リベラルと保守の対立の起源

Posted at 21/03/04

「明治史研究の最前線」を読んでいて、「自由民権運動」の論点という項を読んだのだが、この項の記述も自分が理解してきた自由民権の枠組み的理解という点では確認できたというところとそういう感じだったのかというところがあったのだけど、それよりは日本のリベラル、ないしは左翼自由主義の起源ということについて考えた。以下のところはざっくばらんな構想の段階の話なので、また本を読んでいくにつれて捉え方も変わると思うのだが、大体のイメージの流れとして書いておこうと思う。

明治史研究の最前線 (筑摩選書)
小林和幸
筑摩書房
2020-02-28



日本のリベラル思想というのは今ではどちらかというと所得の再分配というよりも少数者の権利といった「意識が高い人たち」の思想という感じになっている。田中拓道「リベラルとは何か」(中公新書、2020)では主に「所得の再分配により貧しい人たちの自由を保障する」という考え方をリベラルしているので、その辺りが現在の日本におけるイメージとずれているような気がする。


 

こういう「意識が高い」人たちの運動はいつ頃から始まっているのか、と考えると、一番古くは尊王攘夷運動に遡るのではないだろうか。日本の危機に際し、日本が生き残るためにどうすべきかを意識した運動が、条約勅許と神戸開港による実質的な開国、王政復古による「天皇親政」政府の樹立によって運動が終結点を見るまで続く。攘夷が開国に終わったのは諸藩等の諸勢力が政治過程の中で徐々に攘夷の不可能と開国による利益を認識し、最終的に朝廷もそれに同意したからだが、その中で多くの志士や若者も西洋の学問を学びまた留学し、福澤諭吉の「西洋事情」などの啓蒙書も幅広く流通して政治体制や価値観等も含めて伝統的なものも再検討される中で新政府も樹立・運営され、また「自由」という新しい概念も学ばれていった。

つまり、「運動」が先にあってその中で「自由」が取り上げられていった、という理解である。

それが明治7年の「民撰議院設立建白書」に始まる自由民権運動につながる。この中で「自由」というものが目指すべき目標となったのがどの段階なのかなどがまだよくわからないのだが、基本的には「自由とは民権つまり民主主義である」という理解が強かったのではないかと思われる。民主主義と切り離して自由が考えられるようになるのは、かなり後になると思われるが、「個人主義」という思想が受け入れられにくかったからなのだろうなとは思う。利己主義との違いが分かりにくいという点もあるが、この辺りは色々考えることもあって本当にメモ的に止める。

つまり、この辺りのイメージ的なこととしては、尊王攘夷運動に始まる「意識の高い運動」のなかで「自由」が発見され、それが政治運営としての議会設置運動につながり、「自由民権運動」となって、士族民権から豪農民権、また幅広い地方にも民権思想が広まる。運動は一時過激化して支持を失うが、議会開設に備えた大同団結運動や三大事件建白運動などによって再点火され、保安条例で指導者が追放されるも第1回総選挙では民党の圧勝と言う結果をもたらし、議会政治が始まることによって区切りを迎える。

リベラルないし進歩派と保守派の対立というのも尊王攘夷運動の中の尊攘派と公武合体派の対立(この辺は要検討だが)にはじまって、常に分裂・統合を繰り返した民権運動と政党、その他諸勢力の対峙から脈々と、内容は変化しながらも現代に続いているという印象である。

私は政治的な問題に関しては基本的に保守なのだが、経済的な問題に関しては再分配をもっと図るべきという考えなので、そこに関しては「リベラル」に近いけれども、その立ち位置に関しても深めたいところは多い。今日は本当にメモ程度になったが、リベラルに対峙する保守の問題を日本において考えるためには、尊攘派あたりまでは遡る必要があるのではないかと思ったので備忘的に書き記した。




太政官制と内閣制度の違いから考える組織論/「公議・輿論」と保守主義の行くべき方向性について

Posted at 21/03/03

「明治史研究の最前線」を読んでいて思ったことなど。王政復古政変で太政官が成立してから、1885年の内閣制度の成立までの間の時期が「太政官制」の時代であり、「官」という言葉が政府を意味した。今でも官製ハガキなどの言葉にその名残が残っているが、一体太政官とはどういうものだったのか、というのは確かに言われてみるとよくわからなかった。

明治史研究の最前線 (筑摩選書)
小林和幸
筑摩書房
2020-02-28



太政官制とは、重要なことは全て太政官に上げ、太政官が各省に指令するという形態であり、内閣制度とは法令の運用に関しては大幅に確証に委ねるという制度であると、「明治史研究の最前線」にあり、なるほどと思った。

