『ダンスダンスダンスール』128話:動機と意思「なぜ自分がここにいるのか」

Posted at 19/07/22

『ダンス・ダンス・ダンスール』は、中学を卒業した潤平が最初に好きになったみやこと行く先が分かれ、次に付き合った同級生の黒島には別れを告げられ憎まれてしまい、それを後悔しながらもダンサーとしての道を進んでいく一方で、コンテンポラリーダンスの振り付けで「自分はなぜここにいるか、考えなさい」という問いを振付師の岩井に突き付けられる。
そして「なぜそこにいるのか」という問いとして見せられたカザフスタンの15歳のコンテの演者の目は、バレエしかない、ダンスそのものが生きることであるという流鶯の目であり、「芸術に、作品にするために、全身全霊でお前のすべてを見せられるか」という岩井の問いを思い出した潤平は、「全部を見せるも何も、俺ってなーんにもなくね?カラッポじゃね?」ということに思い当たる。

これは表現者としては常に突きつけられる問いで、私などもいまだにそこは常に自問自答があるというか、それを確かめながらでないと書くべきものを書けないような重い問いかけなのだが、この問いに15歳の潤平が答えなければならないというのはかなり過酷なことだなと思った。

しかし、バレエというジャンルは幼いころから始めないと間に合わず、また若いうちが華であるという点において、ピアノなどの音楽や絵画などの芸術よりも、また俳優など年を取ってからも演じられる舞台芸術よりも、さらにはるかに苛酷な早熟性を求められるわけで、この問いに潤平がどうこたえるのかは私自身もとても興味がある。

またこの問いも、若い頃に出した答えでそれで終わりというわけではなく、歳をとればとったでまた考えなおさなければならない問いでもあり、また常に立ち戻るべき問いでもある。というかすべての表現はその問いへの答えでもあると言えるわけで、踊るのが楽しいだけ、技術をものにするのが楽しいだけでやってきた潤平が若いなりの表現すべき自分の心のようなものを見出していくのは苦闘だろうなと思う。

大喝采の試演を振付師の岩井だけは「小器用の見栄っ張りめ」と切り捨てる。その日から稽古はなく、連日「本物の芸術」に触れさせるだけの日。我慢できなくなった潤平は岩井に「どこがいけないのか教えてくださいよ」というが、岩井は「考えろ」という。そして考えて至った崖っぷち。というか、ある意味表現者は常にそのがけっぷちにいる、居続けることが仕事なんだよなとも思う。

ということを思ったので感想を書いた。スピリッツ34号、『ダンス・ダンス・ダンスール』128話。

まあ、さらに言えば、この問いは自分の内的な動機と、それを表現に昇華するときに何を受け手に届けようとするのか、という意思の問題なのだよな。内的な動機がなければ続かないし、何を受け手に届けようとするのかという意思がなければ表現にならない。今の潤平は「自分らしさ」にこだわるが、その自分らしさの先に何があるのか、まで至らなければならない、ということなんだろうなと思う。

大きな衝撃

Posted at 19/07/19

昨日は信じがたいニュースがあり、大変衝撃を受けた。これは2001年の911同時多発テロや2011年の東日本大震災の時などにも感じた衝撃だが、今回の事件にはまた異質な悲しみが伴い、大きな衝撃になっている。

京都アニメーションの作品は全く見ていないのだが、下請け等で必ず自分が見ている作品には関わっている会社だと思われるし、何より日本のアニメ文化の一つの中心、一つの聖地ともいうべき場所がこのようなテロの標的になったということに強い衝撃と悲しみを感じているというのが本当のところだろう。

ただ、自分はそういう悲しみを悲しみとして受け止めている余裕はないので、日常生活をこなしながらその中で悲しみが薄まっていくのを待つしかないとは思うのだけど、これから事件の詳細がまた明らかになっていく過程の中で、悲しみが新たになることもあるのだろうなあとは思う。

なんだかんだ言っても日常生活は回っていく。進めていることは進めていく必要があるし、ご飯も食べなければならない。時々ふと悲しみに出会ってしまうことはあるのだが、それを振り切って前に進んでいくしかない。

京都アニメーションの関係者の皆様に心よりお悔やみを申し上げます。

大きな衝撃

Posted at 19/07/19

昨日は信じがたいニュースがあり、大変衝撃を受けた。これは2001年の911同時多発テロや2011年の東日本大震災の時などにも感じた衝撃だが、今回の事件にはまた異質な悲しみが伴い、大きな衝撃になっている。

京都アニメーションの作品は全く見ていないのだが、下請け等で必ず自分が見ている作品には関わっている会社だと思われるし、何より日本のアニメ文化の一つの中心、一つの聖地ともいうべき場所がこのようなテロの標的になったということに強い衝撃と悲しみを感じているというのが本当のところだろう。

