小池百合子都知事の再選

Posted at 20/07/06

都知事選は、小池百合子知事の圧勝で終わった。その理由はいくつかあると思うけど、まずは今この状況で知事を交代させるだけの理由があると多くの人が考えなかったことにあるだろう。いろいろと問題はあるだろうけど、小池知事はコロナ対策に前向きで、経済的な問題を含め解決しなければいけないという姿勢を見せているし、コロナ患者受け入れ病院への配慮も示している。つまり、総じて大きな失点がない。オリンピックを諦めるまではいろいろとブレていたような感じがするが、こういう危機になるとこの人は強いように思う。なんでもできる状況の時は奇抜なことを言い出して周りを困らせたりする印象はあるが。

前回鳥越俊太郎氏が立候補したために出馬断念を余儀なくされた宇都宮弁護士は、今回に捲土重来を期していたはずだが、得票数は8年前の立候補を下回った。前回に比べれば邪魔も少なかったはずなのだが、立憲民主党をはじめ彼の周りに集まった人たちが足を引っ張った印象がある。物議を醸したN国の立花氏や都政で消費税廃止のムーブメントを起こすことを図った山本氏も、すでに清新な印象が失われていたし、この危機の時に都政をまかすには不安がありすぎる感じだっただろう。その点小池氏は大臣も歴任し、政府の首脳とも対等に話せるキャリアを持っている。この時期の都知事はそうたやすい仕事ではないはずだが、むしろ小池氏クラスの人を知事に据えられるというのは悪いことではないという面もあるように思う。

私は「女帝」という本は読んでいないが小池氏について色々な話があることは多少は知っているし、「希望の党」事件の「排除します」発言のネガティブなインパクトもあったけれども、今回の「密です。密です。密です。」もそうだが結局はこの人が言うからインパクトを持ってしまうと言うところがあり、排除発言の強烈なネガティブなインパクトもこの人ならではだと思われる面もある。もともと取り扱い注意の最終兵器みたいな人なんだろうと思う。

正直、オリンピックなどを任せたらどうなるのか不安要素はあるのだが、少なくともコロナ対策に関しては割合無難に対処できるのではないかと思う。まずはこの危機を乗り切ることが先決だし、その点において都民の選択はそう間違ってはいないと思う。

私はいろいろ事情があって帰京することを控えているので、選挙期間に東京に帰れなかったから、期日前投票を含め投票することができなかったけど、今回はおそらく予想どおりの展開になると思われたので、まあいいかと思っていた面はある。

とにかく目の前のことを一つ一つ乗り切っていくしかないのだろうと思う。

コロナとか鬼滅の刃とか

Posted at 20/07/04

先ほどまでかなり降っていたが、今は小降りになった。少し修理をしたので雨が降ったら様子をみようと思っていたのだが、予想外のところが問題が出て、また晴れたらちゃんと直したいと思う。

世の中はなかなかままならないが、どうにか勝ち筋を見つけてそこに資源を集中していけば、なんとか突破できる可能性もある。いろいろやってみないとわからないが、とりあえずやってみないとわからない。

今朝は雨が激しかったので遠くに出かけるのはやめてガスタンクの近くのセブンイレブンで雑誌とボスのカフェオレを買って帰ってきたのだが、雑誌が割と面白く、つい読んでしまった。雑誌というのは月刊少年マガジンで、この地方ではなぜか月マガは4日頃に発売されるのだが、正式の発売日は6日月曜日なので、内容には触れない。

なんとなく肌寒く少しファンヒーターをつけたりするのだが、つけると暑くてすぐ消す。気温調節が難しい。

7月に入って最初の土曜。いつもの年なら商店街の七夕祭りが行われ、自治会の公園の草刈りがある。七夕は中止になり、毎年出ていた草刈りも自治会の執行部だけでやる方向になっっている。つくづく伝染病=感染症というのは厄介なものだと思う。

昨日はジャンプコミックスの発売日で「鬼滅の刃」21巻、「約束のネバーランド」19巻、「アクタージュ」12巻、「Dr.Ston」16巻、「僕のヒーローアカデミア」27巻、「ブラッククローバー」25巻と6冊買った。約ネバと鬼滅は連載は終了したけど、単行本もこれが最終巻ではない。それにしても「鬼滅の刃」は初版300万部ということで、久々の大ヒット作ということだろう。関連して鬼滅っぽい作品がどんどん出てくるかと思ったらそうでもないのが面白いが、割と難しいということだろうか。鬼滅は鬼滅でかなりユニークな作品だと思うからなあ。