私が思ったことだけど、この二者の制度上の大きな違いは内閣制度には「参議」という存在がいなくなったことだなと思う。他の大臣が全てプロパーになってしまい、全てをまとめるのが総理大臣一人になったというのは結構大変なことだなとは思う。

結局一人ではやりきれないから総理大臣補佐官とか大統領補佐官みたいな人をおかざるを得ないのだと思うけど、そうなると地位的には「参議」よりはかなり落ちる。

会社なんかでも取締役はプロパーだけでなく副社長とか専務とか常務とか全体を見る役の人が他にいるわけだし、政府も参議的な人がいてもいい気はする。そこの権限の範囲の決め方が難しいわけだけど。

学校法人でも理事・理事会という存在があり、ヨーロッパ中世の都市でも市参事会というのがあった。プロパーでないまとめ役は複数あった方がいい感じはするけど、しかしプロパーを持たないと手足がないから権力に影響させられないという問題もあるのだよな。どういう権力構造がいいかは難しい。

各省にも結局「審議官」という全体を見る的な役職が作られるわけで、やはり全部をプロパーに分化させればいいというものでもないのだよな。「執行部」が今の内閣制度では総理大臣以外は全てプロパーの代表者になってるわけだが、昔は無任所大臣というのもいたなそういえば。

江戸幕府なんかはプロパーはもちろんあったが多くは案件ごとに担当者が決められてやってた感じがある。で、重要な案件は全部老中まで上げられて老中会議=幕閣で決定すると。

中国でも明の洪武帝のようなスーパー君主だとほとんど全部自分で仕切ったりするが、普通はそれは無理なので権限の委譲が進むわけだが、そうなると官僚制度お決まりの権限争いや案件タライ回しが始まる。万能の制度はないと言えばそうなのだが。

今の社会文化では「所属」をすごく重要視するわけだが、「職能」が決まっている人(研究者とか)はプロパーの専門家として組織を渡り歩くことができるが、ジェネラリストは所属する組織の組織文化に強く影響されるので、他の組織では通用しにくいということはあるのだな。組織文化というものも曲者だが、まあ組織も人間が作るものだから仕方ないと言えば仕方ない。

こういうのはマネジメントの方法論ということになるのだろうか。経営学か。行政だとどうなるんだろう。行政法学とかになるのだろうか。この辺りのところはどういう分野の学問で研究されていることなのか、勉強不足でわからない点が多い。

ただ、やはり組織のマネジメントというのは大きな問題だなと思う。歴史的にいろいろ見ていくと興味深いと思う。「藤原冬嗣」とか読んでて面白いのはそういうところもあるからだな。平安前期の「朝廷」という組織。

藤原冬嗣 (人物叢書)
達哉, 虎尾
吉川弘文館
2020-07-30

 

恐らくは担当を全部プロパーに分けるというのが合理主義的・設計主義的な発想なのだろう。律令制の二官八省とかからしてそうなんだが。しかし権力の中枢を作らないと組織がバラバラになるから令外官で参議とか中納言とかを設置したということなんだろう。

結局、大日本帝国憲法の制度的欠陥とされるのが内閣や枢密院、陸軍海軍などを「束ねる存在」が天皇一人しかいないということだった。絶対王政ならそれでもいいが日本のような国ではそこが国体に合っていなかったということなんだろう。摂関・参議という存在を発明した古代の人たちは偉かった。

制度の外、いわば令外官として「元老」がある程度機能してはいたけれども、西園寺公望の高齢化及びその死後はその職責が果たせなくなり、「内大臣・重臣」という形で重臣会議が開かれるようになるが、この重臣会議にしても戦時の御前会議にしても法制上の規定があるわけではないので、いわば超法規的な存在だったということになるだろう。

結局満州事変以後の戦争は軍部というプロパーの暴走という側面が強いのではないかと思う。それを掣肘できるのは理論上天皇しかいなかったが、立憲君主の在り方として政治や軍事に強い発言をすることの是非が田中義一辞任の際に恐らくは問題になり、なかなかはっきりした意思が示せなかったのだろう。天皇の意思としてはっきり記録に残っているのは二・二六事件の鎮圧の意思、大東亜戦争を終わらせたいわゆる「聖断」の二つだけだと言われるが、そのあたりは研究は進んでいるところはあるのだろうなと思う。

