本を読むこととかよりよく生きることとか

Posted at 18/12/11

しばらく忙しくてブログを書けなかったし、本もなかなか読めてないしツイートも少ないのだけど、たまたま読んだ雑誌記事の感想がツイッターでバズって(一日で54万オーガニックインプレッションというのはアナリティクスを見られるようになってからは最多だと思う)フォロワーさんが増えたりして、いろいろなことが起こるなと思う。

一つのことに興味を持って深掘りしていくことはよくあることだけど、私は興味を持つサイクルが短いというかあまり時間がたたないうちに興味の対象が移っていくことが多いので、趣味的に読んでいる読書では最後まで読み切らないことが最近は増えた。若い頃は新書1冊くらいなら数時間から一日で読んだ(記憶がある)ので興味が移らないうちに読み切れたが、今は何日もかかっているうちに興味の対象が変わってしまうことがよくあり、なかなか読み切れなくなってしまったなあと思う。

読む力というのは読めば読むほど高まる、というのは読むことで自分の中にある種の文脈が形成されるからで、だから全く新しいジャンルの本に手を出すとその文脈がないところからの読書になるから最初は時間がかかるしじれったい感じがする。時間がないとなかなかそういう新しいトライをしにくくなるのは残念だけど、読書以外のことで自分の中に文脈が出来ていくところがあって、そういう意味で読みやすくなることもある。特に自分の中で、あるいは身の回りのことでいろいろと問題に感じているようなことについての本は読書としては新しい分野の本でもそれなりに受け入れやすいことが多いし、自分の見る角度とは違う角度から書かれているのが普通だから、勉強になるなと思うことが多い。

スタジオジブリの広報誌『熱風』2018年12月号の養老孟司さんのインタビュー記事で(これは先に書いたツイッターでのバズったツイート、「蝶と毛虫は別の生物かもしれない」という話と同じインタビューの中で出てくる話なのだが、「読解力が上がる」ことが本当にいいことなのか、という話があって、これは確かにわからなくはないというか、つまり論理的に物事を考えるということができるようになることによって自然から離れてしまい、「ムダを切り捨てる」ということができるようになってしまって、そしてその無駄を切り捨てすぎた結果が社会の「脳化」であり、論理に合わないものをすべてノイズとして切り捨てる、つまりAIに敵わないからと人間が切り捨てられる、という発想が出てくる社会になってしまっている、という話も面白いなと思った。

私は本来の読解力というのはそのノイズを拾い上げる能力だと思っていたのでそうか、と思ったのだが、いま読解力と普通に言われているのはA=BでB=CならA=Cだという論理を読み取る能力を指している、という指摘もまあそうかなと思った。ツイッター上などで文章が読めないという指摘を受ける人のツイートは様々な混同とかよくわからない基準の区別とかがあることは確かで、誰にでも読み取れるという意味での読解力というのはそういう記号的なレベルのことかもしれないとは思う。つまり理系的な意味でも必要な読解力ということだと言えばいいか。子どもたちが教科書を読めないのはa=bだという論理自体を拒否しているからだ、という指摘はなるほどと思うところがあった。

よりハイコンテクストなことを読み取れる文系的な読解力がつけば自然との融合が図れるかというとまあそれもなかなかどうかなというところがあるわけで、自然との融合というのはおそらく常に自然に帰ることができる環境のようなものがないとなかなか難しいと思うし、それが現代社会における深刻な問題だという指摘は養老氏は以前からしていて、それは今までぴんと来ないところが強かったのだけど、今回の読みでは今までで一番それがそうかあという気がしたように思った。

本を読めるようになることと、とよりよく生きること、が必ずしも同時には実現できない可能性があるというのはなかなか残念なことではあるのだが、まあそんなことも暇のある時に少しは考えてみるといいかもしれないと思ったり。

追記

ブログをアップしてから眠くなったので朝風呂につかりながら漠然といろいろなことを考えていたのだが、本を読むこととよく生きることをなるべく両立させようとするには、書くことなんだなと思った。書いてみると、読んだことが自分の中でどうとらえられているかが自分で感じられるし、書いているうちに内在していた読んだ内容への疑問が浮かび上がってくることもある。自分の生に対して読んだ内容の何が大事なのか、何がそうでないのかも書いているうちにはっきりしてくることがある。そういう意味で、読書した内容と自分の生を触れ合わせ、手を切るべきところは切り、通い合うところは通わせたりまたそれを切ったり。読書と自分の生をともに豊かなものにするには書くという手段はあるのではないかと。

