パーソナリティ障害について学んでみようと思ったこと。

Posted at 18/07/30

いろいろ思うところがあって、少し「パーソナリティ障害」について勉強、というか先ずは本を読んでみることにした。

心理学、あるいは精神医学というものに対し、私は今までかなり偏見を持っていて、どのくらいのことが分かっているのかあるいはどのくらいの有効性があるのかについて疑う気持ちの方が強く、また「人間」に対するアプローチとしてこちらの方面からのアプローチの「価値」のようなものを、文学や哲学、あるいは宗教に比べて低く見積もっているところがあった。

これは文系あるいは表現系の人の中にはそれなりにある傾向ではないかと思う。

心理学にしろ精神医学にしろ、目標は「個人の社会への適応」であり、大ざっぱに言えば社会の側から個人を変えようという試みであるように思う。それに対し、文学や哲学・宗教は個人の側に立ち、個人の救済を図る試みであるように思う。そちらのサイドに自分は立ちたい、という思いが強かったように思う。

このことはそんなに簡単には掘り下げられないが、他にも人権思想の立場から個人を尊重するという法思想的な運動方向もある。しかしこれも大きくは社会の側からのアプローチであることもあり、必ずしも個人の側がうまくそれと接しきれないところもないわけではなかった。また、アプローチをかける側も個人への理解が最終的な目的ではないのでやや傲慢になるところもあったように思う。

最近になって、というか歳を取ってそういう若さゆえのこだわりみたいなものが薄れてきたということもあるのか、以前は否定していた「社会の側からの個人へのアプローチ」も見直してもいいかもしれないという気持ちも出てきた。

今考えてみると、そのためのステップになったのが経済学の有効性について見直す機会があったことだろう。

日本の左派は、国民の貧困問題が解決したかに見えた70-80年代くらいに、経済の問題にあまり言及しなくなり、マイノリティの権利など経済より政治的な方向へのコミットが中心になるとともに、経済への関心を急速に失っていった。むしろ、経済はお金に関することであり、お金に関して言及するのは汚い、という風潮が強くなってきていた。

私は左派的な環境の中で育ったこともあってそういう影響はかなり受けていて、経済政策が国民生活に大きな影響を持つという実感をあまり強く持てないでいた。その蒙を開いてくれたのが毎日新聞の栗原裕一郎さんへのインタビュー記事だった。

アベノミクス=金融緩和政策がなぜ効果を上げたのか、今までなぜそれが行われなかったのか、栗原裕一郎さんのインタビュー記事を読んだのをきっかけにいわゆる金融緩和派の方々の言説を読み、ブレイディみかこさんらの言説を読んでヨーロッパの左派ではそれが主に主流の経済政策になっていること、日本は野党が新自由主義政策の方に振れたために返って保守の安倍政権によってそれが実現され、しかし大企業や資産家の支持をも集めるがゆえに政策としてぶれたものになっている現実などを読んだ。

古典派経済学が1930年代の大恐慌を克服できなかったためにケインズ派が先進国の主流となったが、1970年代オイルショック後のスタグフレーションをケインズ派が取り扱えず、新古典派の構造改革・成長戦略路線にとってかわられたこと、しかしケインズ派でもケインズの著書にある「流動性選好」の再発見などがあって、「失われた20年」の不況を抱える日本に対し有効な処方箋を書き得たこと、など、現代社会におけるマクロ経済学の重要性について見直すことができた。

このことは、自分が世界を認識するための足場を広げてくれたように思う。そして、そのほかの分野についても知っていきたいと思うようになってきた。

心理学・精神医学についていろいろと読んでいると、私は結構いろいろなものに対して好き嫌いがあるのだが、好き嫌いによって学んだり学ばなかったりするのはあまりよいことではないと思うようになってきたのだが、その心理学の「隠れた主張=人間はバランスが重要」に対する拒絶感が弱まってきたのはそういう経済学に対する認識の変化があったからだと思っている。

