「ボールルームへようこそ」「潔癖男子!青山くん」「HUNTER x HUNTER」ほか。

Posted at 17/08/21

昨日から今日にかけてのマンガ・アニメ。




アニメ「ボールルームへようこそ」。天平杯。真子と組んで踊る多々良、それは賀寿と雫のコンビに勝って雫と清春のカップルを元に戻すため。よく考えてみたらまだこの時点での多々良は初心者同然で、しかしメンタルが妙に強いところと妙に弱いところが同居しているのが可笑しいし、それが真子も似たようなものでいい味を出している。とにかく真子が可愛い。なんとか準決勝に進んだところで現れたのが清春とその母の兵頭マリサ。これからの展開に深く関わる人たちが集まってきて、次週はさらに興味深い。とにかく真子が可愛い。
アニメ「潔癖男子!青山くん」。今回は、青山命の後藤もかを熱烈に好きな柔道の天才・梅屋が初登場主役で、青山と面と向かって話せない後藤を強力にサポート。展開としては、天然美少女で唯一青山に触ることのできる小田切美緒が絡んできて後藤がうじうじしてしまう展開がよかった。これまでのところはキャラクター設定が勝負みたいなところがあるのだけど、それに甘んじず物語の中でキャラクターがその設定方向に極端に突き抜けていく感じが面白いなと思う。




少年ジャンプ38号。お盆休みの後の発行再開号、表紙と巻頭は「約束のネバーランド」。表紙のエマの表情が明るいのがよい。設定上、明るい表情がなかなかできない子どもたちだけど、農園脱出後は不安ながらも希望があってよいなと思う。




二番目は「ドクターストーン」。この作品がこんな前の方に来るとは思わなかった。かなり人気があるのだろうか。メンタリストが登場。この先の展開に関わりがありそうな。




三番目が「ワンピース」。ナミがゼウスの力を使ってビッグマムに反撃。そしてプリンの表情が何を意味するのか。両様に取れて次週が楽しみ。




4つ目「ハイキュー!」今回は音駒編。研磨はいかにして音駒の中心選手になりしか。以前の都大会の音駒の描写に比べ、格段に読んでいて面白くなってる。5つ目「鬼滅の刃」。ついに上弦の鬼登場。鬼舞辻無残も。遊郭に巣食う鬼の罠。
6つ目「ぼくのヒーローアカデミア」。古いヤクザと新しいヴィラン連合の考え方の違いが表面化して悪は悪といってもいろいろある、みたいな感じ。やはりヤクザより連合なのかな。作者の好みも。

7つ目「ロボ・スーパービーム」120%のショット。8つ目「ブラッククローバー」ノエルすげえ。9つ目「ボルト」。新展開。

10番目「食戟のソーマ」。超凄い品を反逆者側は作ったが・・・この絶望の展開がワクワクしてくる感じが十傑第一席・司瑛士というキャラにはあるな。




11番目「ぼくたちは勉強ができない」形を変えたハーレムものだが、桐須先生と理珠の回でこの二人のツンデレ対決みたいなのが可笑しかった。




しかし今回のジャンプで一番面白かったのは14番目の「ハンター・ハンター」。膠着状態だったカキン帝国の王位継承争い、ついに最初の犠牲者が。それに伴い、出場キャラたちの感情や動きも複雑になっていく。その中でクラピカに異変が。そしてツェリードニヒに疑惑が生まれ・・・これだけ硬質な、そして堅牢な物語世界の展開は、ジャンプではほかにないなあと思う。蟻編もまったく思いもかけない結末に至ったが、暗黒大陸編、特にカキン帝国継承編がどこへ行くのか、とても楽しみだ。

今号のジャンプはどれも面白かった。来週が楽しみだ。

『マロニエ王国の七人の騎士』第1巻とか『妖怪マッサージ』第1巻とか、の感想とか。

Posted at 17/08/20

ここ数日読んだマンガ。




岩本ナオ「マロニエ王国の7人の騎士」第1巻。「金の国 水の国」で「このマンガがすごい!2017オンナ編で1位を取った作者の最新連載作。「金の国 水の国」のような寓話っぽい物語世界で、面白い。女騎士の子が7人兄弟で、「眠くない」だの「寒がり」だのという名前で名が体を表しているという部分が非常に寓話的なのだけど、それがストーリーにすごく生きていて魅力的な展開。「金の国水の国」が一巻完結であるのが少し物足りない感じだったのでもっと長いものが読めるというのが最大の楽しみ、という感じ。

