能「安宅」と歌舞伎「勧進帳」をめぐるあれこれ

Posted at 21/08/01

朝、車を運転しながらFMを聴いていたらFM能楽堂の時間に華やかな音曲が流れてきたので狂言なのかなと思って確かめたら能「安宅」だった。「安宅」といえば歌舞伎十八番の「勧進帳」の元になった作品だが、勧進帳といえば昔は「勧進帳を読む」という言葉があって、「書いてないものをあたかも書いてあるかのようにすらすら読む」ことの例えとして使われたのだが、今ではそんなこと知られてないだろうなあとかつらつら思いながら運転していた。

この話は源平合戦時代、兄源頼朝の命により平家を壇ノ浦に滅ぼしたものの兄に嫌疑をかけられ、奥州平泉の藤原秀衡を頼って主従が落ち延びていくとき、加賀の安宅の関で関守の冨樫に怪しまれ、それを家来の武蔵坊弁慶の機転により切り抜けた、というストーリーで、昔は常識のようなものだったが、私の子供の頃は弁慶といえば京の五条の橋の上での牛若丸とのエピソードや衣川の戦いでの立ち往生の話は知っていたが、安宅の関の話は知らなかった。これを知ったのは大学で演劇を始めて歌舞伎なども見るようになってからだから、こういう話を子供の頃に知っているかどうかというのも、今で言う文化資本の一つだな、と思ったりもする。

このストーリーがいつ成立したのだろうか、ということが気になって、帰ってから少し調べてみると、もともとは「如意の渡し」のエピソードであることがわかった。これは義経主従が落ち延びる際、越中小矢部川の渡しで渡守に義経であることを疑われたとき、弁慶が義経を打擲して無事乗船できたという話なのだという。

「安宅」は短い時間にいくつもの山場があるけれども、大きくいえば冨樫に疑われた際に諸国に大仏再建のための寄進を求める山伏であると答えた弁慶が、それならば「勧進帳」を持っているだろうからそれを読めと言われて、適当な巻物を広げてあたかも勧進帳であるかのように朗々と読み上げる、というのが一つの山場だ。

このエピソードが面白いから元々の話にこれはあるのかと思っていたが実はこれは「安宅」の作者の創作であるようで、最初のエピソードは「義経記」に書かれている上記の「如意の渡し」での義経打擲の方だった、というのは今知って、へえそうだったのかと思った。「安宅」はのちに七代市川團十郎によって歌舞伎化され、「勧進帳」という題になっているようにむしろこの「勧進帳」のエピソードが中心だと思っていたので古い形にはこれがなかったというのは意外だったが、確かに考えて見たらこれは創作的なエピソードで、咄嗟に打擲した、という方が古態に近いだろうなと思った。

しかしこの勧進帳のエピソードが生まれたことによって、武蔵坊弁慶のイメージが、ただの乱暴者、ただの忠義者のイメージから主君の危機を冷静に切り抜ける豪胆さと咄嗟の際に書いてもいない勧進帳を朗々と読み上げることのできる深い教養の持ち主である、柔と剛、知性と胆力と忠義を兼ね備えたまさに男の中の男、というイメージに昇華されたのが面白いなと思った。

「安宅」では義経は子方の役であり、誰がやっているのだろうと調べてみたら武田孝史という名があり、とてもいい声だなと思ったのだが、調べて見たら昭和29年生まれの宝生流のシテの方だとわかってちょっと驚いて、最後まで聞いたら世阿弥生誕600年を記念して制作されたレコードだということがわかった。世阿弥の生誕は1363年とされているので、つまり1963年の制作、昭和38年だから8歳か9歳ということだとわかった。私が1歳の頃の企画であることに驚いた。

