「OnePiece」20周年とか/「世界史を創ったビジネスモデル」とか

Posted at 17/07/18

このところ、マンガの感想は比較的書けている。そのほかのことが滞っていることが多いのだけど。

この三連休は月曜休みだったのでジャンプが土曜日に発売。今週のジャンプはOnePieceが連載20周年ということで企画が盛りだくさん。
OnePiece。第872話「とろふわ」。魚人島で出てきた玉手箱の爆弾が爆発し、ホールケーキ城が倒壊。しかしそれをシュトロイゼンの能力でケーキに変化させ、ビッグマム海賊団は危うく全滅を逃れる。しかし麦わらの一味、ファイヤタンク海賊団はまんまと逃走に成功。ジェルマ66がどうなったかはいまいちよくわからない。麦わらたちを追いかけようとするマムの子供達だが、ビッグマムに異変が。というところで幕。相変わらずよくこんなストーリーを考えるなという感じ。それに説得力を持たせるのがすごい。本当にあんなでかい城が倒壊したらたとえケーキになったとしてもみんな死んでしまうと思うが、そこはマンガなので。そこら辺の虚実皮膜の調整が、実はすごく上手いのだと思う。島袋光年氏による尾田さんとの思い出まんが。これも結構面白かった。

ヒロアカ。切島の中学時代。目立っていた芦戸三奈に比べ、地味で気持ちも負けていたという思い出をずっと引きずっていたことが、今までの意外な消極性の裏にあったことが判明。こういうところうまいなと思うが、なんか大丈夫なのかという感じ。ネバラン。1000年前からの真実。ソーマ。緑茶をめぐる美作と久我の共闘。ブラクロ。キルシュとアスタのやりとりが可笑しい。でも見所はフィンラルとランギルスの戦いか。ロボ。コメント難しいな。鬼滅の刃。蝶屋敷に乱入した柱・宇髄天元。いく先は。クロアカ。なんかラブコメの王道だな。

ハイキュー!。田中の過去から現在。パツキン頭から坊主になった経緯。そして焦り。どういう展開になるのかな。ゆらぎ荘。緋扇かるらがバイト先に。シューダン!巨神兵にぶつけるのは。ぼく勉。お泊まり勉強会。火の丸相撲。草薙の涙。ハンター。3本の電話に一人の訪問者。詰むや詰まざるや。ペコマリ。なんか変な方向へ行ってるな。

アニメヒロアカ。ステインかっこいいな。ボールルームへようこそ。兵藤の描写がいいなと思ったのと、前も思ったけど背景美術がスタジオジブリ的。潔癖男子!青山くん。EDが「太陽のくれた季節」なのに気を奪われていたが、OPも割といい。後藤もかにピンチを救われ、陥れようとして相手マネージャーもファンにしてしまうという男前が上手。
そのほか書籍について少し書いておくと、野口悠紀雄「世界史を創ったビジネスモデル」(新潮選書)を買った。最近、以前は繰り返し読んでいた人の本(呉智英、宮崎駿、養老孟司、内田樹、橋本治、佐藤優など)が読めなくなっていて、逆に最近読んでなかった野口悠紀雄氏の本なら読む気になるのではないかと思って買った。世界史上からローマ帝国、イギリス海上帝国、現代情報革命の三つのシーンを選んで考察している。歴史の専門家ではないのでカエサル時代におけるガリアと東方の「価値」の違いについての判断など、ちょっと首をひねるところもあったが概ね面白い。期待しながら読んでいる。

「恋は雨上がりのように」とか「BARレモンハート」とか。

Posted at 17/07/14

ここのところ読んだもの。

Dモーニング。ジャイキリ、ラストシーンに至る流れ。ヤンジャン。しらたまくん最終回。ちょっとびっくり。源君物語。次は月子。キングダム。王賁が。




「BARレモンハート」。32巻。最初に読んだのは、多分平成になる前だった。何十年経っても登場人物の年齢が変わらないのはサザエさん以来の伝統だが、ちょっとは進展して欲しいと思ったり思わなかったり。



「恋は雨上がりのように」8巻。もう8巻か。来年1月からアニメになると。週刊になってからちょっと雰囲気が変わった感じ、というか展開があるようになったのがやはり変化と言うべきか。何も起こらないのがいいところ、みたいな感じもあったのだけど。人間模様が色々と複雑になってきたのは、話を長く続けるためには必要といえば必要なのだろうけど、人を恋すると言うピュアな感情そのものが描かれていたことが月刊スピリッツ時代のこの作品の特徴だったので、それがあまり後景にならず、描かれ続けてもらえればいいなと言う気はする。ちょっと無理はあるのかもしれないのだけど。