というか、自分はいろいろな意味でそういう感じで書くということを使っているのだなと思うし、だから結論がはっきりしているような商業的な文章はあまり書きたい感じがしないし、どちらかというとこういうオープンエンドな感じになるのだなと思った。

まあ自分のような、非専門的(学者ではない)・非文学的(小説等ではない)な内容を書く人間の文章をほかの人に読んでもらう意味があるとしたら、そういうこの世界に偶々一緒のときに生きている人がこんなふうに感じたり思っていたりするということが何か「そうか」とか「そうなんだな」とか「ふうん」とか思ってもらえば多分それで十分意味のあることなんだろうと思うし、また自分自身にとっては書くだけで十分意味があるのだけど、それを読んでもらったり何かコメントをもらったりしたらまた近い感受性の人がほかにもいるのだなということを知って豊かな気持ちになるということもまたありがたいことだなと思う。

『社会学はどこからきてどこへ行くのか』(通称・社会学どこどこ)を読み始めて思ったこと。

Posted at 18/12/04




『社会学はどこからきてどこへ行くのか』(通称・社会学どこどこ)を読み始めた。まだ16/361ページしか読んでないので全体的な感想ではないのだが、社会学における見田宗介先生の大きな影響力というものについて改めて知った。というか、今現在においてもこれだけ大きな存在なのかということは初めて認識した、と言ってもいい。

私は個人的な動機、というか自分の中で決着をつけたかったことがあって1982年に見田ゼミに出席していたのだが、前期はどんなことをやったかあまり覚えてなくて、とにかく合宿が印象的だった。まあこれは参加者みんなが合宿は強く印象が残っていると思うけれども。身体性・社会性というか身体の共振性みたいなものを自覚するための合宿というのか、瞑想(メディテーション)や野口整体の活元運動、竹内レッスンの「砂浜のエチュード」など、初めて経験する学生にはきわめて刺激的な内容だった。

私は自分の中の問題意識、これからの社会はコミューン化していくのかどうか、みたいなものを持っていて、で、自分の中のイメージとしてはコミューンに対しディストピア的な印象が強かったから、今後何を目指しどう生きて行けばいいのか、みたいな切実な部分があった。(まあそんな意識を持ってる人はまず第一に特殊だと思うが)

当時はそういうコミューンに対する問題意識から身体性の問題に自分の関心が移り、演劇を始めていてそういうことでも見田先生の思索・研究・実践というものに関心があった。

しかし結局のところ私は見田さんが何をやっているのかよくわからなかったし、本を読んでもあまりよく理解できず、さらに後期の宮澤賢治を読むゼミでもどうもうまく乗れなくて、自分の関心も演劇における「身体性」の問題から同じ演劇内でも「表現・アート」の方に関心が移っていき、自分に切実な問題への取り組みとしての社会学よりも自分が好きで勉強したい(と思っていた)歴史学の方へシフトしてしまって、そのあたりからは離れていくことになる。ただ「そのあたり」はまた新たに自分の中の未解決な問題として残ってしまって、「社会学とは自分はよくわからないが凄いことをやってるらしいところ」という印象が残ることになった。

まあ結局のところ自分自身の問題みたいなものは全然解決も何もせず、ただ長い間社会で生きていく中でどうも社会がコミューン化していくことはなさそうだと思っても、たとえば「家族」みたいな価値観が強調されてもどうもついていけず、自分の中のネガなのか、やはり「同志の共同体」みたいなものの中で生きたいという思いはずっと持っていたのだなということは考えている中で思い出した。自分が劇団というものに対して思っていた思いもそういうものに近いのだろうなとも。

ツイッターなどで見かける若い人たちの新たな試みのある種の共同性、教祖と信者みたいな関係のビジネスモデルはともかく、共感する人たちで新しいことを始める、みたいなものに対してやはり期待と共感を持ってしまうのはそういう部分があるのだなと思う。

ただ現実には共同体そのものが目的になってしまっては続かないことは明らかで、それは種々のそうした共同体が、たとえば会社共同体のようなもの、組合共同体のようなものも目的や方向性を失ったら立ち腐れていくし、宗教共同体のようなものも変質しカルト化していく、つまりディストピア化していく例はいくらでも見ることができる。また省庁などが共同体化していくことによって官僚制的な強度なセクショナリズムが生まれたりして、なかなかあまりいい方向に行く例がない。

基本的には個人とか自由とかに立脚した思想体系、社会体系が好きなのだけど、というかだから民主制というのはそういう意味ではそんなに悪くない制度だと思うのだが、逆に言えばそういう個人の不安、自由の不安みたいなものに耐えられない人たちを社会でどう抱えていくかみたいな話になってしまう、というか日本では個人として生きることをよしとする人が本当に少数でしかも偏屈な人が多いので、なかなかそれも難しいなとも思っている。