歌舞伎の「勧進帳」では義経は子方ではないのだが、これは小型でこんなにいいのなら大人の役者がやればもっといいに違いない、という発想があったのだろうなと思った。九代目團十郎が弁慶を演じた天覧歌舞伎では、初代市川左團次が冨樫を、のちの五代目中村歌右衛門が義経を演じている。私が見た時の配役はちょっと自信がないのだが、確か弁慶が十三代目市川團十郎(現在の海老蔵の父)、冨樫は現在の十五代目片岡仁左衛門、義経は現在の坂東玉三郎だったと記憶している。義経は二枚目か女方が演じることが多いように思う。アイドル的な意味があるのだろう。

後もう一つ調べていてへえっと思ったのは、第三の見せ場ともいうべき危機を脱した後の主従の会話、そしてその後に富樫が追いかけてきて酒を差し入れ、酒宴になるのだが、これが「富樫が油断をさせようという企み」であったということで、弁慶は油断なく義経を逃すのだが、この辺りのキリは歌舞伎とは結構違う演出になっているようだった。この「富樫の企み」という設定自体を知らなかったので、冨樫はただ「見逃してくれて酒までくれるなんていいヤツ」だと思っていたので、なるほどそうだったのか、と思ったのだった。

物語の成立を考えてみると、「安宅」の元になった「義経記」自体の成立が南北朝時代から室町初期とされていて、「安宅」の初演が1465年で応仁の乱の直前なので、割合新しい話を元にした創作なのだなと思った。能といえばやはり幽玄というイメージだったからこの華やかな音曲は少し意外だったが、作者は小次郎信光に擬せる説があるようで、信光は幽玄を追求した世阿弥とその子元雅とは対照的に、「風流」、今でいうショー的要素が重んじた、という話が面白かった。

世阿弥系と音阿弥系の勢力争いなどはちょっと今般の芸能界などを思わせるものもありアレなのだが、今モーニングで連載されている三原和人「ワールドイズダンシング」が世阿弥が主人公であることもあり、それを読んでいて能について少し関心が出てきていることもあって、この辺りについて少し調べて見たのだった。

「本当の正義とは何か」

Posted at 21/07/31

本当の正義とは何か

私の子供の頃、正義というのはシンプルにいえば、「弱いものを守ること」だったと思う。悪というのは、弱いものをいじめる人たちのことだった。

「悪=弱いものいじめ」

これがシンプルに全員に共有されていた時代は、真っ当だったなと思う。

だから逆に、学校で「いじめ」が起こること自体がよくわからなかった。というか、自分が子供の頃はそういうことは見聞きしたことはなかったと思う。もちろん、意識されないだけでなかったということはできないわけだけど。

また、なんとなく揶揄われていたりとかそういう子がいなかったわけではないが、報道されるような暴力的な酷いいじめは話を聞いたこともなかった。

ただ、私自身がやられていたことを含め、後になって気がついたことはないわけではないので、まあ割とナイーブな子供だったのだろうなと思う。

それはさておき、「いじめ」というものを身近に感じていると、「弱いものをいじめることは悪である」という考えが素朴な確信ではなく、道徳的な題目になってしまうだろう。「弱いものをいじめること」は「悪」かもしれないが「仕方ないこと」だし、自分がグレーであることもある程度は仕方ない、みたいな感じが生まれてくるような気がする。

子供は子供なりに、正しいことと悪いことという感覚はあるけれども、あまりそういうものに関心を持たないようになっていくか、むしろ極端な悪の方に魅力を感じるようになっていくものもあり、それらが90年台の悪趣味系とか鬼畜系、サブカル系になっていったのだろう。

日本でいじめが広がっていったことと、シンプルな正義を求める左翼運動が後退していったことはおそらく関係があるのだと思う。

昔は、というか衰えるまでの左翼運動にとって弱者は貧乏人であり、悪人はそこから搾取する金持ち・資本家だった。日本人の多くがホワイトカラー化していくことでそうした構図は崩れていって、「貧しいものの見方をするのが正義」という構図は、一般の支持を得られにくくなっていった。

