二度寝

Posted at 19/10/19

今日は中央道がお昼頃開通するということで、だいぶ東京ー諏訪間の交通も改善されることになる。後はあずさの復旧が待たれるが、自動車でも途中でした道に降りないで東京まで行けるというのはだいぶ気が楽だ。

今日も朝は少し忙しいので落ち着いて文章を書けないのだが、昨夜は12時過ぎに寝て4時に一度起き、トイレに行ってから二度寝したら7時が過ぎていた。最近、一度目が覚めるともう眠れないことが多かったのだが、久しぶりに二度寝できて少し体調がマシになった感じがする。その代わり時間がキツくなったわけだけど。

走り書き

Posted at 19/10/18

物事の明るい面が見える時期と物事の暗い面の方が見える時期とがあって、その両方がなければ人の生というものは立体的には見えないわけだけど、体調とかによる面もあって気持ちが沈んでいると暗い方が見えるようになるという傾向はある。

そうなるとネガティブなことを書く感じになるけれども、まあぼちぼちやるということだな。

走り書きみたくなった。

まあこんなふうに書くことで気持ちが少し整理されるということはあるので、まあ今日も低空飛行であってもしっかりやれればと思います。

叙事詩としての「キングダム」

Posted at 19/10/17

ヤングジャンプ連載中の原泰久「キングダム」は、既刊が55巻、話数としては2019年10月17日現在で618話まで公開されている。連載開始は2006年なのでもう13年になるが、私が読み始めたのが2016年第41巻あたりからで、それからでもすでに14巻が出ている。
様々な戦いが繰り広げられてきた中で、いよいよ中華統一に乗り出すことを趙の李牧に対して宣言するのが45巻、そこから戦争準備を始めて(なので今活躍しているキャラは45巻あたりに新登場した兵士たちも多い)46巻でついに趙の重要都市・鄴に向けて進軍を開始する。その戦いはもう連載2年以上続いていることになる。

そして大将同士の最大の戦いである朱海平原の戦いが始まるのが48巻519話なので、ほぼ100話2年以上、この十数日間の戦いの描写が続いていることになる。

そして戦い最後の日の15日目が始まったのが55巻601話。その中でお互いの駆け引きや武功が積み重なれ、敵も味方も多くの死傷者を出し、長期間描かれてきた戦友が死に、敵の勇将もばたばた倒れ、味方も大きなピンチを迎え切り抜け、そして様々な台詞が交錯していく。ここにきてこの作品は本当の意味で長大な叙事詩的な性格を帯びてきたように思われる。

今週の主人公は少女軍師・河了貂とそれを攻める趙将・金毛、そして河了貂を守ろうとする秦軍の弓矢兄弟、蒼仁と蒼淡。人を射てなかった蒼淡が兄と貂を守るために強弓を射つところは胸が熱くなる。そして金毛の死の時に貂と会話を交わす。戦争とは何なのか、特に他国にとっては侵略戦争に他ならない中華統一戦争とは何なのか、という問いがこの作品に叙事詩性を持たせているのだろうと思う。

まだここは戦いの一部分に過ぎないのだけど、今週はとても感銘を受けた。

東京から甲信への最短ルート

Posted at 19/10/16

昨日は午後から仕事があるので朝なるべく早く東京を出ようと思っていたのだが、いろいろやっているうちに6時を少し過ぎたくらいに出発することになった。ただ、車で出かけるのは荷物を持ち運ぶ心配がないのでその分は楽で、予め車まで大きいのを運んでおいたり、コンビニでサンドイッチを買ったりしてから出発。駐車場料金も昼間最大800円、夜間最大500円の計1300円で済んだのは重畳。

ただ、出発してからナビをセットしてないことに気づき、途中で車の少ない路地に入ってセットすることに。普通にセットしてしまうと中央高速経由になってしまうので、東名のサービスエリアとかを経由地に設定したかったのだがそれがなかなかうまくいかず、足柄バス停というのが出てきたのでそれを経由地に設定してようやく出発した。

首都高速は順調に流れ、途中日本橋の野村證券本社が見えたのはちょっと嬉しかった。普段下から見えていたものが上から見つけられると嬉しい。慣れてくるともっと見えてくるのだろうとは思うが。向島線から箱崎から都心環状線に入り、谷町ジャンクションから渋谷線に入ってずっとまっすぐ。昨日のような渋谷線の渋滞もなく、すんなり用賀を過ぎて東名に入り、最初のPAである港北に到着。ここまでは順調だった。