週刊漫画Times。表紙及び巻頭カラーは「まどろみバーメイド」。イタヤカエデの樹液とは。作者の個性としてはこう言う方向の話が適っているのではないかと思った。「解体屋ゲン」。エアコンの取り付けの話。今はやはり時期的に大変なんだなと。「神様のバレー」。昨夜たまたま世界バレーのアジア予選をBSで見てたのだけど、「ハイキュー!」を読んでいるせいもあってバレーの戦術とかが少しはわかってきたので色々楽しめることがわかった。「ミュンヘンへの道」や「アタックNo. 1」の時代とはかなり違うのだなと。「本日のバーガー」いい話。「それでも僕らはヤってない」。この漫画家キャラが私は結構好きだな。「マエストロの暇つぶし」この人どこかで作品読んだなと思ってたけど、そうか「靴理人」の人か。音楽の話、あってる感じ。「社畜と少女の1800日」ああこう言うことってあるよねと言う。「釣り船午前丸」ニートの生活力。可笑しかった。「なみだ坂診療所」アブドラ・ザ・ブッチャーの秘密。今週の週漫は面白かった。来週から、「図書館の主」の篠原ウミハルさんの新連載、民俗芸能を扱った「鬼踊れ!!」が始まると。これは面白いかも。でも主人公は女子高生かな。週漫ではもっと大人が主人公のを読みたいのだけど、まあ色々言ってないで期待したい。

アニメ「ボールルームへようこそ」「潔癖男子!青山くん」「僕のヒーローアカデミア」そのほかマンガなど感想。

Posted at 17/07/11

気がついたら一週間更新してなかった。最近読んだもの、見たもの。
4日(火)「食戟のソーマ」25巻。連隊食戟が始まり、ソーマは十傑六席の紀伊国寧々との対戦、お題はそば。また一色は新たに十傑に加わった白津との対戦、お題はうなぎ。連載とかなり変わったという印象があったが、そんなに精密ではないが読み直してみたらほとんど変わったところはなかったようだった。反逆者側三戦全勝という結果だが、二回戦がさらにざわざわした雰囲気へ。久我と司の因縁の再戦へ、というところで次巻へ。基本的に紀伊国寧々のキャラは好きだし、ラスボス感の強い一色の雰囲気も、期待が持てる。連載ではすでに二回戦は始まっているのだが、それは今週のジャンプのところでまた。
5日(水)月刊少年マガジン。「ボールルームへようこそ」。最初は9巻のラストが再現されて、それから多々良たちの踊りが最高に噛み合い、そこにアクシデントが。異様にビビる釘宮をどう判断すべきか。そこから釘宮の過去のターンへ。

やはり群像劇として描くことで、連載をさらに深め、盛り上げていこうという方向になっているようだ。千夏と明のところまではあまりその要素に深入りせず、多々良の話がずっと続いていたけれども、そういう方向に行くということか。

6日(木)Dモーニング「ジャイアントキリング」持田退場の余韻。ヤングジャンプ「キングダム」。蒙恬の才能爆発と功を焦る王賁。信の活躍が見たい。連合軍戦が始まってから、過去話を除いてあまり信の見所がないからなあ。ただ、王翦が敢えて飛信隊を隠したという設定に、期待はしている。

7日(金)週刊マンガTimes「サンタクロースの候補生」最終回。もっと話が続くかと思っていたけど、国内で一応完結した。でも、「公認サンタクロース」という存在があることを知ったのは興味深かった。
別冊少年マガジン「進撃の巨人」。先月で23巻収録分が終わり(完全にマーレ編だけになった)今月は再び壁内に話が戻るかと思ったらまだマーレでの話が続いている。ただ、新たな勢力の存在が示されたり、九つの巨人のそれぞれの能力がマーレ側の視点で解説されたり、ライナーの父親が出てきたり、なぜライナーが選ばれたかが明らかにされたり、物語の闇がさらに深まり、そして壁内との再びの戦いの始まりが宣告されたり、昏い緊張感が高まっている。正直そろそろ壁内に話を戻して欲しいのだが、そこを一筋縄で行かせないのが諫山さんなので、どきどきしつつ待つしかないなとは思う。


 

8日(日)アニメ「僕のヒーローアカデミア」2期第2クール第1話「怪奇!グラントリノ現る」録画で見る。第1クールは雄英体育祭編で、これで終わるのかと思っていたら第2クールもあり、今度は職場体験編。つまりヒーロー殺しとの一件が中心になるわけで、この辺りからヒロアカの世界も広がり、また闇の深さも深まって行く感がある。アメコミ的な闇なんだよな、ヒロアカ。そこが日本の少年マンガとしては新鮮であるわけだが。