日本の左翼運動がポリティカルコレクトネス、ないしマイノリティの権利獲得の方に舵を切ったのは、「華青闘告発」がきっかけだと言われているが、現代は左翼リベラルの運動の中心は昔ながらの反戦平和や反文明的傾向を持った反原発を除けば、女性を含む被抑圧者・マイノリティの権利獲得になっているように思う。

左翼運動華やかなりし頃から、それに参加する一般の青年たちの心の中には葛藤があることが多かった。何が本当の正義なのか、ということだ。貧しい人たちのための戦いだと思っていたが貧しい人も国家の枠組みから見ればアジアを侵略した日本帝国主義の一員であるし、女性を見れば欲情する性的搾取者でもある、みたいな感じの葛藤である。

10年ほど前のウェブ日記やブログなどでは、そういう「良心的リベラル男性」のブログは結構多くて、そういう葛藤が多く綴られていた。

あの時代はまだ良かったなあ、と最近時々思う。

今の思想的対立が最も先鋭に現れている場所の一つがSNSで、またその中でもTwitterだろうと思うのだが、男性でも女性でも自分の主張を述べる前に、ブログなどを読むと葛藤の部分が描かれていたりして、そこに人間的なもの、また真摯な姿勢を感じて、そういう人は信用してもいいのではないかと考えたりしていたわけである。

現実にはそういうのもまだあるのかもしれないが、最近はほとんど私の見える範囲にはなくなってきた。

最近あるのは高らかに自分の正義は謳うが人の主張には耳を傾けず、一方的に捲し立てて相手が黙れば「はい論破」というていの「正義」である。

そこにある姿勢は、「自分の正義を疑ったら負けである」という貧しいこだわりだけである。意見の違う人のいうことに耳を貸したら耳が潰れると思ってるんじゃないかと思うような、相手の論理のねじ曲げや曲解であり、まともな議論が成り立つことが少なくなってきている。

これは私は、いじめを見て見ぬふりをしたり自分がグレーであることを半ば自覚しながらも自分の立場を強弁することに慣れてきた生き方が反映されてるんだろうなと思うことが多い。

以前は「ポリコレ棒で殴る」という表現がポリコレに反感を持つ界隈でよく使われていたが、最近はそれに反撃しようとしてなのか、「論理棒で殴る」とか「事実棒で殴る」という表現も出てきた。事実や論理を否定したら論争や議論など成り立ちようもないが、そういうもの自体を必要だと思っていない、自分たちの持っている惨めな正義をただ主張していればいいのだという気の毒な人たちがかなり増殖している感がある。

いじめというのは、社会から正義のリアリティが消えた、つまり80年台の相対主義の時代から増えているし深刻化しているのはその辺りのことと関係があるのだと思う。正義というもののリアリティが消えることを、誰も深刻に考えなかったということなのだろうなと思う。

今の私などの世代、つまり50代後半の世代がろくなことを語れないのは、そうした正義の感覚が未発達のまま、大人になり、老いてきてしまっているからなのだろうと思う。

本来、正義というものを支えるのは、マジョリティの常識というものだろう。しかし相対主義の洗礼の後、新自由主義の弱肉強食論理にあまりにも馴染みすぎて、「弱いもの」というリアリティがわからず、「女性」「子供」「少数民族」「障害者」「LGBT」などの「属性」で決めつけるだけになっている貧しさが現在だ。

属性があろうとなかろうと、本来強者は強者だし、弱者は弱者だ。しかし現在はそういうフィルターを通してしか弱者と見られなくなってしまっている。

弱者か強者かというのは本来かなりのブレを含んだ、また個人の生活歴の中でも変化しうるものなのに、運動家はそのカテゴリー、その属性だけの権利拡大に熱心で、それを疑問に思ったり批判したりするものをバックラッシュと決めつけ、攻撃する。