日本国憲法ではその反省に立って内閣総理大臣の権限を圧倒的に強くしている。ただ総理大臣が万機決裁することは不可能だから、総理大臣補佐官という存在がいるわけで、この部分で制度的不明朗性が出ている感はある。安倍さんはこの制度を割とうまく(正しくかどうかは別だが)使ってたが、菅さんは自分でやろうとし過ぎて失敗しているのではないだろうか。

「天皇親政」が成立したのは明治12年(1879)だと。この時期から天皇の裁可印が使われていると。1852年生まれだから27歳の時か。大久保暗殺、集団指導体制に移行し天皇の権威を必要としたということだろうか。

この辺りは、「公議・公論」の問題とも絡んでいるのだろうなと思う。太政官制の成立からそこに加わった天皇の親裁、それから内閣制度、帝国憲法への流れは「公議・公論」がどのような形で成立していくかの問題に関わる。

「公議」や「輿論」が多数派の意見というだけでなく「正しい意見・結論」という意味を持っているのは、それが形成されたらそれに向かって進むという意味で当然ながら主流派・非主流派を生み出すし、明治後半に社会主義が現れ、大正にロシア革命が起こり、思想の多様化が進むと公議輿論による非主流派への圧迫ということも起こるし、日本が今なお「同調圧力」が強い国とされることは(実際には日本だけではないと思うが)こうした輿論に反対する少数派が反対意見を言えるかという問題も出てくる。

日本の保守主義の原点は恐らくは「上下心を一つにして」という部分があると思うので、逆にいえばそこに対する批判にも十分答えられるある種の新しい思想が必要になってくる面はあるような気がする。ただそれ自体も、実際には過去を尋ねればいくらでも先例は出てくると思われるし、突飛で新奇な理屈よりも古きをたずねて新しきを知るのが保守のいくべき方向性だろうとは思う。

ツイッターとの付き合い方

Posted at 21/03/02

ツイッターとの付き合い方


いろいろと事情があって先日からツイッターに鍵をかけているのだが、基本的には大変調子がいい。意味のわからない捨て垢からのいわゆるクソリプが来ないだけでもこんなに爽快なものだとは思わなかった。拡散力は下がるのはやむを得ないが、それは自分が今ツイッターで何をやりたいかということにかかってくることなので、拡散してフォロワーを増やしたり、意見の合わない人と論争したりしたいのでなければ、鍵をかけるデメリットもそんなに大きくないなと思い始めた。

今ツイッターで何をやりたいのかを考えてみると、基本的には読んだこと、考えたことのメモ、ということになる。それなら別に自分のメモ帳にでも書けばいいということもあるかもしれないが、それをツイッターに載せることでそれに対してリプライをもらったりFAVをもらったりすることで、その考えや内容がどのような感じで受け止められることなのか、自分自身がより客観的に受け止めることができる。

何の気なしに書いたことが結構バズったりすると、なるほどこれは関心が高いことなんだと自分で確認できて、その辺りをまた調べてみたりすることにも使える。鍵をかけているとRTしてもらうことはできないので、バズり方にも限界はあるが、それだけにより意味のある反応を受けられる感じがする。

問題なのはツイッターの「アナリティクス」や日単位でツイートがまとめてもらえる「ついログ」で鍵なしのようには扱えないことで、この辺りは結構利用していたのでその辺りはちょっと不便だなとは思う。しかし今のところ公式で得られる程度の情報でそんなにひどく不自由しているわけでもないので、まあいいかなとは思っている。

それよりやはり、本当になんの気無しの呟きやマンガ関係その他、時事に対する感想なども書いているので、それに対する不特定多数の反応みたいなものが見られないところはちょっと残念だなとは思う。まあ何事も一長あれば一短あり、一得あれば一失ありなので、仕方ないわけではあるけど。

とりあえずは思ったこと、読んで印象に残ったことをツイートし、その辺のうち書きたい内容をブログにまとめてまた改めて読んでもらう、というプロセスを使っている。自分である程度考え方がまとまってきたら鍵を外して拡散も図るようにしていきたいと思っている。

とりあえず、フォロワーさんが4000人いる段階での鍵掛になったので、いただける情報は精選されている感があるし、クソリプや変な論争を吹っかけてくる人が湧いてこないというだけでかなり快適になっているのが現在の状況という感じです。