9日(月)少年ジャンプ。今週はどれも面白かった。

OnePiece。魚人島編で出てきた玉手箱の伏線の回収がついに。しかも麦わらの一味の絶体絶命のピンチに発動するとは。ホールケーキアイランド編、大詰めという感じだな。

ヒロアカ。今週一番印象が、というか衝撃が強かったのがヒロアカだ。雄英1Aではおちゃらけ担当みたいな芦戸三奈が切島と同じ中学で、芦戸の活躍に切島が自信を失っていたという過去話。雄英はエリート校だからそこでのおちゃらけキャラでもその前の学校では文字通りヒーローだった、ということは現実の学校でもよくある話だけど、なんかここがとてもリアルだった。

斉木楠雄のΨ難。燃堂がいいキャラなのが可笑しい。面白かった。

ハイキュー!先週の影山のつなぎからのプレー、輝く烏野メンバーの中で一人置いてかれている田中。田中の話のところでは必ず出てきていた新山女子の天内叶歌が出てこないが、来週は出るのかそれとももうアップに入っているのか。

ブラクロ。キラキラキャラがおかしい。火の丸相撲。ついに決着。「いずれは負けを知るべきだとは思っていましたが、息子を負かしたのが彼でよかった」うーん。ネバラン。思いがけない展開。BORUTO。いいね。鬼滅の刃。そう簡単には明かされない秘密。ぼくたちは勉強ができない。桐須先生のキャラもおかしい。シューダン!本当に生き生きしてるな、筆致が。背すピン!は相当頑張って描いてたんだなと思う。

「食戟のソーマ」。連隊食戟二回戦。今週は主に小林竜胆と対戦する女木島のエピソード、そしてソーマがいかにして女木島を口説き落としたか。ソーマの熱とは何か、ということだったのだけど、なるほど、今回もまた城一郎の指摘していたこと。「今年の一年は何か変」というのもまた、同じところなのだろう。

クロスアカウント。こういうのをラブコメっていうんじゃないですか。ゆらぎ荘。一部で炎上してたが、平常運転。ハンター。カキン帝国の王位継承戦、そこだけ抜き出して通して読み直して、ようやくその構造が理解できた。ロボ・レーザービーム。まだまだ先が読みたい。ペコマリ。男女入れ替わり物だがマリ・アントワネットの王女とクンフーの達人少年が入れ替わるというのは斬新、しかもぬいぐるみも入ってきたりして。だいぶ後ろの方になってきたが、単行本1巻の表紙はよかったな。ジャケ買いする人がたくさん出て連載が続くといいなと思う。
アニメ「潔癖男子!青山くん」第1回「青山くんはキレイ好き」及び第2回「青山くんは覚えてる?」いずれも録画で見る。タイムスケジュールを勘違いしていて第1話をMXで見ることができなかったので、火曜日のBS11での放送を録画して月曜日に続けて2話見た。私はヤンジャンでは基本的に読んではいるけど単行本で最初から読んでいるわけではないので、設定とかがわからないところがあって、後藤もかが重要な存在であることをこの2回分を見て初めて理解した部分がある。

私は連載で好きなのは「おーたんとりーたん」の下りなのだが、これはそこまで行くかわからないな、と思う。おーたんはともかくりーたんの声優が出てきてないし。

それにしても、EDのテーマに「飛び出せ!青春」の主題歌の「太陽がくれた季節」を持ってこられたのには超ウケた。小学生の頃、再放送を含めて何十回となく見た青春ドラマ。村野武範と石橋正次が主人公だった。そうか、あれもサッカー部の話(だけじゃないけど)だったな。

TVアニメ「潔癖男子! 青山くん」ED主題歌「太陽がくれた季節」
富士美高校サッカー部(青山くん:置鮎 龍太郎/財前 かおる:関 智一/坂井 一馬:保志 総一朗/塚本 仁:阪口 大助/吉岡 太一:吉野 裕行)
ポニーキャニオン
2017-08-18



 

アニメ「ボールルームへようこそ」第1回「小笠原ダンススタジオへようこそ」録画。私はこの作品、原作に思い入れがあるのでアニメを見るのがちょっと怖かったのだが、かなり原作に忠実に作ってある印象で、まずは胸をなでおろした。登場人物たちの目の描き方、目線の強さがこの作品の命であると思うが、そこのところがちゃんと描かれてるところがいい。EDの曲も今の所今年のアニソンでは見た範囲では一番いいように思う。(小林未可子「May be the next waltz」アニソンでワルツというのはあまりないような気が。)アニメならではの、マンガではできないダンスの動きの表現などにさらに期待したい。私は千夏が好きなのだけど、今回の放送ではそこまでいかない、恐らくは天平杯までだろうな。あそこがキリとしてはすごくはっきりしているし、高校に入ってからは第二部という感じになるので、つまりは第1部まで、ということではないかと。原作もアニメの続きもますます期待している。