恵まれた障害者もいれば、恵まれない「健常者」もいる。今朝見た記事でも取り上げられていたが、「境界知性」という人たちがいて、知能的には平均よりもかなり低いけれども障害というほどではない、という人たちが、まさに現代のような「知識社会」の中で、上手く生きられなくなってきているということが取り上げられていた。

特にフェミニズムにその傾向が酷いのだが、どんなに困難を抱えていても男性は搾取者と見、どんなに恵まれていても女性が役職につけなければ差別と見るというようなバランスを欠いた主張をする人が多いし、そういう意味では彼ら彼女らには「弱いものを助けるのが正義であり、いじめるのが悪である」という視点はもう無くなっていると考えて良い気はする。

まあ素朴な話なのだけど、「本当の正義は何か」という割と根本的な部分を、もっと考える人が増えてくれば状況は少しは変わるのかなと思って見たりしている。

北条氏の反乱/人生に力になるマンガの読み方/感染拡大/日常とイベントのマネジメント

Posted at 21/07/30

読んでいる中沢新一「レンマ学」の内容が数学の話になっていてなかなか読み進められないので、鈴木由美「中先代の乱」の方を読み進めている。北条氏の一族は鎌倉幕府滅亡の時に自害してほとんど残っていないかと思ったら、実は地方にかなりいて、得宗家の時行・泰家だけでなく、各地で建武の新政に対する反乱の盟主に担ぎ上げられているということを知った。それだけでかなりこの時代の騒乱の全体像が違って見えてくるが、どうしても南朝方、北朝方、その中でも尊氏方と直義方といった次代につながる方に関心が言ってしまうけれども、北条氏に注目してみるとまた見方が違ってくるなと思った。

マンガは昨日も書いた「夏目アラタの結婚」が割と精神的な部分を揺さぶってきたり自分の内面や過去を振り返ったりする感じになるのだけど、昨日読んだ「【推しの子】」の最新話もそういうところがあった。こういうものをあまり読んでいるとメンタルが重くなってきてしまうのだが、ゼロサムで「Landreaall」の最近の回を読み直し、こういうアドヴェンチャーファンタジーものを読むとそういうのが一掃されてすきっとするなあとこれまた改めて思った。一つのものにハマるのもいいが、人生を生かしていくなら、というかそういうものにマンガが資するようにするのであれば、幅広く必要な時に必要なものを読んでいくことによって、人生の友を増やす、みたいなことはあるよなと思った。

これは小説なども結局は同じことなのだけど、やはり現代的な感覚で言えば今の日本ではマンガの方が優れているところはある。古典的な感覚に触れるには小説やいわゆる名作の方がいい場合も多いだろうと思うけど。

東京での感染拡大が酷く、母の介護もあり東京にしばらく近づけない感じなのだが、接種券は手元にあるので住所外接種の手続きをし、地元で接種できるようにして昨日予約したのだが、取れたのは9月に入ってから。ある場所ではワクチンが余ってるような話もあるし、こういう流通の不備は政府が責任を持って調整してほしい。緊急事態宣言の期間と地域が拡大されるようだが、このままでは感染拡大がなかなか防げないし、帰省も接種ももっと事態に沿うような形で実施してもらいたいのだが、政府も都もかなり動きが鈍い。

近々母が手術をすることになり、そうした関係もあっていろいろ忙しいのだが、日常と業務とイベントをうまくマネージしていく工夫をもう少しできるといいなと思っている。

乃木坂太郎「夏目アラタの結婚」が面白い。

Posted at 21/07/29

このところいろいろなことを考えているせいか、マンガを読んでいても考えさせられたり昔の感情がこんな風だったなあと思ったりすることが多いのだが、昨日「ブルーピリオド」の山口つばささんが肩入れしている帯を読んでふと手に取った乃木坂太郎「夏目アラタの結婚」(小学館、ビッグコミックスペリオール連載)が面白く、昨日のうちに既刊の単行本を5巻を読了し、朝スペリオールを買いに行って最新話を読んだ後、AmazonKindleの単話販売で単行本未収録分を読了して、連載に追いついた。