まあそういう人間の接着面というか離合集散面から考えるより内発的な利益追求の側面、資本制によって世の中を統御していこうという方向での考え方が今は強いし、またネオナショナリズムみたいな皇室の存在は軽視するが日本人というアイデンティティは盲信する傾向とがあいまってあまり論理的には説明しにくい世の中になってしまっている感じはする。

見田さんの社会学というのはそういう社会の行き詰まりを近代そのものの行き詰まりと考える方向性の中から生まれてきたものだと思うし、それゆえに様々な社会運動のある種の母体にもなっているように思うが、そうした諸運動を社会を混乱させるだけのものと苦々しく思う人も少なくはなく、というか確かにそうなってしまっている面もあると思うのだけど、であるから社会学というものの本来持つ力を、見田さんの社会学が生み出してきたものの「功績」を認めたうえで、もう一度見直そうというのがこの本の取り組みなのかなというふうに私は思った。まだ少ししか読んでないから何とも言えないけど。

「『近代の行き詰まりを超える=ポストモダニズム』の行き詰まり」を超えるために社会学という近代「科学」の方法を見直すという動きは多分全般に起こってきているのだと思うが、それと同時に「資本主義に靡かない大学」に対する資本主義的(ネオリベ的)政治権力からの攻撃も激しくなり、学的に「超克の超克」の試みが大変になっているなあというのを実感としては思うし、いまだに「近代批判」自体に無批判な人もいれば一周回って新しくなったモダニスト・科学主義者がまた脚光を浴びていたりするものややどうかと思う面もあり、とはいえネオリベ政権が批判されて暴動や政権交代に至っている国々も多いしそれ以前の近代化を遮二無二推し進めている独裁国家もある、という世界全体的に言えば無秩序な、ある種のポストモダン状況はまだ続いているとは言えるのだろう。

そんな中で社会学はどう有効性を持ちえるのか、という問いは多分無駄なことではなくて、政治学や経済学といった『上からの』学問だけでは扱いきれない問題を、提起し解明していく可能性はなくはないと期待はしたいと思う。

社会というものが何たるかという理論的な問題から、社会の実態がどうなっているかという社会調査的な研究から、わかってくることは皆無ではないはずで、ただそれが変な社会運動に結実すると変なことになる可能性はあるなとは思うが、そこを自重して地道な活動で少しずつ社会を変える力につなげることはできなくはないと思う。

しかしまあ、考えてみると社会学というのは怖い学問だな。今までその怖さをちゃんと認識してこなかったけど。下手をすると日本的フェミニズムや狂信的な反原発運動などの怪物的なものを生み出す力もあるわけだし、だからと言って蓋をすることで見えなくなる問題が沢山あることも確かだ。まあ本来、学問というものはそういうもの、両刃の剣だと言えばそうで、社会学に限った問題ではないのだけど。(経済学がいかに日本や世界を傷めつけているかを考えてみればすぐわかるが)

人手不足とワーキングプア

Posted at 18/12/01

ウィークデーはなかなか落ち着いて文章を書く時間がなく、ツイッターで色々つぶやいて終わり、という感じになってしまっている。今日もそんなに時間があるわけではないが、何か書いてみよう。

と書いてみて、さて自分は何を書きたいのか、と考えてみると、いくつかあるにはあるのだが、がっつり書きたい内容を書くほど時間はないし、軽い内容ならツイッターでいいかとなってしまうし、今ちょうど空いた30分で何かを書くと言ってもなかなか思いつかない。それこそネタ帳みたいなのを用意して思いついたら書く、みたいなことをやらないと書けないのかもしれないな。

最近気になっていることをちょっと書いてみようと思う。少し前に社会運動家、貧困問題を扱っている藤田孝典さんとLINEからZOZOに移ったネオリベ代表みたいな田端信太郎さんがネットテレビで討論、というか論争したことがあったのだが、その論評を見ているとどうも田端さんの圧勝に終わったようだった。

普段のツイートなどを見ていると、明らかに藤田さんの言ってることの方がまともなことが多く、田端さんのいうことはそれはないんじゃないかと思うことが多いのだが、結局藤田さんが田端さんに言い負かされた感じになってしまっているのは、やはり反貧困の論理が経営者の主流であるネオリベの人たちに届いていないということを意味しているのだと思う。