私の高校大学時代に一番一般に読まれていた心理学はフロイト派だったと思うが、大学で心理学をやろうとするとネズミの実験、つまりワトソン派行動主義になってしまうというのがあって、心理学自体にはあまり関心は持てなかったのだが、河合隼雄氏の著作を読んでユング派には心魅かれるものがあった。とはいえ、著作を読むこと以上に踏み込んでは学習しなかったけれども。

近年になって様々な精神病理的な背景を感じさせる事件が起こり、それとともに心理学・精神医学系の一般書・啓蒙書も様々に出版されたり、アメリカにおける犯罪のプロファイリングなど精神医学を実際の法秩序維持に生かそうとする動きがあったり、私の周辺でも学習障害について勉強する人、臨床心理士の資格を取ってカウンセラーになったりする人がいたり、そのほか心理学や精神医学について知っておくべきだと感じさせることがいろいろにあったりして、学ぶ動機のようなものは知らず知らずのうちに蓄積されていったように感じる。

今回、パーソナリティ障害について少し読み始めて思ったのは、人間には色々な人がいるけれども、そういうことに対する圧倒的な蓄積というものが、この分野にはあるということだった。それをどう判断するか、何が妥当か、そこからどういう理論を組み立て、どういう治療を含む救済策を取るのかということは難しいことも多いけれども、圧倒的な量の事例の蓄積に関しては読んでいてすぐ感じ取れることができた。私個人が体験してきた人間との出会いは、決して少なくないと私自身は思っているけれども、それでもこの学問分野・臨床分野全体が蓄積してきた事例数と比べれば圧倒的に少数なのは当たり前のことで、新たに出会った人に対する戸惑いがこれらの分野を学習することでそれなりに軽減しうる可能性があるのではないかと思うことができた。つまり、理論科学としての面にも増して経験科学の面での重要性を認識したということだ。

私は結構占いなどが好きで、占い師の方々が書いた本などもそれなりに読むのだが、そこには占い師の人たちが接してきたクライアントについていろいろと書かれていて、その事例が彼らの占いのある意味での根拠を補強しているわけだけど、やはり事例量の厚さに関しては心理学・精神医学という学問分野の蓄積には及ばない。まああたりまえのことだけど。

経済学に関しては高校や大学初年度の講義やそれなりにではあるが自分で読んできた蓄積があるから少しは理解できたということもあるのだけど、心理学や精神医学については一番初歩のところから学び直さないといけないなと感じている。

とりあえずそのために買った本は岡田尊司『パーソナリティ障害』(PHP新書、2004)。先ずこの本から読んでいる。最初はKindleで読み始めたがKindleは私にとってマンガ以外はどうも読みにくいので新書版も購入した。それから町沢静夫『自己愛性人格障害』(駿河台出版社、2013)。最初は自己愛性パーソナリティ障害に関心を引かれたのだがいろいろ読んでいるうちにパーソナリティ障害(人格障害)はカーンバーグによれば強迫性・回避性・依存性・演技性・自己愛性・妄想性・ジゾイド・境界性・反社会性・失調型と分れて記述されているけれども共通する要素も多いようなので、自己愛性に限らず学んでみた方がいいと考えるに至った。

それから春日武彦『援助者必携 初めての精神科 第2版』(医学書院、2011)。これは医療者・援助者の立場から患者・対象者とどう接していくかという視点で書かれていて、人格障害だけでなく統合失調症やうつ病、アルコール依存症などについても取り上げられている。このあたりのことに関しては私は常識的なことしか知らないけれども、むしろ「医療者・援助者」がどういう姿勢でこの問題に対しているのかということを知ることが重要のように思った。

自分のような立場では対象者に対する対し方も知っておいた方がいいけれども、医療者援助者に対する対し方もまた、知っておいた方がいい場合もあるかもしれないとも思ったこともある。