東名でも混雑する上り線を横目で見ながら順調に降っていったが、海老名を過ぎた頃から混雑し始め、渋滞になった。東名はずっと片側3車線なのだが、大井松田から御殿場の間で左ルートと右ルートに分かれるのだけど、これは3車線が確保できないから二つに分けて渋滞を避けているということのようなのだけど、左ルートが閉鎖されていて、そこで渋滞が起こっていたのだった。最初は今回の台風による土砂崩れか何かなのかな、と思ったのだが、そうではなくリニューアル工事のためだと後で分かった。しかしそれなら工事期間は恒常的に渋滞するということだから、これは大変だなと思った。

結局次の足柄サービスエリアにかなり疲れて到着。それにしても東名のSAは贅沢というか立派だなと思う。さすがに平日なので空いていたが、フードコートでWi-Fiが使えたので後ろを振り向いたらスタバだった。つい困らないようにとコンビニでサンドイッチとか買ってしまうのだけど、これだけ充実しているならSAで全然間に合うなと思う。中央道とか長野道とかかなりシンプルだしなあ。

御殿場で降りて国道138号に入る。道はずっと渋滞していて、御殿場市内は信号が多く、また信号が長くてここでもだいぶ時間がかかった。先ほど港北PAでトイレに行った時自衛隊の人がいてどうしたのかなと思ったが、この道の前方に自衛隊の車列があって、少し考えたのだが、おそらくは長野の千曲川の災害派遣の部隊なんだということに思い当たった。ご苦労様です。上信越道も中央道も閉鎖されているから諏訪に行く私と同じく車で行こうとしたらこの道が最短ルートなのだろう。ということは山梨にしても長野にしてもこのルートが人の移動においても物流においても現時点での最大の大動脈ということになり、混雑するのも仕方ないなと思った。

須走で東富士五湖道路に入り、山中湖から中央自動車道富士吉田線に入り、車線が増えてからようやく渋滞が解消した。最初の谷村PAで休憩。トイレに行ったら観光バスから降りてきた大量のじいさんたちの群れに埋れた感があった。

そこからは順調に進み、大月ジャンクションから本線に入ってそのまま進む。途中、法面が崩れていて道路には影響がないものの車線が規制されているところが何箇所かあり、大月と八王子の間だけではなく、この辺りにも被害があったことはあったのだと思った。八ヶ岳PAで休憩。ここまでくるとだいぶのんびりしてきて地元感がある。東名のPAに比べると本当に何もない感じがあって、まあこれがPAだよなあと思ったり。諏訪インターまで行って高速を降り、地元の書店によってその裏のスーパーで買い物して家に着いたらちょうどお昼で、結局5時間半から6時間かかった感じだ。

まあ今回もいろいろ考えさせられることが多く、面白かったし結構楽しかったのでまあたまにはこういうのもいいかなとは思った。しかしそれにしても災害の大きさには改めて肅然とさせられるものがあった。

母の所に顔を出す前に駅に寄ってみたら、東京に行く人は長野まで行って北陸新幹線に乗るようにという表示が出ていた。普通電車はとりあえず時刻表通り動いているとのこと。ただ高尾行きは甲府止まりになっているということだった。

こちらもよろしく

文化系ブログ
アート、小説、音楽、そして映画NEW

史読む月日
歴史のこと、歴史に関わる現代のことなどNEW

個人的な感想です(FC2版)

個人的な感想です(ameblo版)
漫画・アニメの感想などNEW

私のジブリ・ノート
ジブリ作品の感想・考察などNEW

生きている気がするように生きること
自己啓発、事業、ガジェットメモ、服装メモなどNEW

Feel in my bones
心のこと、身体のこと、その他のこと、そしてつぶやきNEW

スタジオみなみ
小説作品サイト

少女タイラント(仮)
小説の断片ブログ

本探し.net

本探しブログ

本を読む生活

読書案内ブログ

プロフィール

profile

author:Kosuke Hotta (kous37)
sex:male
age:56
single again
address:Tokyo,Japan

自己紹介

電子書籍のご案内
KOBOストアで買う

堀田俊夫著作集

月別アーカイブ

Powered by Movable Type

Template by MTテンプレートDB

Supported by Movable Type入門

Title background photography
by Luke Peterson

2019年10月

    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    
 今日の点取り占い  点取り占いブログパーツ
kous37
携帯百景 - kous37
携帯百景

Powered by ついめ〜じ

電子書籍のお知らせ

リンク

blogram投票ボタン
にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ


以下はamazonインスタント
ストアを利用しています。
詩の本のお店
2007年に取り上げた本
面白そうだな、読みたいな
アンジェラ・アキ ストア
玉姫伝説
白洲正子コレクション
小林秀雄コレクション
村上春樹の森
プーシキンを読もう!

モーニングページ、アーチストデートなどはこの本で。
野口整体について、入門的な内容を網羅しています。


ブログパーツ
全順位
ブログパーツ

全順位
あわせて読みたい

フィードメーター - Feel in my bones
total
since 13/04/2009
today
yesterday