大塚ひかり「女系図でみる驚きの日本史」続き。

Posted at 17/09/20

大塚ひかり「女系図でみる驚きの日本史」読了。感想続き。
 



第5講は母親の地位による子供たちの処遇の違いについて。同じ天皇の子供でも、誰の子供かによって(中宮腹、女御腹、更衣腹)その後の境遇が違って来ると。それはある程度常識にはなっていると思うけど、光源氏ですら更衣腹であったことで天皇になれなかったと作中で指摘されている、というのはそういえばそうだったなと思ったし、考えてみればエグい話なんだなと思った。

それからこちらも認識を新たにしたのが藤原道長の二人の正妻とその子たちのこと。あまりはっきり認識していなかったが藤原道長のふたりの正妻のうち、倫子腹の子供が男子は正五位下から始まり摂関になり女子は中宮になっていて、明子腹の子どもが男子は従五位上から始まり出世も遅く、女子は小一条院や源氏の室になっている、ということ。これは、特に女子の方はあまり明確に意識していなかった。道長は倫子と同居しているから倫子が正妻で明子は別宅という感じだろうけど、そんなに差がついているのだなあと。御子左家も家祖の長家も決して悪い生まれではないということは改めて思ったが、摂関家との差はそうやってついたのだなと。

また、平安時代のモテ男といえば在原業平な訳だけど、摂関期にもおそるべきモテ男がいたこと。小式部内侍の「大江山」の歌のエピソードに出て来る藤原定頼という男が当時の才女を総なめにしたイケメンだったと初めて知った。一番すごいと思ったのは「宇治拾遺物語」のエピソードで、関白教通が小式部内侍のもとに通っていたとき、鉢合わせした定頼がお経を誦しながら帰ったところ、その美声を聞いた小式部が感動して泣いてしまい、教通が面目丸つぶれになった、という話。

定頼といえば(名前も認識していなかったが)大江山のエピソードから単なる軽薄なバカ男としか認識していなかったのだけど、このように改めて示されると舌を巻くような、というかむしろマンガのようなモテ方で、これは是非誰かがマンガ化して欲しいなと思った。絶対面白いし、また平安時代に対する関心が高まるのではないか。

そのほか斎宮との密通のこと、また院政期の男色のこと、鎌倉期の貴族の性的退廃が最高権力者=天皇の父という構造(いわば父性原理か)に由来することを手塚治虫「奇子」の例を引いて解いていて、なるほどと思った。この辺私も「増鏡」を読んでなんだかすごい時代だなと思ったことがある。学校で教えられる武士の歴史とは全然違うのだよね。この辺りの描写(補講3〜第8講あたり)を読んでいると、本当に男も女も権力の道具にされていて、それをまた従容と受け入れているというか、また逆に自分が権力を握るとすごいことになるというか、フランスやイタリアでもヴァロワ朝末期とか結構すごいのだけど、ある種の退廃の相にある人間集団の一つの姿のようなものを見せられた感じがした。

それと対照的なのが武士の権力構造で、後家に強い権力が集中していたと。武家における後家の権力については以前、講談社現代新書で(今本が手元にないので書名がわからない)読んだことがあったが、それを授けるために自分の妻を息子に(もちろん母は違う)与えるというのを読んでなるほどと思った。また、源義経の母の常盤御前は一般に身分が低いとされていたが、実は事実上義朝の「唯一の後家」として厚遇された、という主張も目からウロコだった。何れにしても、徳川政権が成立するまで、武家において女性の力はかなり強かったことは間違いない。

また徳川家の徹底して外戚を作らない政策も指摘されてなるほどと思うところがあった。

男色や院政期の軽んじられた貴婦人の性の描写のあたりはやや苦手ではあったが、まあそれもまた人間の相の一つだなということもまた、逆説的だが歴史から学べることの一つかもしれない。

大塚ひかりさんの「女系図でみる驚きの日本史」を読んでいる。

Posted at 17/09/19

大塚ひかり「女系図でみる驚きの日本史」(新潮新書)読んでる。まだ92/218ページなのだが、いろいろと面白い指摘があって、肩の凝らない読書という感じで楽しく読んでいる。
 



日本の系図は基本的に男子直系相続という感じで書かれていて、婚姻関係や女性についてはあまり書いてないことが多い。これは大人になって割と意外に思ったことで、子供の頃読んだ子供向けの「日本の歴史」にはちゃんと女性や婚姻関係も含めた系図が書かれていたので、むしろその方が例外的だったのかと後で知った。

この本ではそういう婚姻関係、特に女系の家系をたどることで今まで見えて来ていない歴史の断面が見えてくるという指摘があり、なるほどと思わされるところがいくつかあった。