ほんとうは『DSM-5 精神疾患の分類と診断の手引』(医学書院、2014)も買おうと思ったのだが、もう少し勉強してからの方がいいと思い、今回は買わなかった。

少しずつ読みながら勉強していきたい。

ツイッターで通知がたくさん来てびっくりした

Posted at 18/07/26

ここのところ暑さが続いていたが、今朝は少し涼しくて、着るものの調整が難しい。今朝はこれから職場に出てそのあと山を越えて母の病院に行く。仕事も忙しいのだが家の周り関係のことが立て込んでいたのもだんだんおさまっては来たが、まだまだこれからだ。なかなかじっくり文章に取り組んだり本を読む時間が取れないので、マンガのことを書いたり少し思ったこと、身の回りのことなどを書いたりするくらいなのだけど、なんとか毎日少しでも書こうと思っている。

朝起きたらツイッターの通知が90件以上になっていて、かなり前にツイートしたことに対する反応があったようで、ちょっとじっくり読んでその内容を考えてから私の考えるところを書きたいと思うのだが、今あまり時間が取れないので書くのは少し先になると思う。いや、少しずつ感じるところを書いて行くかもしれない。

昨日買ったビッグガンガンは「ユーベルブラット」と「SHIORI EXPERIENCE」が休載で、少し残念だった。「薬屋のひとりごと」3巻と「彼女の腕は掴めない」3巻も買ったのだが、まだ読めていない。

自分の幸運な部分を愛する

Posted at 18/07/25

今日は自分自身のことで色々考えていることがあったのであまり書く内容がないのだが、自分自身のことはもう少し自分の中で定着させてから出ないと書けない感じなのでこれはまたの機会にしたいと思う。

どこも夏休みが始まって人の流れが変わってきているが、昨日は東京から長野県に新宿正午発のスーパーあずさに乗ったのだけど思いの外空いていた。普段の夏休みなら子供連れで賑わうところだが、今年はあまりに暑いので帰省・行楽客が二の足を踏んでいるのだろうか。

東京は連日35度以上あって暑くて仕方なかったが、しばらくいるうちに過ごし方のコツみたいなものも少し見えてきてはいた。しかし冷房の中に入ってばかりいたせいか喉が調子が悪くなったり、試行錯誤は続いていた。

昨日諏訪に来てこちらに来てみると仕事が溜まっていて昨日は細々したことを一度にたくさん片付けたのだが、ちょっと変に気合が入ってしまったせいか夜更かしをしてしまい、その結果睡眠をきちんと取れずに今朝はちょっと睡眠不足の感じになっている。

いつの間にか月末で、月末の仕事も追いかけてくる中夏季の仕事もそれぞれにあり、年間通しての仕事も増える時期で、この時期の暑さは堪えるのだが、たまたま営業に来た人に勧められて職場のエアコンを交換したおかげでちゃんと冷えるようになり、この辺りは大変ラッキーだった。話を進めるのがもう少し遅ければエアコンの取り付けが8月末とかになった可能性もあったようで、まさかこんな酷暑になるとは思わなかったから営業がこなければエアコンの交換はしなかった可能性が強く、世の中幸運というものはあるなと思う。

世の中色々幸運というものはあるのだけど、それが何のおかげなのか、ちゃんと意識しておくことは大事だなと思う。なんだかんだいって人のおかげで生きてこられているところはあって、様々な不具合が出てきているのはそれらのことを踏まえた上で一歩踏み出す必要もまた暗示しているのだろうと思う。自分の幸運を素直に認められなければ前に進めない、というのは「ドラゴン桜2」に書いてあったことだけど、実際そこのところが自分に足りてなかったなと今日は色々考えていて思った。

正直人間、生きてこられただけで幸運ということはあって、なぜ生きてこられたのかを考えて、不幸からは降りて、その幸運に乗って生きていく、自分の幸運な部分を愛するということは大事なことなんじゃないかと思った。

又吉イエス氏/『天国大魔境』など/第一教科書・日比谷図書文化館・麦藁帽子/「運に乗れ」

Posted at 18/07/24

毎日暑いが、今朝は少し曇っていたせいか、今までは涼しかった。8時で27.6度。しかし晴れてきたのでこれから気温は上がりそうだ。でも少しでも朝夕が涼しいというのはありがたい。