何事も全てが思い通りというわけにはいかないのは仕方ないわけだが、まあ色々考えながらよしなに付き合っていきたいとは思う。

ドラッカーの保守主義、「明治史研究の最前線」、ロールズの第二原理などなど

Posted at 21/03/01

3月になった。2021年も6分の1が終わった計算になる。あるいは、2020年度が後1ヶ月というべきか。いずれにしてもいろいろと忙しい時期。一つ一つ片付けていくよりないが、自分の研究というか保守主義というものを自分の中でとらえ、それを提示していくことはしっかりやっていきたいと思う。

昨日はブログを書くのが午後になったが、一つ自分なりにこれかなと思えたのは、伝統的な「人種や階級を超えた人間としての対等感」みたいなものが日本の保守主義の一つのよって立つところになるのではないかということ。協同組合主義とか日本的な上下一体感みたいなものとその辺りの関わりみたいなものも見ていければいいかなということもある。ただまあ、これはこれで広げ、深めていかなければいけないものだなとは思う。

昨日は一つにこれと決めずに気になったものをいろいろ読んでいたのだけど、一つはドラッカー。何かを読んでいたらドラッカーの保守主義について「産業人の未来」の言及があったので第8章「1776年の保守反革命」を少し読んだのだが、ドラッカーはアメリカ独立革命を強く肯定し、フランス革命を強く否定していて、バークの名前は見えないがバーク的な保守主義の、つまり理念による設計主義的な思想を強く否定する考えを持っているのだということが確認できた。


 

ドラッカーはナチスを強く批判し、出世作となった「経済人の終わり」ではそのナチス批判がチャーチルに高く評価されているが、「産業人の未来」の目次を見直すと、第7章が「ルソーからヒトラーに至る道」とあり、理性万能主義がナチズムに繋がったことを書いている。

今少し読み直してみて、この本はおそらく以前一度読んでいるなと思った。「経済人の終わり」が強く印象に残ったのでこちらの方の印象が弱くなっているが、理性万能主義の危険を訴えて「保守主義」を主張しているところはもう一度読み直した方がいいなと思った。この本が最初に出たのは1942年で、ハイエクの「隷属への道」が1944年なのでどちらも第二次大戦中になり、二人ともオーストリア出身でアメリカに渡っているが、二人の接点についてはウィーン時代にドラッカーの父のサロンにハイエクも来た、ということくらいしか今のところ見つけていない。ハイエクは1899年生まれ、ドラッカーは1909年生まれなので10歳違うし、ドラッカーはユダヤ系なのでボヘミア貴族の血を引くドラッカーとはまた立場は違っただろうなと思う。

ハイエクは経済学者、ドラッカーは経営学者として名を残すので、思想史的にはハイエクの影響力が強くなったが、この辺りのところは比較して考えてみると面白いとは思う。

明治史研究の最前線 (筑摩選書)
小林和幸
筑摩書房
2020-02-28



二つ目は、「明治史研究の最前線」。昨日読んだのは「第1章 維新史研究」からコラム3「戊辰戦争研究の論点」までだが、研究の趨勢がわかるとともに現在の研究動向の知らない点の指摘がいくつかあって興味深かった。

私の関心事との関わりで言えば「王政」概念にならんで「公議」概念が重視されているのが興味深いと思った。日本の保守主義の一つの原点としてこの「公議重視」ということは必ずあげられると思う。昭和21年念頭の所謂人間宣言でも、勅の最初に「五箇条の御誓文」が引用されていて、「維新の原点に帰る」というような意識が昭和天皇にはあったと思うが、契約国家論的な日本国憲法のデモクラシーと「公議」概念の比較が「日本の保守主義とは何か」を明らかにする上で大事になってくるのではないかと思う。

「公論」の政治的意味は、「多くの支持を集めた意見」と言う意味と「正論である」と言う意味があると言うのはなるほどと思った。多数決か正論か。それを一致させる試みが破綻したのが明治6年の政変であるという考え方。そのあとはいわゆる有司専制体制になるわけだが、8年には「漸次立憲政体樹立の詔勅」も出されていて、公議の重要性を無視しているわけではないことを示そうとはしている。

もともと幕末史に関しては必要もあってある時期幕府政治家の研究書は結構読んだのだが、専門歴史家でない人の著書も多いので再確認が必要かなとは思う。また80年代以前に書かれた本も多いから最新研究がどうなっているかは見ないとと思う。

もう一つ興味深いのは維新後に矢継ぎ早に行われた戊辰戦争、版籍奉還、廃藩置県、秩禄処分が幕末期に蓄積された諸問題の解決という性格があるという指摘。幕府・藩・それに仕える武士という層を新政権でどのように位置づけるかはもちろん重要だったことは間違いないが、それはすでに維新前から意識されていたとかなと思う。