ヤングジャンプ。「キングダム」。なんと西周が滅びる原因となった犬戎が登場。山の民とどこが重なりどこが違うのか。山の民の王・楊端和が警戒しているから、その強さは山の民とも張るのだろう。




モーニング。「ジャイアントキリング」。椿の成長物語の要素がこのマンガでは好きな部分で、これからも楽しみな展開になってきた。




20日に追加。19日夜に観たのが『僕のヒーローアカデミア』アニメ。今回は職場体験が終わって雄英高校に戻り、オールマイトからワンフォーオールの秘密とオールフォーワンの存在について話を聞くところ。




グラントリノに「誰だ君は?」と聞かれて最初は戸惑ったものの「デクです!」と元気よく答える場面、耳郎が出歯亀の峰谷に反撃くらわす場面など連載時からの見どころはいくつもあった。耳郎やはりいいな。




20日朝見たのが「ワンピース」アニメ。ルフィとクラッカーの戦いはまだ決着がついてないが、サンジがジェルマ66の強さの秘密を知るくだり。原作のジャンプで読んだときはそうも思わなかったが、アニメで見ると『新世紀エヴァンゲリオン』の綾波レイの秘密が明らかにされる場面がどうしても浮かぶ。まあクローン人間はエヴァ以前からあったと言えばあったけど。




神保町へ行って買ってきたのが押切蓮介原作・忌木一郎作画『妖怪マッサージ』1巻。これがめちゃくちゃ面白い。ろくろ首にマッサージして胸鎖乳突筋を見つけたり、雪女にマッサージして気持ち良すぎて溶けちゃったり。トイレの花子さんを改心させたりするのはもう何といったらいいか。相変わらず押切蓮介さんは凄い。

しかし忌木さんの絵は押切さんよりポップなので毒々しさが程よく中和されているところがまた遅効性の毒という感じでよろしくない感じで良い。押切さんの作品は中毒性があるが、中毒性が中和されてる感じもまた怖くてよい。

お盆週刊は単行本の発売もマンガ雑誌の発売も少なかったので感想も少なめ。

『ボールルームへようこそ』とか『潔癖男子!青山くん』とか。

Posted at 17/08/14

13日夜(から14日未明にかけて)に観たアニメ三本。書影は原作の該当部分(のあたり)

『僕のヒーローアカデミア』(8月12日放映、13日に録画で見た)




今回は全編アニ(メ)オリ(ジナル)、特に梅雨ちゃんの大冒険という回。マンガでは「密航者を逮捕した」と一言で言っていた話を膨らませて一回分の放送にした感じ。2クール分の終わりを調整するためもあると思うけど、面白かった。船長のゴマフアザラシもよかったが、タコのヴィランがなかなかどうして。『進撃の巨人』のリヴァイ班のネガポジではあったが、ヒロアカは基本的にそういうノリではある。アニオリとしては成功していると言えるのではないか。

「ボールルームへようこそ」(8月13日放映)

このアニメはは原作に忠実に作られている感じ。毎回あっという間に終わってしまうなあ。真子からの電話で思い切り踊れるようになり、「ダンサーの顔」になったというのがよかった。次回はもう天平杯か。マリサが出てくるのが楽しみ。

「潔癖男子!青山くん」(8月14日放映)

今回は、「唯一青山に触れる存在」の小田切さんが登場。天然美少女で学園のアイドル同士の「恋愛」にみんながやきもきするが、実は青山は小田切に対しては「普通のこと」ができるのが嬉しかった、というオチ。小田切が青山を「師匠」と呼ぶ理由が分かった。青山がバスケ部なのにシュートが入らない小田切にシュートを「教えた」ということだったとは。RPGの中の「青い山脈」の言動が青山の本音を表現しているという仕組みもギャップの激しさが改めて面白いなと思った。

