「NARUTO」:ある種の社会契約の描出と人間が作り出してきた歴史への信頼

Posted at 19/11/19




昨夜「NARUTO」を読み終えて、まだ余韻に浸っている状態なので、そんなに客観的なことは書けないし、多分スピード上げて読んでいるから細かい見落としなどはたくさんあると思うので、また周辺書籍などを少しずつ読みながら振り返っていく機会があると思うから、こまごました発見みたいなのはまたどこかで書くことになるのではないかと思う。

読んでいる途中で、この読書体験は自分のマンガ読みを更新する体験になるだろうという気がどんどんしてきた。もともと私はこういうスケールの大きな大ファンタジーというのが好きで、それは「ナルニア国」シリーズを読んだときからのことなので、このストーリーの構築力にはかなり驚嘆しているし、最終的にチャクラの起源であるカグヤや忍の祖である六道仙人まで登場するとは思っていなかったから、洗いざらいこの大ファンタジーの世界が描ききられていることには凄いと思っている。

ただ本当に凄いと思うのは、忍とは何か?里とは何か?一族とは、といったいわば「社会的なテーマ」が問われていることで、これは80年代~90年代にはなかった視点で、いわば抑圧するもの、個人を苦しめるものという社会や国家というものを、いくつかの一族が集まり、大名と協定が結ばれて里が出来た、という形である種の社会契約を、つまり国家の起源を描き出しているということではないかと思った。

NARUTO以前の作品がむしろ国家や社会、組織というものを抑圧的に、つまりある種の敵として描いているのに対し、NARUTOではもっと肯定的に、そしてある種そこからはじき出されたサスケの敵対と彷徨の末にその起源にまでたどり着いて、先人の凄さを素直に体験していくナルトとの最後の対決の結果、この世界を救うことになるというストーリーは正直あまりによくできていて、これを超えることはかなり困難だと思わざるを得ない。

今の少年マンガの作品が結構あっけらかんと組織や国家、文明というものを肯定している、肯定することができるようになったのは、「NARUTO」の影響がかなり大きいのではないか。もともとマンガというものはサブカルチャー、ハイカルチャーに対するアンチの位置づけだったから、特に70年代以降は社会に反抗的であるのが当たり前だったし、80年代はその構造自体が溶解していく、脱構築され物語の意味さえが失われていくなかで、個人の成長や友情といった少年マンガの本来の王道は繰り返されてきたとはいえ、サブカルチャーとしてのマンガがどう社会と対峙するかというテーマは「NARUTO」までなかったのではないか。

たとえば「OnePiece」でも人種差別や麻薬問題など社会的なテーマが取り上げられるようになったのも、ある種「NARUTO」の影響なのではないかと思う。

最近のマンガはむしろ組織の善とか大義みたいなものを肯定しすぎる方向へ行っているのはちょっと危うい感じさえするのだが、ただ人間が作り出してきたもの、その歴史への信頼というものがマンガで表現されたことは「NARUTO」の大きな功績だったと思う。それを商業誌であるジャンプで15年もかけて連載できたというのはある種の奇跡だったと思う。

社会の変化に応じまたマンガも変わっていくだろうと思うし、同時代の様々な作品の描き出すものにはこれからも期待していきたいと思うのだけど、「NARUTO」という作品が一つの金字塔として日本で描かれたことは、これからも大きな影響力を持っていくと思う。

私が再びジャンプを読み始めたのは2010年代前半だから実は「NARUTO」の最後の連載期とかぶっているのだけど、ほとんど読んではいなかった。どうもこの作品は途中から読み始めても意味があるというようなものではなく、最初から読まないとダメな作品だという感じがしたからで、ただこれだけ長い作品を読む機会がいつ訪れるかはちょっとわかんねーなと思っていたのだけど、最近ほんの少しだけでも余裕が出てきたことと自分のマンガ読みがちょっと行き詰まりを感じ始めていたこともあって、初心に帰るつもりで読み始めたのだけど、結構自分の中に芯を入れるような体験になったと思う。

まだまだ鉄が熱いうちの言葉であってきちんとその体験を言葉にしていく必要があるなと思うので、また少しずつ書くことになると思う。


***

個人的には、大蛇丸やカブト、水月、香憐、重吾といった旧サスケ陣営のキャラたちが「その後」どうなったのかということも知りたいのだが、多分その辺は野暮なんだろうなとも思う。あるいは外伝とかで描かれることになるのかもしれないな。

