリンフィルのベートーヴェン『交響曲5番』だった。これはおそらくは父が買ったもので、私はあまり聞いてなかったのだけど、自分の態勢が聞けるようになっているかもしれないと思ってかけてみたら、すごくよかった。

このいわゆる『ベートーヴェンの運命』は、子どもの頃に最初にそれとして聴いたクラシック音楽で、すごくこわかった印象があり、子ども心に「クラシック音楽とは怖いもの」という印象が刻みつけられていた。その後もクラシックを聴くようになってからもおそらくはそういう理由で無意識にベートーヴェンを避けていて、『月光』とかを聞いてこういう曲もあるんだなあとは思ったし、『交響曲9番』などを聞いてこういう人なんだなとは思ったりもしたが、特に5番に関しては敬遠する気持ちがずっと続いていた。

ここのところ自分を見直す作業をしている中で過去のいろいろなものを掘り起こしたりする機会があり、昔見えていた見え方とは全然違うように見えたり、実はとても自分にとって有益なんじゃないかと思うようなものも出てきたこともあって、昨日はふとこの『5番』を聞いてみる気になったのだった。

改めて聞いてみると、演奏がいいし録音がいいということもあるのだろうが、繊細で、最初のテーマやその展開も聴いているうちにその美しさが感じられてきて、あのテーマ以外にもとても美しい繊細なメロディがいくつも出てくることに気づき、こういう曲だったのかと初めて知ったような気持ちになった。

私は正直自分の感性とか感受性というものを信頼はしているのだけど、こういうことはよくあるなあと最近また思うようになっていて、生きているうちにそういうものを見直したり聴き直したりしてこの世界のゆたかさというものをもっと広い面から感じてみたいと改めて思ったのだった。

昼前に丸の内に行って丸善で本を見て昼食を摂り、そのまま夕食を買って帰るつもりだったが、一駅だし神保町に行こうと思い立って出かけた。発売日前のコミックスを2冊買い、三省堂で参考書を見たり東京堂をのぞいたりして、三茶書房の店頭で1冊300円のワゴンの本を見ていたら世阿弥の『申楽談義』(岩波文庫)があったので読みたいなと思い、(ちょっと演劇書?に目が行くのは先日の野田秀樹さんの声明をめぐる是々非々の議論があったからだろう)ついでに何か買おうと思ったらスピノザの『知性改善論』(岩波文庫)があったので立ち読みすると、「一般生活において通常みられるものすべてが空虚で無価値」とか「私にとって怖れの対象であったものがそれ自体は善でも悪でもなくそれによって心を動かされたときに善あるいは悪を含む」というような仏教的と感じられる表現を読んだり、「人々が最高の善と評価しているのは富・名誉・快楽」というような文章を読んでいるうちに読んでみたくなって買った。

そのあと文房堂でお茶をしてボヘミアンズギルドで『マルク・リブー展』の図録を買って帰った。

自分を見直すという点ではこの『知性改善論』を読みながらいろいろ考えていて、自分はしたいこと、なりたいものについて、いわば下から考えてきたけれども、生きるのに一定必要な「富・名誉・快楽」とかについて、つまりある程度上から考えてみると出口が見えるのではないかとも思い、また上からというと「学問的な知→真、芸術的な美、政治的な善」みたいな方向からしか考えられていなかったなと思って、おそらくは割合苦手分野である「富・名誉・快楽」みたいなことについても考えてみた方が先が見えやすいだろうなと思った。

ということで今朝はその辺を考えていたのだが、まあこのあたりで考えが進まなくなったので、とりあえずこの辺で今朝は筆を置くということにする。

デクエヤル元国連事務総長死去/偏差値教育の果たしてきたもの/野田秀樹さんの「演劇の灯を消すな」ステートメントについて

Posted at 20/03/06

ツイートでもいいのだが考えてみると結構連続ツイートをしている時があるので、どうせならブログにしてしまおうと思って書き始めた。しかし寒いせいでMacBook Airの動きがおかしく、変換が変になる時があって手間取る。電子機器が寒さに弱いというのはなんとかしてもらえないものだろうか。

デクエヤル元国連事務総長が100歳で亡くなったとのこと。彼はペルー出身で90年代はフジモリ元大統領の政敵だった。彼が事務総長を務めたのは1982-91年、冷戦最末期ということになる。一つの時代を担った人の一人。確実に時代が変わっていく。

***

大学受験におけるいわゆる「偏差値」教育を批判するツイートを読んで、少し思ったことを。私の知る限りでは、偏差値という考え方が普及したのは1970年代だと思う。私が受験したのは1981年で、その頃にはもう大体受験関係の人は知っていたように思う。偏差値は点数や平均点といったその時、その試験によって変わってしまう条件ではなく、平均点を50として受験生の成績が全体のどの位置にあるかをわかりやすく示す手段として、重宝に用いられてきた。それにはいわゆる「受験戦争」と言われた過酷な競争が背景にあったと思う。