第1講〜第10講と市民講座的な感じの章立てになっていて、第1講は「平家は本当に滅亡したのか」という章題。平家は滅亡したと言っても平清盛の血筋は娘の冷泉隆房室・花山院兼雅室を経由して現在の皇室にもつながっているし、「とはずがたり」の作者後深草院二条も清盛の子孫になる。鎌倉時代に平家を偲ぶ作品がたくさん作られたのは、作った本人が平家の関係者であるだけでなく読み手もその子孫たちだった、という指摘はちょっと目から鱗だった。

実際のところ、源氏の方が一族の討ち合いが多く、頼朝の子孫は滅びているが、わずかに頼朝の妹(姉?)の坊門姫が一条能保の妻となり、摂関家に源氏の嫡流の血筋を残している。これは中学生の頃から知っていたのだが、40年前はまだ圧倒的に源氏人気の時代で源氏の子孫には興味があっても平家の子孫について触れた本があまりなかったせいだろう。

補講その一では聖徳太子即位説に触れている。これは史学的にはほぼ顧みられていないようだが、状況証拠(隋書倭国伝、聖徳上宮法王帝説など)で実際の王位についていたのは聖徳太子だとみなす根拠はないでもない。しかし実際に即位したという記録が皆無なのでそのところは弱いが、素人としてはそういうことがあってもおかしくないなとは思った。

それから第4講の紫式部の子孫が繁栄しているという指摘。これもあまり考えたことがなかったが、彼女の娘の大弐三位は賢子という実名が伝わっている。これは後冷泉天皇の乳母で三位という高位(男ならいわゆる公卿だ)にあったことからだと思うのだが、栄花物語では父の名でなく「紫式部の女」として紹介されているという。これはつまり紫式部の「功績」=源氏物語の作者であることが有利に働いたからだ、という指摘も面白いが、この時代の乳母が大きな権力を握り、特に天皇の母の家系が権力を握る摂関期を過ぎて天皇の父の家系が権力を握る院政期に入ってからの乳母及びその一門の権勢は絶大だった、という指摘は面白かった。

院政期から鎌倉時代になると摂関家を始め家の家格が固定化していくと外戚であることが意味を持たなくなるから天皇の母は上級貴族でなく中級貴族が出すようになる、ということは言われていたが、乳母が権力を握ったこととの関係はどういう感じなのだろうか、ということを思った。

何れにしても女系の流れ、ということに興味があったからこの本を手に取ったのだけど、思ったよりこの話は日本史の奥深くに関係していくことなのではないかというのが途中まで読んだ時点の感想だ。

大今良時「不滅のあなたへ」と諸星大二郎「無面目」/「ボールルームへようこそ」第2クールへ!

Posted at 17/09/18

最近読んだマンガ、見たアニメ。
大今良時「不滅のあなたへ」4巻。とてもよかった。グーグーとリーンとの物語は悲しい話で終わった、というかこの作品の性質上、おそらく高い確率で一つのエピソードは悲しい話で終わるのだけど、その人に変化できることを持ってその人が死んだことを知る、というのは確かにとても悲しい。そしてこのエピソードがはじまった時に比べてはるかにフシが人間らしくなってしまったところが、特にその悲しさを大きくしているのだろう。

特に悲しかったのは、マーチの姿の時にやられてしまうことによってマーチの記憶を無くしてしまう、という点。そしてそのことを知った時に、フシは大切な人たちの記憶を無くさないために強くなる、と決意する。無限の存在だったフシが徐々に人間になって行くことによって変化して行くのは、良いことなのかよくないことなのか、今の時点では分からないが、諸星大二郎「無面目」の純粋な叡智の神・「混沌」が人になることによってついに死んでしまう話に通じるものを感じている。ただ大今作品は諸星作品とはまた違うものになるだろうし、この先の展開も楽しみにしたい。


無面目・太公望伝 (希望コミックス)
諸星大二郎
潮出版社/usio publishing
2015-07-31


少年ジャンプ。「ワンピース」は仲間を先に脱出させ、自分は鏡の世界でカタクリと一騎討ち、という選択をするルフィの話。話をうまく進めるとともに見せ場を作った、尾田さんお得意の展開。

「僕のヒーローアカデミア」は、やくざ者のオーバーホールを追い詰めていくヒーローたちだが、どんどん手負いが増えていく展開。一方その戦いから離脱したヴィラン連合組は何か企んでいる。追い詰められたオーバーホールは最後のあがきで異形の姿に。こちらも展開が読めない。

「鬼滅の刃」は上弦の鬼との戦い続く。鬼の食糧庫への侵入に成功した猪の助が帯に封じ込められてぐっすり眠り込んでる善逸を発見する、というのが深刻なのに間が抜けてて可笑しかった。こういうところは上手いなと思う。