 

連続猟奇殺人の被告で一審で死刑を宣告されている女性(品川真珠)と、ヤンキー丸出しの児童相談所職員(夏目アラタ)が獄中結婚する、という話で、謎の多い真珠の心を開かせて事件の謎を明らかにしていくとともに、アラタが真珠を知っていく、また真珠は非常に操作的なキャラクターで弁護士をはじめ多くの人を味方という名の虜にしていくのだが、アラタはそうはならず、「理解したい」という気持ちで接近している。

この話は本当によくできていると思うが、一つの理由はモブキャラがほとんどいないということだろう。最初は軽いアシスタント的な存在だと思っていた同僚の「桃ちゃん」が単独で真珠と面会するほど関わってしまったり、拘置所で出会った死刑囚の文通マニアのような男がすごく重要な立ち位置を占めていたりして、モブっていう名の人間はいないんですよ、みたいな感じになっている。被虐待児であった真珠やいわゆる問題児であったアラタにはある意味普通の人間にはあまり見えてこない人間の深層を見る力みたいなものがあって、そのあたりに引き摺り込まれるところがあったり、またアラタについ思い入れしてしまったりするような要素があったりするのだろうと思う。

アラタの真珠に対する感情もなんというか普通の恋愛のように変化する部分もあってその辺りも面白いなと思う。「理解したい」という気持ちはあるけれども、自分に覆い被さってくるような「重さ」を感じると白けてしまったり、その辺りは私もとてもよくわかるので、どこまでが駆け引きでどこまでが心情なのか、もともと死刑になるものと諦めていた、というよりなっても構わないと思っていた(と思われる)感情がどう動き、そのために何をしようとしているのか、まだわからないことが多くて先を読みたい気持ちにさせてくれる。こういう感じの作品でそんなに面白いと思ったことはないのだが、話の作りというかドラマメイキングとキャラの立て方そしてもちろん絵の描写にある意味演劇的というか肉体性ないし身体性があって、その辺りが心にドスンとくるものがあるのだなと思う。

こちらもよろしく

文化系ブログ
アート、小説、音楽、そして映画NEW

史読む月日
歴史のこと、歴史に関わる現代のことなどNEW

個人的な感想です(FC2版)

個人的な感想です(ameblo版)
漫画・アニメの感想などNEW

私のジブリ・ノート
ジブリ作品の感想・考察などNEW

生きている気がするように生きること
自己啓発、事業、ガジェットメモ、服装メモなどNEW

Feel in my bones
心のこと、身体のこと、その他のこと、そしてつぶやきNEW

スタジオみなみ
小説作品サイト

少女タイラント(仮)
小説の断片ブログ

本探し.net

本探しブログ

本を読む生活

読書案内ブログ

プロフィール

author:kous37
sex:male


電子書籍のご案内
KOBOストアで買う

月別アーカイブ

Powered by Movable Type

Template by MTテンプレートDB

Supported by Movable Type入門

Title background photography
by Luke Peterson

2021年08月

1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
 今日の点取り占い  点取り占いブログパーツ
kous37
携帯百景 - kous37
携帯百景

Powered by ついめ〜じ

電子書籍のお知らせ

リンク

blogram投票ボタン
にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ


以下はamazonインスタント
ストアを利用しています。
詩の本のお店
2007年に取り上げた本
面白そうだな、読みたいな
アンジェラ・アキ ストア
玉姫伝説
白洲正子コレクション
小林秀雄コレクション
村上春樹の森
プーシキンを読もう!

モーニングページ、アーチストデートなどはこの本で。
野口整体について、入門的な内容を網羅しています。


ブログパーツ
全順位
ブログパーツ

全順位
あわせて読みたい

フィードメーター - Feel in my bones
total
since 13/04/2009
today
yesterday