受験戦争というと東大・早稲田・慶応といったいわゆる超難関校ばかりが話題になりがちだったが、多くの受験生は皆がそういう大学を目指していたわけではない。情報もなく、知名度や近くにある大学に行く、という程度の情報を頼りに受験し、なかなか成果を治められないでいたのが、大学受験が厳しいと言われたことの一面だろう。

偏差値の導入によって、自分の位置が可視化されるとともに、大学もランク付された。その是非はもちろんあるのだが、それによって自分の入れそうな大学、頑張ればいける大学、というのが可視化されたことは受験生やその指導者にはとても大きいことだったと思う。頑張ればここならいけそうだと思うことでモチベーションが上がる。逆に、頑張ってもあの大学は無理だからこの大学で、というようなある種の「諦め」を生んだという一面ももちろんないわけではない。しかし、指導者にとっては毎年大量の浪人生を出していた状況から、少しでも多くの現役合格者を出して教え子の道を安んじたい、という切実な願いもあっただろう。そういう意味ではよりスムーズに大学受験を乗り越えるための一つのツールとして、偏差値は役立てられてきた。

また、例えば家の経済的事情で先の学校に進むのを諦めていた生徒が、模試を受けて全国での自分の位置を知ることで、無縁だと思っていた東大や京大などに進むことに、学力的には不可能ではないということを知り、奨学金や授業料免除など様々な援助を受けて進学する可能性を開いたという側面もあるように思う。

もちろん大学に進学するということが偏差値ありきで進められるようになった弊害はあるのだが、本来そういう役割もあったのだということをちょっと書いておきたいと思った。

***

野田秀樹さんが「演劇の灯を消すな」と訴えたことについて、世間はわりとネガティブに受け取った印象があるのだが、彼の訴えを演劇人の特権意識というように受け取ったひとが多かったことが多かった、ということがあるようだ。それ自体はどうだったか論じても仕方ない感じがするのだが、私が印象に残ったのはよりラジカルな姿勢からの視点、「彼の限界は劇場を飛び出して外でやろうとしなかったところだ」という指摘についてだった。演劇が本当に人間に必要なものなら、劇場を飛び出して河原でもやれる、という主張なわけだ。

その主張と野田さんのスタンスの違いがどこにあるかというと、野田さんはそうしたラジカルないわば一個の表現者としての原点、みたいなスタンスではなく、むしろ病院や警察やスーパーやお菓子屋さんなどのいわば社会システムの一員としての演劇のあり方みたいなものを考えているのではないかと思ったのだ。

例えばセゾンの堤さんが「生活の中のアート」というものを日本に定着させようとしたように、生活のお供としての演劇というか、アートでもありエンタテイメントでもある演劇の灯が、いまだ基盤が脆弱なまま消えていってしまうことについての危機感があのステートメントには表れていたのだと思う。

常に素の人間からスタートし直せる演劇というのもそれはそれで魅力的だが、野田さんのように資本主義社会システムの一環としての演劇の育成にずっと関わってきた人は違う思いがあるのだろうなと思ったのだ。

何がいいとか何が正しいとかいう話ではなく、そんなふうに自分の中で整理し直してみた、ということなのだけど。

こちらもよろしく

文化系ブログ
アート、小説、音楽、そして映画NEW

史読む月日
歴史のこと、歴史に関わる現代のことなどNEW

個人的な感想です(FC2版)

個人的な感想です(ameblo版)
漫画・アニメの感想などNEW

私のジブリ・ノート
ジブリ作品の感想・考察などNEW

生きている気がするように生きること
自己啓発、事業、ガジェットメモ、服装メモなどNEW

Feel in my bones
心のこと、身体のこと、その他のこと、そしてつぶやきNEW

スタジオみなみ
小説作品サイト

少女タイラント(仮)
小説の断片ブログ

本探し.net

本探しブログ

本を読む生活

読書案内ブログ

プロフィール

profile

author:Kosuke Hotta (kous37)
sex:male
age:56
single again
address:Tokyo,Japan

自己紹介

電子書籍のご案内
KOBOストアで買う

堀田俊夫著作集

月別アーカイブ

Powered by Movable Type

Template by MTテンプレートDB

Supported by Movable Type入門

Title background photography
by Luke Peterson

2020年03月

1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
 今日の点取り占い  点取り占いブログパーツ
kous37
携帯百景 - kous37
携帯百景

Powered by ついめ〜じ

電子書籍のお知らせ

リンク

blogram投票ボタン
にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ


以下はamazonインスタント
ストアを利用しています。
詩の本のお店
2007年に取り上げた本
面白そうだな、読みたいな
アンジェラ・アキ ストア
玉姫伝説
白洲正子コレクション
小林秀雄コレクション
村上春樹の森
プーシキンを読もう!

モーニングページ、アーチストデートなどはこの本で。
野口整体について、入門的な内容を網羅しています。


ブログパーツ
全順位
ブログパーツ

全順位
あわせて読みたい

フィードメーター - Feel in my bones
total
since 13/04/2009
today
yesterday