夏アニメは3作見てるが、どれも面白い。

「早乙女選手、ひたかくす」3巻とか「とりかえ・ばや」12巻とか。

Posted at 17/08/12

8月10日。(木)お盆進行のため、Dモーニングとヤングジャンプはお休み。11日(金)が山の日の祝日のため、週刊漫画Timesが発売になった。

週刊漫画Timesでは「解体屋ゲン」だろうか。様々な問題のある大規模爆破解体。どういう展開になるのだろう。

10日(木)に購入したもの。
「早乙女選手、ひたかくす」3巻。筋肉バキバキ系の純情カップルというありそうでなかった設定。主人公の早乙女八重もとても魅力的で、もちろんこのキャラクターの存在がなければこのマンガは成り立たないのだけど、個人的にはその彼氏にしてトレーナーの月島サトルが好きだなと思う。トリックスターの紺野美都が登場したことで話の幅も広がってきたし、まだまだこれからが楽しみ。京都でのサトルの過去、どういうものかまあ想像はしてしまうが、きっと二人ならうまくやれるさ(by忌野清志郎)という感じなので楽しみだ。
「とりかえ・ばや」12巻。この物語も、男と女と入れ替わっていた睡蓮と沙羅双樹が元に戻ったらめでたしめでたし、かと思ったらその秘密を暴こうとする敵役の銀覚という僧侶が出てきて、その謀との戦いというフェーズが長く続いている。睡蓮は思い人の元女東宮=現朱雀院の女一宮と、沙羅双樹は帝となかなかハッピーエンドにならないでストーリーが続いているわけだが、次巻13巻ではついに完結ということで、そちらの方も先の楽しみがある。このストーリーを読み始めたのは「このマンガがすごい!」2014がきっかけだったから、もうずいぶん読んでるなと思う。
「響」7巻。凄腕アニメプロデューサーが響に照準を定めた。激しい展開になることは予想されるわけだけど、さてどうなるか。今回はリカが一発試験で免許を取った話とか、実はとんでもない万能少女であるということが語られ続ける。そのリカをして響は、ということなわけだけど。

11日(金)に購入したもの。

ダンジョン飯 5巻 (HARTA COMIX)
九井 諒子
KADOKAWA / エンターブレイン
2017-08-10


「ダンジョン飯」5巻。ファリンが連れ去られてしまって驚いた。ただもう帰るだけの展開かと思ったら。それにくわえて、面倒臭い正義感を持った人間は面倒臭い、という印象。
「文藝春秋」9月号。芥川賞受賞作・沼田真佑「影裏」と選考委員の選評が掲載されているので買ったのだが、まだあまり読んでいない。ツイッターを見てたら候補作に上がった台湾出身の温又柔さんが宮本輝さんの選評に憤慨しているツイートがあって、該当の部分だけ読んだのだが、ちょっと宮本さんの時代とのずれを感じざるを得ない、ということがあったりした。

まめに更新して行かないとどんどんたまってしまう。時間はないけどなるたけ更新していこうと思う。

こちらもよろしく

文化系ブログ
アート、小説、音楽、そして映画NEW

史読む月日
歴史のこと、歴史に関わる現代のことなどNEW

個人的な感想です(FC2版)

個人的な感想です(ameblo版)
漫画・アニメの感想などNEW

私のジブリ・ノート
ジブリ作品の感想・考察などNEW

生きている気がするように生きること
自己啓発、事業、ガジェットメモ、服装メモなどNEW

Feel in my bones
心のこと、身体のこと、その他のこと、そしてつぶやきNEW

スタジオみなみ
小説作品サイト

少女タイラント(仮)
小説の断片ブログ

本探し.net

本探しブログ

本を読む生活

読書案内ブログ

プロフィール

profile

author:Kosuke Hotta (kous37)
sex:male
age:54
single again
address:Tokyo,Japan

自己紹介

電子書籍のご案内
KOBOストアで買う

堀田俊夫著作集

月別アーカイブ

Powered by Movable Type

Template by MTテンプレートDB

Supported by Movable Type入門

Title background photography
by Luke Peterson

2017年08月

    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    
 今日の点取り占い  点取り占いブログパーツ
kous37
携帯百景 - kous37
携帯百景

Powered by ついめ〜じ

電子書籍のお知らせ

リンク

blogram投票ボタン
にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ


以下はamazonインスタント
ストアを利用しています。
詩の本のお店
2007年に取り上げた本
面白そうだな、読みたいな
アンジェラ・アキ ストア
玉姫伝説
白洲正子コレクション
小林秀雄コレクション
村上春樹の森
プーシキンを読もう!

モーニングページ、アーチストデートなどはこの本で。
野口整体について、入門的な内容を網羅しています。


ブログパーツ
全順位
ブログパーツ

全順位
あわせて読みたい

フィードメーター - Feel in my bones
total
since 13/04/2009
today
yesterday