版籍奉還・廃藩置県は明らかにフランス型の中央集権体制をとったわけだけど、それは普仏戦争とドイツ第二帝国成立前後という微妙な時期に行われている。ドイツは各領邦を滅ぼさず連邦制という形をとったわけで、明治政府がそれを選択せずフランス型を採用したのにはどのような議論・政治過程があったのかということを思った。

その後で奥羽越列藩同盟のくだりを読み、列藩同盟自体が諸藩連合政府樹立の動きであったという指摘を読んだのだが、ということはいわばこれはフランス革命における「連邦主義者の反乱」的な意味合いも持っているのだろうかとも考えた。

そのほか、奥羽越列藩同盟が越後に進出した理由の一つは開港場であった新潟の存在があり、ここでプロイセンから武器を購入したりしていたというのは初めて知った。蝦夷地の領地と引き換えにプロイセンに借款を申し込んでもいるらしい。列藩同盟が勝っていたらどうなってたか。

いずれにしても「諸藩連合による中央政府樹立」という方向性は戊辰戦争の過程でなくなったという見方はあり得るなと思ったのだが、その辺のところは当時の議論をもっとみていかないとわからないかなとは思った。
三つ目は昨日買った宇野重規「民主主義とは何か」の中で、気になっていたロールズの思想について概要を読んだ。ロールズについては今までも何度か読んだ覚えはあるのだが、どうも印象に残らずにいたのだが、昨日寝る前にその辺りを読んで、要は彼の思想の骨子は「公正な機会均等の下、最も恵まれない人の境遇を最大限に改善する限りで格差は認められる」、不平等が正当化されるのは、それが最も恵まれない人の利益になり、その人の視点から見ても受け入れられる時に限られる、という部分にあると了解した。

つまりこれは例えば「累進課税制度(税率が高所得者ほど高くなるという不平等)を正当化する理論」であると考えられるし、また「政府による公的扶助(貧しい一部のもののみを対象に政府資金を投入するという不平等)」を正当化する理論であるとも言える。これが主張されたロールズの「正義論」が発表されたのは1971年だから、時期的に言えばジョンソン大統領による「偉大な社会」政策が不調に終わり、ニューディール以来の「大きな政府のもとでの自由」に疑問符がつけられていた時期ということになるわけで、ここで改めていわば「リベラル派のバイブル」としてロールズが評価されたということになるのだろう。

宇野さんによればロールズは現実の福祉国家に対しては批判的だったというが、それはもちろん「偉大な社会」政策の失敗に基づいたものだろう。

保守主義は理性万能主義的なリベラリズムの推進に対するアンチテーゼとしての意味が常にあるので、リベラリズムの動向と保守側の動きというのはきちんと見ていかなければならないなと思った。

こちらもよろしく

文化系ブログ
アート、小説、音楽、そして映画NEW

史読む月日
歴史のこと、歴史に関わる現代のことなどNEW

個人的な感想です(FC2版)

個人的な感想です(ameblo版)
漫画・アニメの感想などNEW

私のジブリ・ノート
ジブリ作品の感想・考察などNEW

生きている気がするように生きること
自己啓発、事業、ガジェットメモ、服装メモなどNEW

Feel in my bones
心のこと、身体のこと、その他のこと、そしてつぶやきNEW

スタジオみなみ
小説作品サイト

少女タイラント(仮)
小説の断片ブログ

本探し.net

本探しブログ

本を読む生活

読書案内ブログ

プロフィール

author:kous37
sex:male


電子書籍のご案内
KOBOストアで買う

月別アーカイブ

Powered by Movable Type

Template by MTテンプレートDB

Supported by Movable Type入門

Title background photography
by Luke Peterson

2021年03月

  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      
 今日の点取り占い  点取り占いブログパーツ
kous37
携帯百景 - kous37
携帯百景

Powered by ついめ〜じ

電子書籍のお知らせ

リンク

blogram投票ボタン
にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ


以下はamazonインスタント
ストアを利用しています。
詩の本のお店
2007年に取り上げた本
面白そうだな、読みたいな
アンジェラ・アキ ストア
玉姫伝説
白洲正子コレクション
小林秀雄コレクション
村上春樹の森
プーシキンを読もう!

モーニングページ、アーチストデートなどはこの本で。
野口整体について、入門的な内容を網羅しています。


ブログパーツ
全順位
ブログパーツ

全順位
あわせて読みたい

フィードメーター - Feel in my bones
total
since 13/04/2009
today
yesterday