昨日のことを書こうとPCの前に座ってツイッターを見ていたら又吉イエス氏の訃報が飛び込んできて、ついいろいろ調べてしまった。又吉氏と言えば神がかったことをいう泡沫候補として有名だが、いろいろ調べてみるとそれだけでは語りつくせないものがあり、本当はどんな人だったのかもしノンフィクションの本になれば、これは読んでみたい存在だと思わざるを得なかった。氏の主張に同意できる部分は少ないが、氏の存在は今の日本にあってある種特異な光を放っているように思われる。
この週末週初に買った作品はツジトモ『Giant Killing』48巻、石黒正数『天国大魔境』1巻、三田紀房『ドラゴン桜2』2巻。ジャイキリは椿はほとんど試合に出ないが花森とのやり取りがいい。
『天国大魔境』はアフタヌーン連載で最新の8月号分まで収録されていて、明日25日の発売の9月号で続きが読めるという仕儀。この人は鶴田謙二さんをはじめ大友克洋さんら様々な作家さんの影響を感じるのだが、何というか今までの世界と接続しながらも今までにない何かが読めるような期待がある。ヒッピーの村の扱い方とか、どんな方向へ行くか。
『ドラゴン桜2』は以前の「第一部」が完全に偏差値の低い、反抗的な男女の生徒二人を特訓で東大合格に導くという話だったのに対し、今回は割と「どこにでもいる」夢見がちで飽きっぽい女子生徒と自分に自信が持てない弟にコンプレックスのある男子という設定で、第一部のハチャメチャな面白さはないが、現代的な小道具もたくさん使われていてある意味こちらの方がリアリティはあるかもしれない。特に早瀬に対する「運に乗れ」という言葉はぐっとくるものがあった。

昨日はツイッターで知った大久保の「第一教科書」に行ってみようと思って出かけたのだが、とにかく暑くて歩くのが危険な感じ。髪がそろそろ伸びているのに気がつき、先に散髪に行くことにして、日本橋で降りた。私は髪の量が多いので、夏はいつももわっとするのだが、今年は例年にも増してなのでかなり梳いてもらってだいぶ頭が軽くなった。散髪を済ませて、久しぶりに榮太楼に行ってお昼でも、と思ったのだがあまりの日差しの強さに少しでも歩かないで済むところで、と丸善裏の稲田屋で海鮮丼など。美味しかった。最近あまり人とご飯を食べたりしないので新規開拓を怠っているのだが、やはり新しいおいしい店を見つけること自体はもっと楽しんでやった方がいいと思った。

そのあと丸善でマンガと帽子を少し見て、東京駅まで歩く。北口通路、以前はよく買っていたお弁当屋さんがあったあたりに紀伊国屋とイートインできるベーカリーが出来てて、まあエキナカはこんなふうに進化するんだなあとちょっと残念に思ったり。中央線に乗って最初はお茶の水で乗り換えようと思ったが座れたので新宿まで行く。新宿で総武線に乗り換えて一駅、大久保で降りるとむわっときた。アプリで気温を確かめると37度を超えていた。青梅では40度を超えたという。(結局最高40.8度)

第一教科書では教科書準拠の問題集を少し見て、また向かいの教科書の売り場も少し見たが、問題集を少し買っただけ。もう少し戦略を練ってからきたらよかった。大久保で総武線に乗り、四谷まで。丸の内線に乗り換えたが乗換口が端だとは思ってなかった。地上なので暑い。乗車して霞が関まで。地下を歩いて日比谷公園に出たが、トイレの前にたくさん人が集まっていて、一瞬テロか何かかと思った。