多分もう少し書くことはあると思うのだが、思いつかないのでとりあえずここで筆を置く。

ガリレオの弟/体臭恐怖とスメハラ/ユニクロという権力

Posted at 20/07/03

やはり金曜日になると疲れてくるのか、昨日松本へ行って体を見てもらったから緩んだのか、今朝は起きたら5時を過ぎていていつもの朝にやれるようなことがあまり進んでないうちに7時を過ぎた。今日は雑感いくつか。

車の中で「古学の楽しみ」を聴いてたらガリレオ・ガリレイの弟・ミケランジェロ・ガリレイの曲が流れてきて、今日はそういう特集なのかと思って一旦ラジオを切って車を降り、ゴミを処理してもう一度聞こうとしたら違う曲が流れていて、確認したらリクエスト特集の日だった。そうだ今日は金曜日だと思ったのだが。

それにしてもガリレオの弟が音楽家だったとは知らなかったなあと思ったら、父も音楽家で、むしろ科学者になったガリレオの方が特殊だったのだなと。音楽家にも数理的なものが要求されるからそういうことと科学者とは関係があるのかもしれないと思ったり。(ちなみにミケランジェロとガリレオの関係はよく聞き取れなかったので勘違いしたツイートをした)父ヴィンチェンツォは16世紀後半の人で、40代になってから音楽理論を学び始め、後期ルネサンス音楽では重要な人だったようだ。

弟・ミケランジェロ・ガリレイはルネサンス音楽から初期バロックへ移行しつつある時代の人で、ポーランドなどで主に活躍したようだった。余裕があったらちゃんと聞けたのに残念。

モーニングに「あせとせっけん」というマンガがあるのだが、体臭恐怖・コンプレックスがある麻子さんとせっけん開発で匂いマニアで麻子さんの体臭が好きという彼氏の話なのだが、彼氏のおかげでだいぶコンプレックスも和らいできたのに高校時代の友人に会ってしまい、「汗子さん」と呼ばれた過去を思い出してコンプレックスがフラッシュバックしている状態が描かれていて、そういえばスメハラという言葉があったけど、そういう体臭恐怖の人にわざとそれを指摘して嫌がらせるハラスメントかと思ったらおじさんの体臭そのものがハラスメントという概念で唖然としたことがあった。マナー講師的な人が作った概念なのかなと思ったが、ちょっと人権的にどうなのかなと思った。

時間がないのであまり展開できないが、ツイッターにも書いたのだが着る物とというのは毎日のことなので、自分という意識にかなり関わってくる物だなと改めて思った。どういう自分でありたいのか、自分をどう見せたいのか。そして衣服は権力によって押し着せられる物でもあり、また自由を表現したり自分自身を表現したりする物でもある。ユニクロは私などの年齢にとっては「新しい物」だけれども、若い人にとっては「親に着せられた物」でもあるだろうなと思う。その辺りのこと、また書いてみたい。

諏訪大社下社・春宮と秋宮

Posted at 20/07/02

昨日は朝、諏訪大社下社に参拝しようと思い立って出掛けたのだが、上諏訪はあまり雨が降っていなかったのに下諏訪に入るとかなりの降りで、それでも傘をさして春宮を参拝し、そのあとで万治の石仏を拝んで車に戻ったら急に土砂降りになり、秋宮に回るのを諦めた。

ということで今朝は秋宮を参拝してきたのだが、いろいろ発見があった。下諏訪は甲州街道・中山道が合流する、というか中山道に突き当たって甲州街道が終点になる宿場町だったのだが、中山道と甲州街道の合流点というのが自分の思っていたところと違ったということ。古地図を見ながらこの辺かと想像していたところとも違い、行ってみないとわからないことはあるなあと思った。またこの合流点から塩尻のほうに行く中山道の道の経路も思っていたところと結構違っていて、この辺も時間がある時に一度車で通るか歩くかしてみたいと思った。