 

「響」59話、「Bule Giant Supreme」2巻感想など。

Posted at 17/07/04

 読んだもの、買ったもの、借りたもの。

 30日(金)。コミック乱。「風雲児たち 幕末編」。高杉晋作の上海体験。1860年代の上海に西欧建築の巨大なものがいくつも建っているのを見て攘夷の不可能を悟るという話だが、当時の実際の上海はどんな感じだったのだろう。一度その辺の文献を読んでみたいと思った。

 1日(土)。スペリオール。「響」59話「合宿」。「響」は基本的に単行本派で読んでいるのだが、今回はつい買ってしまった。文芸部がリカの父の別荘で合宿、という設定は面白すぎる。新入生女子たちがリカには勝てなくても響には、と思ってしまうところがにやにやする。

 3日(月)。ジャンプ。「OnePiece」870話「訣別」。サンジがジェルマに三下り半を叩きつけ、ジェルマが皆を護衛するという話に。しかしそこで収まるルフィたちではなく。「鬼滅の刃」。煉獄の父と弟と。「日の呼吸」の秘密がいきなり明かされる。「食戟のソーマ」。竜胆と女木島のやりとり。がんがん。「HUNTERxHUNTER」。ツェリードリヒの守護霊獣凄すぎる。圧倒的。「ヒロアカ」。ハンターの次で割を食った感じ。切島の限界と成長。「ハイキュー」。弟子のピンチに師匠が。そして影山のプレーが凄い。「クロスアカウント」。こうきたか。「シューダン!」。ダンスまんがで苦労した甲斐あってか、ジャンプのサッカー漫画枠?を。「キャプテン翼」だからなあ、ジャンプのサッカー漫画と言えば。「ロボレーザービーム」楽しみ。「ペコマリ」だいぶ後ろの方になってきたが、久々にタイガの活躍が見れてよかった。




 「Blue Giant Supreme」2巻。ジャズ漫画、サックスプレイヤーの宮本大のストーリー、ビッグコミック連載でちょっと注目してたのが売れてしまったので逆に読まなくなってしまったのだけど、ドイツに渡ってからの話は特に好きで、Supremeになってからは買っている。今回はメンバーを探しているところだけど、大都市ハンブルクで一度聞いて組みたいと思ったベーシストのハンナ・ペータースを、楽器店やジャズバーを探して回るところがすごく好きなのだが、この2巻はちょうどその部分にあたる。読んでてわくわくする。


こちらもよろしく

文化系ブログ
アート、小説、音楽、そして映画NEW

史読む月日
歴史のこと、歴史に関わる現代のことなどNEW

個人的な感想です(FC2版)

個人的な感想です(ameblo版)
漫画・アニメの感想などNEW

私のジブリ・ノート
ジブリ作品の感想・考察などNEW

生きている気がするように生きること
自己啓発、事業、ガジェットメモ、服装メモなどNEW

Feel in my bones
心のこと、身体のこと、その他のこと、そしてつぶやきNEW

スタジオみなみ
小説作品サイト

少女タイラント(仮)
小説の断片ブログ

本探し.net

本探しブログ

本を読む生活

読書案内ブログ

プロフィール

profile

author:Kosuke Hotta (kous37)
sex:male
age:54
single again
address:Tokyo,Japan

自己紹介

電子書籍のご案内
KOBOストアで買う

堀田俊夫著作集

月別アーカイブ

Powered by Movable Type

Template by MTテンプレートDB

Supported by Movable Type入門

Title background photography
by Luke Peterson

2017年07月

            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          
 今日の点取り占い  点取り占いブログパーツ
kous37
携帯百景 - kous37
携帯百景

Powered by ついめ〜じ

電子書籍のお知らせ

リンク

blogram投票ボタン
にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ


以下はamazonインスタント
ストアを利用しています。
詩の本のお店
2007年に取り上げた本
面白そうだな、読みたいな
アンジェラ・アキ ストア
玉姫伝説
白洲正子コレクション
小林秀雄コレクション
村上春樹の森
プーシキンを読もう!

モーニングページ、アーチストデートなどはこの本で。
野口整体について、入門的な内容を網羅しています。


ブログパーツ
全順位
ブログパーツ

全順位
あわせて読みたい

フィードメーター - Feel in my bones
total
since 13/04/2009
today
yesterday