「ハイキュー!」はリベロの名手である西谷が宮侑のジャンプフローターサーブに追い詰められていく感じがえぐい。また月島の決まったと思ったブロックがかいくぐられて角名にスパイクを決められたのが、なぜそうなったのかという謎が残ったままになった。第1セットは日向は上手く相手の攻撃や守備に適応して行ったけど田中が稲荷崎の標的になり、最後にはアタックを決めるけどかなりやばい、という展開になったので、2セットの「主人公」は西谷かもしれない、と思っている。でもそれだけでは終わらないだろうな。さてどういう展開になるか。
アニメ「僕のヒーローアカデミア」。期末テスト続く。何組かあったけど、やはり今回は峰田の活躍だっただろうな。そして次週は本命のオールマイトvs緑谷・爆豪組。原作を読んでると演出やアニメオリジナルの部分が気になるが、まあこんなものだろうか、とは思う。




アニメ「潔癖男子!青山くん」。財前の母とのエピソードで、最終回らしくいい話だった。とはいえ次週も第9話を副音声でオーディオコメンタリー付きで放送するとのこと。BDの特典とかではよくあるが、どういう感じのものになるか。


アニメ「ボールルームへようこそ」。こちらは第1クール最終回。このアニメは原作の描写を活かしてとてもよい作品になってると思う。天平杯の大逆転の演出もよかった。しかしラストでいきなり高校の合格発表まで持って行って、ちょっと驚いたがここで第2クールがあることを知った。嬉しい。ということは緋山千夏が出る、ということだが、まだキャストも発表になってないようで、いろいろと楽しみだ。そして第2クールでどこまで行くかも。普通に考えれば夏の合宿までだろうか。

季節の変わり目、TVアニメも夏アニメから秋アニメへと移っていく。

「神様のバレー」。虚々実々の駆け引きが楽しい。

Posted at 17/09/15

「神様のバレー」週刊漫画Times。最近、掲載のあるときは楽しみにして読んでる。主人公は天才的な策士のバレー指導者だが、いまその「幸大学園」が対戦している「藤代台中学」の指導者もこれまた策士。選手たちも相手を読みながら鍛えられた技を披露していて楽しい。虚々実々。中高年向けと言われている週刊漫画Timesで中学バレーというのもどうなのかなという気もしていたが、単行本も14巻。長寿連載作品になってきた。
今気がついたが、週刊漫画Timesは来週発売が休みで次号は29日発売。シルバーウィークを意識した発行予定になっているようだ。今年はシルバーウィーク、ないんだけど。土曜が秋分の日だから月曜も休みにならないんだな。

「まどろみバーメイド」。また魅力的な女性が出てきた。屋台を作ってくれた「なんでも修理工場」の祥子さん。そして屋台に屋号がついた。「Bar Satellite」。いい感じ。

「デリバリー」デリドラの桜坂は業界では泣く子も黙る女性ドライバー。しかしその名を語る美人局が現れ・・・。今回も話が面白くできていて思わず笑ったところがいくつかあった。

「ぴりふわつーん」。物語が動き始めた。プロジェクトに反対するのは香の優秀な叔母・番上紅珠(はがみ・くみ)。その叔母をどう説得するか。叔母が食べるのは好きなのに少食だという悩みを抱えていることをヒントに、作戦を立てて、と。こういう展開の方が読みやすいな。

「社畜と少女の1800日」。ゲームに夢中の優里ちゃんが可愛い。

こちらもよろしく

文化系ブログ
アート、小説、音楽、そして映画NEW

史読む月日
歴史のこと、歴史に関わる現代のことなどNEW

個人的な感想です(FC2版)

個人的な感想です(ameblo版)
漫画・アニメの感想などNEW

私のジブリ・ノート
ジブリ作品の感想・考察などNEW

生きている気がするように生きること
自己啓発、事業、ガジェットメモ、服装メモなどNEW

Feel in my bones
心のこと、身体のこと、その他のこと、そしてつぶやきNEW

スタジオみなみ
小説作品サイト

少女タイラント(仮)
小説の断片ブログ

本探し.net

本探しブログ

本を読む生活

読書案内ブログ

プロフィール

profile

author:Kosuke Hotta (kous37)
sex:male
age:54
single again
address:Tokyo,Japan

自己紹介

電子書籍のご案内
KOBOストアで買う

堀田俊夫著作集

月別アーカイブ

Powered by Movable Type

Template by MTテンプレートDB

Supported by Movable Type入門

Title background photography
by Luke Peterson

2017年09月

          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
 今日の点取り占い  点取り占いブログパーツ
kous37
携帯百景 - kous37
携帯百景

Powered by ついめ〜じ

電子書籍のお知らせ

リンク

blogram投票ボタン
にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ


以下はamazonインスタント
ストアを利用しています。
詩の本のお店
2007年に取り上げた本
面白そうだな、読みたいな
アンジェラ・アキ ストア
玉姫伝説
白洲正子コレクション
小林秀雄コレクション
村上春樹の森
プーシキンを読もう!

モーニングページ、アーチストデートなどはこの本で。
野口整体について、入門的な内容を網羅しています。


ブログパーツ
全順位
ブログパーツ

全順位
あわせて読みたい

フィードメーター - Feel in my bones
total
since 13/04/2009
today
yesterday