秋宮は街中にあることもあって神さびた印象がやや薄く、俗っぽい印象があったのだが、今朝行った感じは以前とはかなり変わっていた。境内が以前よりしんとした印象が深まったのと、以前境内?というか隣接した場所にあった山王閣というホテルが廃業したことは知っていたが建物も完全になくなっていて駐車場になっていたのだが、その場所は本来大祝であり中世武将でもあった金刺氏の居城・霞ヶ城の跡地でもあり、源平時代の武将・金刺盛澄の銅像が建っている。これは山王閣時代からあったのだが、今は建物が取り払われているので駐車場の真ん中に建っているという感じだ。

そしてこれは山王閣時代には分からなかったのだが、この場所は実は下諏訪だけでなく上諏訪から岡谷、つまり諏訪湖周辺一帯を見晴らせる場所で、まさに支配者の王城にふさわしい場所だということが今日行って理解できたのだ。

金刺氏については今まであまり勉強してきていないので知らないことが多いのだけど、戦国時代に滅亡したくらいのことしか知らないし、上社の諏訪氏が鎌倉時代から文書が残っているのに比べると文書が失われているために不明なところがもともと多いようだ。由来についても今読んでいた「諏訪史蹟要項」の記述と「諏訪の神様が気になるの」での記述も異なっているので、いくつか読んでみないと分からないなと思った。

正直言って、近世大名として生き残った諏訪氏の方には関心があったが中世に滅んでいる金刺氏の方はあまり関心がなかったのだが、実際に居城跡に行ってみるとこの地を選んで社を作り居館とした人々の明というのは侮れないものがあるなと思ったし、滅ぼされたのちに有力な社家がなくなったためにでもあろう、宿場町としても繁栄したということの関係なども興味深いものがあり、もう少し調べてみないと諏訪の歴史が立体的に見えてこないなと思った。

というわけで、今日はかなり収穫を感じた。ただ、秋宮の前の駐車場の前にある公衆トイレが閉鎖されていて、ちょっと困った。四角に降りていく途中に公衆の多目的トイレがあって助かったのだが、秋宮前のトイレも開けておいてもらいたいと思ったのだった。

ちなみに諏訪大社の上社は前宮と本宮があり、前宮は中世の諏訪氏の居館もあった場所、本宮は江戸時代に神宮寺と共に発展した社。いずれも神体は山。下社は秋宮と春宮があり、これは神様が春には春宮に、秋には秋宮に遷宮することから来ている。8月1日に毎年お舟祭りというのがあって春宮から秋宮に移るので、今は春宮の方に鎮座在しましていることになる。

こちらもよろしく

文化系ブログ
アート、小説、音楽、そして映画NEW

史読む月日
歴史のこと、歴史に関わる現代のことなどNEW

個人的な感想です(FC2版)

個人的な感想です(ameblo版)
漫画・アニメの感想などNEW

私のジブリ・ノート
ジブリ作品の感想・考察などNEW

生きている気がするように生きること
自己啓発、事業、ガジェットメモ、服装メモなどNEW

Feel in my bones
心のこと、身体のこと、その他のこと、そしてつぶやきNEW

スタジオみなみ
小説作品サイト

少女タイラント(仮)
小説の断片ブログ

本探し.net

本探しブログ

本を読む生活

読書案内ブログ

プロフィール

profile

author:Kosuke Hotta (kous37)
sex:male
age:56
single again
address:Tokyo,Japan

自己紹介

電子書籍のご案内
KOBOストアで買う

堀田俊夫著作集

月別アーカイブ

Powered by Movable Type

Template by MTテンプレートDB

Supported by Movable Type入門

Title background photography
by Luke Peterson

2020年07月

      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  
 今日の点取り占い  点取り占いブログパーツ
kous37
携帯百景 - kous37
携帯百景

Powered by ついめ〜じ

電子書籍のお知らせ

リンク

blogram投票ボタン
にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ


以下はamazonインスタント
ストアを利用しています。
詩の本のお店
2007年に取り上げた本
面白そうだな、読みたいな
アンジェラ・アキ ストア
玉姫伝説
白洲正子コレクション
小林秀雄コレクション
村上春樹の森
プーシキンを読もう!

モーニングページ、アーチストデートなどはこの本で。
野口整体について、入門的な内容を網羅しています。


ブログパーツ
全順位
ブログパーツ

全順位
あわせて読みたい

フィードメーター - Feel in my bones
total
since 13/04/2009
today
yesterday