日比谷公園で池の噴水の前を過ぎて日比谷図書文化館へ。久しぶり。冷房がよく聞いていて涼しく、月曜の日中だというのに人がたくさん。まあ、夏休みに入ったということで受験生と老人が多いのは当然なのだが、生産年齢の人も結構いた。私は中国史の本を少し読んだり涼んだりしていたがけっこうiPhoneを見ている時間の方が長かった。それでは何のために図書館に、という感じもするが、やはり図書館というのはある思想によってできた施設なので、その思想を呼吸するというような意味があると思った。本当に古い本はそうはないが、昭和の後半から平成にかけての少し古い本が一定の秩序で並んでいて、そこには新刊書の書店にはない雰囲気がある。また売り物が並んでいる古書店とも違う。借り出すことはできるが自分のものにはならない少し古い本。自分の知らなかった少し前の世界の秘密がそこに書かれているような感じがする。

少し冷えてきたので帰ることにして、その前にと地下でケーキと飲みもの。ここでも結局いじってたのはiPhoneだった。本を読んでいてもふと調べたいことが出てくるとiPhoneをいじる癖がついているので、調べているうちにおっと思うものを見つけてしまったりするのでなかなか本に集中できない。少し時間を潰して出てきたが、こんな気候でなければ公園を歩いて銀ブラして街を冷やかすところなのだが、と思いながら丸ノ内線に乗って東京駅に出た。

新丸ビル地下の成城石井で晩御飯のネタを買って、オアゾの丸善へ。以前見た麦わら帽子がまだあるかと思って見に行ったら、高いのしかなかったが、とりあえず買った。8000円と書いてあるところにあったのでレジに持っていったら1万円。置く場所が隣にずれていたらしい。本気で帽子屋へ行って探せばもっとあったのだろうけど、今回はこれでいいことにした。

昨日はだいぶ歩いて夜も早く寝た。最初は除湿にして寝ていたがどうものどの調子が悪いので止めて窓を開けて寝たら割合よく眠れた。ぶつ切りの眠りではあったけど。やはり時々には自分のやりたいことを楽しんでやらないといけないと思ったし自分という人間のいるべき場所を確かめる場所に行かないといけないとも思った。少しはそういう余裕も出て来たということでもあるのだろうし。第一教科書とかに行ってわくわくするというのも仕事だけではなく人の工夫のようなものが見られるのが楽しいという面もある。図書館にいると、自分のいるべき場所の近くにいる感じがする。「運に乗れ」という言葉の通り、良い流れに乗り、それを強くしていきたい。

こちらもよろしく

文化系ブログ
アート、小説、音楽、そして映画NEW

史読む月日
歴史のこと、歴史に関わる現代のことなどNEW

個人的な感想です(FC2版)

個人的な感想です(ameblo版)
漫画・アニメの感想などNEW

私のジブリ・ノート
ジブリ作品の感想・考察などNEW

生きている気がするように生きること
自己啓発、事業、ガジェットメモ、服装メモなどNEW

Feel in my bones
心のこと、身体のこと、その他のこと、そしてつぶやきNEW

スタジオみなみ
小説作品サイト

少女タイラント(仮)
小説の断片ブログ

本探し.net

本探しブログ

本を読む生活

読書案内ブログ

プロフィール

profile

author:Kosuke Hotta (kous37)
sex:male
age:54
single again
address:Tokyo,Japan

自己紹介

電子書籍のご案内
KOBOストアで買う

堀田俊夫著作集

月別アーカイブ

Powered by Movable Type

Template by MTテンプレートDB

Supported by Movable Type入門

Title background photography
by Luke Peterson

2018年07月

1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
 今日の点取り占い  点取り占いブログパーツ
kous37
携帯百景 - kous37
携帯百景

Powered by ついめ〜じ

電子書籍のお知らせ

リンク

blogram投票ボタン
にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ


以下はamazonインスタント
ストアを利用しています。
詩の本のお店
2007年に取り上げた本
面白そうだな、読みたいな
アンジェラ・アキ ストア
玉姫伝説
白洲正子コレクション
小林秀雄コレクション
村上春樹の森
プーシキンを読もう!

モーニングページ、アーチストデートなどはこの本で。
野口整体について、入門的な内容を網羅しています。


ブログパーツ
全順位
ブログパーツ

全順位
あわせて読みたい

フィードメーター - Feel in my bones
total
since 13/04/2009
today
yesterday