根本的に、日本の経営者がもっと給料を出さなければ貧困が克服されるということはないわけで、そこは経営者を動かすような理論武装がもっと必要になってくるだろう。

貧困の、今最も取り組むべき課題の一つはブラック労働に代表されるワーキングプアの問題だと思う。つまり、働いてもそれに見合った給料がもらえないということだ。経営側は、それに見合った価値を生み出していないから、という訳だけど、そんなはずはない。その労働がなければ企業が成り立たない労働は当然そういう価値を生み出している訳であり、その価値を生み出す労働にはそれ相応の報酬が支払われるべきで、それは正当なコストだ。だからそのコストは当然価格に上乗せされるべきであって、競争に負けるから価格に乗せられないというのは、業界全体がいわゆる低賃金カルテルに乗っかっているからこそ維持できている仕組みのはずだ。

価格というのは資本主義社会、市場経済においては致命的な重大性を持つ訳だが、その価格を決定するのはその業界の最大手、いわゆるリーディングカンパニーということになる。ヤマト運輸が昼の時間帯の配達をやめたりドライバーの給料を上げたりすれば人手不足の業界全体がそれに追随せざるを得なくなるわけで、それが正当な賃金競争だろう。賃金の上方硬直性が現代日本の社会問題のかなり大きな部分を生み出していることは確かだと思う。

その壁を打ち破ることができるのは人手不足の今しかないわけで、ここは大手から率先して賃金を上げてもらいたいと思う。大手から賃金上昇が価格に転嫁されていけば中小も引き上げは可能になるのだから。労働市場にも不足すれば価格が上がる、という市場原理が働いて欲しいと思う。

日産ゴーン事件は、歴史の流れを変える可能性すら出てきたかもしれない

Posted at 18/11/22

なかなか更新できないので、普通だったらツイッターに書きそうな内容なのだが、ブログに書いておこうと思う。日産のゴーン事件のことだ。この問題は実は歴史を変える事件になる可能性もあるような気がしてきている。

色々な報道を読んだり聞いたりしていると、少し風向きが変わってきた感じがある。特に気になるのは、フランスで今回の事件をゴーン氏を追い落とすための陰謀なのではないかとみる意見が強くなってきたということだ。もともとフランス史には「陰謀めいた事件」がいくつもあって、それだけフランスは政治的な国民だ。大革命以来、いやその前からも様々な政治勢力の綱引きがずっと続いていて、現在のところは世俗主義が国政の根幹とも言える国になっている。それがイスラム系住民との軋轢も産むわけだが、宗教がないということは政治が強いということであり、それも日本のように情緒的な民主主義ではなく、非常に論理的な、つまりソフィスティケートされた権力闘争が日常茶飯事の国だということだ。

報道を読んでいると、この事件の背景の構図として否応無く浮かんでくるのがルノーと日産の経営統合問題、つまりはルノーによる日産の吸収合併という問題がある。日産はルノーの子会社になり、ゴーン氏が送り込まれて経営が改善され、生き残ったという過去があるから、ルノーの支配力は強い。しかし今ルノーは業績が低迷し、日産が好調なので日産のあげる利益がルノーを支えている状態になっているのだという。そしてルノーはもともと国有化されていた経緯もあり、フランス政府のルノーに対する発言力も非常に強い。マクロン大統領はゴーン氏に対し、ルノーの経営を続ける条件としてルノーと日産の経営統合を要求し、それをゴーン氏は受け入れたと報道ではされている。

つまり、日本から日産という大企業が消え、ルノーというフランスの会社になってしまうということになる、まあ形式はどうなるかはわからないが。それには日産幹部だけでなく、日本政府も危機感を持ったことは容易に想像できる。つまりこの事件はその危機感を背景にして、日産側、報道によってはその裏に日本政府もついてゴーン氏を追放することによって経営統合を回避しようとして起こした意図的なスキャンダル、国策捜査であるという説が出てきているわけだ。

先ほどテレビを見ていたら、日本政府の関与に関しては誰も発言していなかった、多分そこは自制なのか政府からの牽制なのかが働いているのだろうとは思うが、リテラなど反政府系(?)のメディアを見ると経済産業省出身の今井首相秘書官の名前も上がっている。また、このスクープは朝日新聞主導だったらしく、朝日は日産内部の不満なども報道しているが、その主張もあまりに情緒的な反応が多く、そうした形で世論操作に出たのかと勘ぐりたくなる感じもある。