そのへんはまた出て着てのお楽しみということにしておくのがいいのかもしれない。

「NARUTO」全72巻読了。物語の完成困難性とみずみずしいオリジナル性。

Posted at 19/11/18

「NARUTO」72巻読了。5日間で読んだが、特に50巻以降は思ったより時間がかかり、最終的にはかなり骨が折れた感じだが、これは名作だということは読んでいてびんびん伝わってきた。海外でのこの作品の評価がとても高いのは、単に忍者ものだからということだけではないことはよくわかった。
親子・兄弟・一族の相克や国と個人との相克、友情とライバル心、愛の形、いろいろなものが丁寧に扱われていて、唯一無二の物語をパーツパーツで構成している。あまりに広いテーマが丁寧に扱われ過ぎていて、今の作品が何をどう扱ってもNARUTOを踏まえてどう描くか、を考えざるを得なくなっているように思う。

80年代か進んでいた物語の脱構築の方向性、長い物語がなかなか完結しない、それはすでにサイボーグ007の頃からそうではあったが、80年代に始まった「西遊妖猿伝」がいまだに完結しないことと裏腹に、15年かけて(あるいは15年しかかけずに)これだけの物語を完結させたのは凄い。マンガが求めていた巨大な物語世界はその大きさに最終的には構成力が耐えられなくなるのが常で、たとえばオンエア版エフヴァンゲリオンのような迷走さえ90年代には起こっていたわけだけど、そうした「物語の完成困難性」にある種バッハの膨大な曲想の緻密な構成と同じような強さで、破綻も粗雑性も見せずに最後まできちんと着地させたのは実際奇蹟のようなものだったと思う。

現代のバトルマンガの多くがNARUTOのバリエーションに見えるというのは無理からぬ話で、どのテーマについてもなかなかNARUTOほどのオリジナル性を感じさせるのは難しい。同じテーマを書きこむとどうしても似た感じになってしまうから、わりと通り一遍でなぞる感じになっている作品が多い気がする。

また思ったことをまた書こうと思うけれども、この作品を読むことで自分のマンガ史観の全体像が変わるだろうなということは途中から意識するようにはなっていた。今日はとりあえずこのあたりにするけれども、またまとまったことが出て来たら書いてみたいと思う。

途中経過

Posted at 19/11/17

しばらくずっと「NARUTO」を読んでいるのだが、50巻くらいまでかなりのスピードで読めたのだが、51巻以降は読むのにいちいち時間がかかるようになってきて、今朝は51巻から読み始めたのだけどまだ56巻の途中を読んでいる。

この作品は物語構造がしっかりしている作品だなと思うし、世界の広がりもかなり大きい。展開の緩急もかなりすごいが、やはり物語のへの没入度としては、ナルト自身が出ているときとそうでないときとでは没入度が違う。

もうしばらく読んでから、また感想を書こうと思う。

「NARUTO」を読んでいる。個人の重い物語を描き出す膨大な熱量。(長文です)

Posted at 19/11/16

「NARUTO」を読んでいる。いま全72巻中30巻まで読んだ。最初の2巻は単行本で読み始めたが、72巻全部を並べるスペース的余裕はないので3巻以降はKindleで読んでいる。Kindleも基本的にはiPadで読んでいるのだが、状況によってはiPadを持ち運べないのでiPhoneで拡大しながら読んだところも数巻分ある。
これはTwitterでやりとりしている方から強く勧められたのが読み始めたきっかけなのだが、読み始めて良かったと思っている。

私は80年代まではそれなりにマンガは読んでいたがそれ以降は80年代ニューウェイブ、特に諸星大二郎や近藤ようこなどの作品の他は読まなくなっていて、2010年頃から再び読み始めたのだが、「進撃の巨人」を始めとする現代の作品の自分にとっては思いがけないマンガシーンの展開が面白く、その読まなかった空白を埋めることにそんなに熱心ではなかった。「売れている作品」の代表格として「OnePiece」は読み始めて、これはとても面白いと思い、今でも読んでいるが、ほぼ同じ時代に連載されていた「NARUTO」の方は巻数の多さもあってとりあえず良いかと思っていた。
ただその方と「鬼滅の刃」について語り合っているうちに「NARUTO」を強く勧められたので、まずは読んでみようと思い、自分の心の余裕がある時を狙って読み始めたのだった。(何しろ今は忙しくて、特に気持ちが忙しいのでなかなか心の余裕のある時というのはない。ただマンガはむしろそういう時の救いになることがあるから、そうなったらそんなに読むことが負担にならないだろうという気持ちもあった)

読み始めての第一印象は、「重い」ということだった。登場人物の背負っているものがみないちいち重い。そしてその重さが原動力となって物語が進んでいく。その重さを解消するために、前に進んで行かざるを得ないからだ。人が歩くということは前へ前へと倒れていくことで、倒れないためにさらに足を出して前に進んでいくのだ、という意味から、これは人が生きるという物語だと思った。