ただ、自分はそういう悲しみを悲しみとして受け止めている余裕はないので、日常生活をこなしながらその中で悲しみが薄まっていくのを待つしかないとは思うのだけど、これから事件の詳細がまた明らかになっていく過程の中で、悲しみが新たになることもあるのだろうなあとは思う。

なんだかんだ言っても日常生活は回っていく。進めていることは進めていく必要があるし、ご飯も食べなければならない。時々ふと悲しみに出会ってしまうことはあるのだが、それを振り切って前に進んでいくしかない。

京都アニメーションの関係者の皆様に心よりお悔やみを申し上げます。

松風庵/「ランウェイで笑って」11巻/カタログギフト

Posted at 19/07/18

昨日はいろいろ仕事をこなそうと考えていたのだが、予定表を見たら松本に操法を受けに行く日だということが判明し、予定をいろいろ順延した。割と朝は忙しくなってしまったのでまっすぐ松本に行き、体を見てもらって、割と上手に行ってるという言葉をもらって一安心。

久しぶりに少し気分を変えようと、松本城の方に回り、開運堂の喫茶室・松風庵に行く。ここは庭がよく、お茶とお菓子が楽しめるので好きな場所なのだが、如何せん多少距離があるのでなかなか行く機会がなく、思いたって行ってみた。庭に向かっての敷居から上が全部開放されている作りで本当に気持ちが良いのだけど、写真撮影は禁止ということでその感じが伝えられないのが勿体無い。昨日はノートを持って行って庭やお菓子などをスケッチしたのだが、なかなか絵に描くのも難しい工夫が凝らされていて、描いてみるとまたその良さがわかる、みたいな感じだった。
それからなぎさライフサイトのツタヤへ行って「ランウェイで笑って」の11巻を買い、つるやへ行ってお昼の買い物をして帰った。ガソリンがだいぶ減っていたので岡谷のセルフで入れて、前の日に持って帰るのを忘れていた米を職場から家に持って帰った。「ランウェイで笑って」は単行本も連載もなかなか佳境に入ってきて、やはりプロになるとできることも多いし興味深いなと思う。

最近、カタログギフトをいただく機会が多く、一人で生活しているとなかなかこれが欲しいというのも見つからないのだが、最近はコメを10キロとか天体望遠鏡とか台車とか昔のカタログギフトとは違う様々な品目が掲載されていて、少し前から日本茶とかは取るようにしていたのだけど、前回はコメにしたのだった。家で配達を待つ余裕はないので大体は職場に居られる時間を指定して職場に届けてもらうようにしている。余裕がなくてあまりカタログギフトの内容を見る時間が取れないときは何にしようか迷っていたが、最近はおっと思うものが載っているということがわかったので、なるべくしっかり見るようにしている。

こちらもよろしく

文化系ブログ
アート、小説、音楽、そして映画NEW

史読む月日
歴史のこと、歴史に関わる現代のことなどNEW

個人的な感想です(FC2版)

個人的な感想です(ameblo版)
漫画・アニメの感想などNEW

私のジブリ・ノート
ジブリ作品の感想・考察などNEW

生きている気がするように生きること
自己啓発、事業、ガジェットメモ、服装メモなどNEW

Feel in my bones
心のこと、身体のこと、その他のこと、そしてつぶやきNEW

スタジオみなみ
小説作品サイト

少女タイラント(仮)
小説の断片ブログ

本探し.net

本探しブログ

本を読む生活

読書案内ブログ

プロフィール

profile

author:Kosuke Hotta (kous37)
sex:male
age:56
single again
address:Tokyo,Japan

自己紹介

電子書籍のご案内
KOBOストアで買う

堀田俊夫著作集

月別アーカイブ

Powered by Movable Type

Template by MTテンプレートDB

Supported by Movable Type入門

Title background photography
by Luke Peterson

2019年07月

  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      
 今日の点取り占い  点取り占いブログパーツ
kous37
携帯百景 - kous37
携帯百景

Powered by ついめ〜じ

電子書籍のお知らせ

リンク

blogram投票ボタン
にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ


以下はamazonインスタント
ストアを利用しています。
詩の本のお店
2007年に取り上げた本
面白そうだな、読みたいな
アンジェラ・アキ ストア
玉姫伝説
白洲正子コレクション
小林秀雄コレクション
村上春樹の森
プーシキンを読もう!

モーニングページ、アーチストデートなどはこの本で。
野口整体について、入門的な内容を網羅しています。


ブログパーツ
全順位
ブログパーツ

全順位
あわせて読みたい

フィードメーター - Feel in my bones
total
since 13/04/2009
today
yesterday