実際のところ、構図が本当はどうなのかはよくわからないし、本当のところがどうなのかということに関わらず「こういうことで手打ちにしよう」という国際間の政治的取引がどのようになるかもよくわからない。それはカショギ氏をめぐる事件でサウジアラビアが皇太子不関与の主張を貫き、トランプ政権もそれを支持しているという、真実とは遠そうな主張が国際的に通りそうなこと一つを考えてもよくわかる。他にもロシアのクリミア統合など、そういうのは枚挙にいとまがない。日本の敗戦をめぐる事柄だって真実を明らかにしようと努力する人たちに「歴史修正主義」の罵声が浴びさせられていることからもわかるように、一度決まった手打ち、政治的取引をひっくり返すことは簡単なことではない。

それはともかく、この件で何度も日本の報道で繰り返されている「ゴーン氏一人に権力が集中しすぎた歪み、矛盾がこうした事件となった」という「語り」を聞いているうちに、これは安倍政権に対する批判なのではないかと思えてきたということがある。安倍政権こそが一人に権力が集中しすぎた歪みを様々生み出していることは消費増税や移民法改正など重大な案件がまともに審議されずに動きかねないことからもよくわかる。

また、もう一つ感じるのは日本で多くの失業者、ロストジェネレーションと言われる不遇な世代を生み出す一つの大きな原因ともなったリストラ至上主義を日本に持ち込んだ「コストカッター」ゴーン氏が、膨大な個人資産を築くとともにそれによってあげた利益をフランス政府の影響力が強いルノーに持ち込んでいたこと、そしてそれだけで満足せずにフランス政府・マクロン大統領はさらに経営統合を推し進めることでフランス人の雇用拡大を図ろうとしていたということだ。それだけ自国の雇用政策に心血をそそぐフランスに対し、テレビのコメンテーターが「社会主義的ではないか」と批判していたが、解説の学者は「それは頭に置いておかなければならないことです」とすっと流したのも印象的だった。日本人にとって「社会主義政策」は過去の遺物としてバカにされているけれども、欧米では決してそうではないわけで、日本人の、特に新自由主義者がいかに雇用政策を軽視しているかが現れた発言だったと思う。

つまりマクロン大統領は、ルノーやゴーン氏を通して日本の労働者や日本企業の犠牲のもとにフランス国民の福祉を増進させようと図っているわけで、まさに新しい形の帝国主義であり、また社会主義でもあるということが言えるのではないか。しかしそれは、そうまでして自国の労働者の雇用を守り雇用を創出しようとする政治指導者がいるということを羨ましいと思う人も日本には多いのではないかとも思う。また、帝国主義と社会主義というと相反するように思われるかもしれないが、もともとセシル・ローズという代表的な帝国主義者が「労働者の荒々しい主張を聞いて、帝国主義の必要性を痛感した」と言っているように、もともと親和性は高く、またそれはソ連や中国が実質的な帝国主義国であることからもわかる。

この問題はどこに行くかわからないが、日本の産業界・労働市場だけでなく、日本という国のあり方にも大きな影響を与える可能性も出てきているように思う。

こちらもよろしく

文化系ブログ
アート、小説、音楽、そして映画NEW

史読む月日
歴史のこと、歴史に関わる現代のことなどNEW

個人的な感想です(FC2版)

個人的な感想です(ameblo版)
漫画・アニメの感想などNEW

私のジブリ・ノート
ジブリ作品の感想・考察などNEW

生きている気がするように生きること
自己啓発、事業、ガジェットメモ、服装メモなどNEW

Feel in my bones
心のこと、身体のこと、その他のこと、そしてつぶやきNEW

スタジオみなみ
小説作品サイト

少女タイラント(仮)
小説の断片ブログ

本探し.net

本探しブログ

本を読む生活

読書案内ブログ

プロフィール

profile

author:Kosuke Hotta (kous37)
sex:male
age:54
single again
address:Tokyo,Japan

自己紹介

電子書籍のご案内
KOBOストアで買う

堀田俊夫著作集

月別アーカイブ

Powered by Movable Type

Template by MTテンプレートDB

Supported by Movable Type入門

Title background photography
by Luke Peterson

2018年12月

            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          
 今日の点取り占い  点取り占いブログパーツ
kous37
携帯百景 - kous37
携帯百景

Powered by ついめ〜じ

電子書籍のお知らせ

リンク

blogram投票ボタン
にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ


以下はamazonインスタント
ストアを利用しています。
詩の本のお店
2007年に取り上げた本
面白そうだな、読みたいな
アンジェラ・アキ ストア
玉姫伝説
白洲正子コレクション
小林秀雄コレクション
村上春樹の森
プーシキンを読もう!

モーニングページ、アーチストデートなどはこの本で。
野口整体について、入門的な内容を網羅しています。


ブログパーツ
全順位
ブログパーツ

全順位
あわせて読みたい

フィードメーター - Feel in my bones
total
since 13/04/2009
today
yesterday