というような恥ずかしげもない表現になるが、つまり「NARUTO」はそういう、人が生きるということの物語の祖型の一つを作り出しているのだと思ったのだ。

現代の諸作品を時々思い出しながら読んでいると、この「NARUTO」の作り出した世界を踏まえて、その上に乗っかって作られている作品が実に多い。ある意味みな「NARUTO」後の世界を生きる作品になっているように思われる。もちろん「NARUTO」自身も、特に初期は「Dr.スランプ」や「ドラゴンボール」の影響を強く感じる場面があり、「NARUTO」自身も鳥山明後の作品である、という面もある。しかし仲間が大切だ、選びとる意志が大切だと言った今の作品では定番になっているくだりを描く熱量が今の作品に比べて半端なく高い。

それは当然ながら、「NARUTO」以前にそのテーマをここまで描き切ろうとした作品がなかったからだ。そして、それ以降は同じようにこのテーマを掘り下げようとすると、どうしても「NARUTO」にかぶってしまう。二番煎じにならないように、少しずらして描かざるを得ないから、そうなるとオリジナルというよりはバリエーションの気味が強くなる。それはエピゴーネンというような単純なものではなく、そうせざるを得ない時代の制約のようなものだと思う。モネが印象派絵画の祖になったからと言って、ルノアールやドガがモネのエピゴーネンではないのと同じようなものだろう。

で、「NARUTO」を読み進めれば読み進めるほど、私が読んでいて好きな作品のプロトタイプというか、この泉の水を汲み出して作られた作品だと感じるものの源みたいなものをどんどん見出していって、自分の中の現代のマンガ世界の系統樹的な世界というか進化論的な世界というか、ある種の世界象が描かれていくような感じを持っている。

だからこの作品を強く勧める気持ちというのはとてもよくわかったし、勧めていただいたことを感謝している。

ただそれゆえに、良くも悪くも一世代前の作品だと感じるという面もある。これは良いとか悪いとかいうことではなくて、「NARUTO」はある意味革命的な作品だということでもあり、革命はそれが成功した後はその成果は新たな日常になるということだ。世界を作り出した巨人が死んだ後はその上に新たな世界が作られ、新たな世代が生きていくことになるということだ。この辺り、まだそこまで読み進めてはいないけれども、新たな時代は新たな世代が作っていくということがおそらくは「NARUTO」の一つのテーマであろうことから、とても示唆的であるように思う。
「NARUTO」に描かれている個人の抱えている物語の重さに比べ、現代の諸作品は軽い、という批評はその通りで、それはまあ「あしたのジョー」と「リングにかけろ!」の違いのようなものだ。私は80年代がそういう文化的なものを一番吸収した時代だから、常にその前の68年の世代から70年代に生み出された膨大なエネルギーの塊のような作品群と、「我々の時代」のポップで軽い作品群とを常に比較し、また評論家によって「好きなもの」を批判されてきた世代なので、常にそういう批判に対しては反発を感じてきているのだけど、「NARUTO」と現代の作品群の対比も同じことが繰り返されているように思える。というか文化というのはそういうものなんだなと思う。
というか、私としては、1999年に始まったこの作品が、物語が消費し尽くされたかと思われた80年代の遥か後に、まだ新たな物語の鉱脈を発見し、次の時代をこの「NARUTO」という作品が作り上げたという事実を知ったという驚きの方が強い。

私たちの時代、80年代はどちらかというと物語が色あせ、その部分部分を消費し、創造というより解体、成長というより爛熟、という雰囲気の強い時代だったし、私はその時代が好きだったから、今でもそういうものを愛する部分があり、その意味では現代の作品群はとても好きなものが多い。

70年代的なものと80年代的なものの違いというのは、「主義の時代」か「趣味の時代」か、ということだろう。「NARUTO」はいわば新たなテーゼを提出した作品であって、そういう意味では「主義の時代」を牽引したと感じる。今の作品は、キャラクターの魅力であるとか、趣味が問題になってきている。

それは例えば最近喧しいおたくとフェミニストの対立みたいな問題でもそうで、彼らの対立は要するに「好きなものは好きだ」と表現の自由を盾に主張するおたくと、「嫌なものは嫌だ」とフェミニズムを盾に主張するPTA左翼の対立であって、こんなのは男女の対立でもなんでもない。要するに主義に偽装した趣味の対立の問題なのだ。

ただそれがそうなるのも一つの理由はあって、私たちの80年代は豊かな時代だったから、人は主義から解放されて趣味に生きられるようになった、という面があったわけだけど、今は絶望的な時代だから主義にこだわる余裕がなくなり、人は趣味に慰安を求めざるを得ない、ということなのだと思う。絶望的な時代だから、せめて好きなものは見たいし、それを守りたい。また一方で絶望的な時代だから、せめて見たくないものは見たくないし、それを排除したい。(そういう意味でいうと「進撃の巨人」などはこの時代の象徴であり、「怖いものは怖い」、繰り返し描かれる絶望、「この世界は残酷だ」と言い切ることがむしろ慰安になる、という作品だなと思う。)その辺りのところが80年代と現代では決定的に違うように思われる。だから人はより強く自分の趣味を守らざるを得なくなり、ゾーニングさえ成立しにくくなり、相手の趣味を焼き払うまで収まらない殲滅戦争の様相を呈している。

しかし例えば、問題になった巨乳の女の子キャラのポスターにしても、あれは本当に「性的な表象」なんだろうかと思う。描かれてきた歴史から見ると、巨乳というのはどちらかといえば若い女性の表象ではなく、むしろ地母神的なものであり、つまり母親であり、性的表象というよりはむしろ成熟を、身も蓋もなく言ってしまえばむしろ老いの表象であったように思う。つまり巨乳というものは「セックスを感じさせるもの」というよりは「年齢を感じさせるもの」であったのであり、ある意味フェミニストが「ちんぽよしよし」的な表現をする「家父長的な女性支配」の表象であったということもできる。だからその表現の品のなさはさておき(私の品のない表現を書いてしまったことを後悔しているが、まあここではそう描かざるを得ないだろう)フェミニストが直感的に表現していることは当たっている面も多いとは思う。ただすでにそこに対立の本質があるわけではないので、当たっていても無駄ではあるのだが。

例えば「NARUTO」で巨乳の女性キャラといえば綱手なのだが、この綱手はナルトに「ババア」と言われているように若く見せていても50代の女性であって、彼女は「5代目火影」として木の葉隠れの里を仕切っているいわば家父長的な女性であり、彼女の巨乳はその象徴でもあって、きちんと物語の中でその造形の意味は成立している。決して作者が「巨乳好きだから巨乳に描いた」わけではない、と思う。(多分)他に巨乳で表現される女性は今のところ出て来ていない。

まだまだ72巻中30巻なので第一部が終わって第二部が始まったばかりなのだが、各キャラクターの成長が著しく、まだ自分の中でその当否がうまく収まってないところなのだけど、一つの世代が誕生し、成長し、そして世界の中心になって動かしていく、そういう物語として描かれているのだろうなという想像は、まあ「NARUTO」の続編「BORUTO」を読んでいるから多少はその先を知っているということもあって、この先の展開にも期待している。

今朝起きてから以上描いたようなことが頭の中から溢れて来たので書いてみたのだが、多分まだ書き切れていない、書く前に雲散霧消してしまった部分もあって、また思い出したら追加して書いてみたいと思う。

私自身は主義の時代の人間ではなくて趣味の時代の人間なんだなと思うし、ジョン・レノンの政治性・メッセージ性よりポール・マッカートニーの享楽性・音楽性を愛した世代なので、「進撃の巨人」や「鬼滅の刃」など現代の作品はとても好きなのだが、「NARUTO」はそういう時代のベースを作ってくれた作品なんだなと認識しつつ読まさせていただいているという感じである。

こちらもよろしく

文化系ブログ
アート、小説、音楽、そして映画NEW

史読む月日
歴史のこと、歴史に関わる現代のことなどNEW

個人的な感想です(FC2版)

個人的な感想です(ameblo版)
漫画・アニメの感想などNEW

私のジブリ・ノート
ジブリ作品の感想・考察などNEW

生きている気がするように生きること
自己啓発、事業、ガジェットメモ、服装メモなどNEW

Feel in my bones
心のこと、身体のこと、その他のこと、そしてつぶやきNEW

スタジオみなみ
小説作品サイト

少女タイラント(仮)
小説の断片ブログ

本探し.net

本探しブログ

本を読む生活

読書案内ブログ

プロフィール

profile

author:Kosuke Hotta (kous37)
sex:male
age:56
single again
address:Tokyo,Japan

自己紹介

電子書籍のご案内
KOBOストアで買う

堀田俊夫著作集

月別アーカイブ

Powered by Movable Type

Template by MTテンプレートDB

Supported by Movable Type入門

Title background photography
by Luke Peterson

2019年11月

          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
 今日の点取り占い  点取り占いブログパーツ
kous37
携帯百景 - kous37
携帯百景

Powered by ついめ〜じ

電子書籍のお知らせ

リンク

blogram投票ボタン
にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ


以下はamazonインスタント
ストアを利用しています。
詩の本のお店
2007年に取り上げた本
面白そうだな、読みたいな
アンジェラ・アキ ストア
玉姫伝説
白洲正子コレクション
小林秀雄コレクション
村上春樹の森
プーシキンを読もう!

モーニングページ、アーチストデートなどはこの本で。
野口整体について、入門的な内容を網羅しています。


ブログパーツ
全順位
ブログパーツ

全順位
あわせて読みたい

フィードメーター - Feel in my bones
total
since 13/04/2009
today
yesterday