「孤独・孤立」を「愛する」日本人

Posted at 21/04/10

「日本に孤独・孤立を担当する大臣が置かれた」というニュースが世界的に話題になっているという話を読んだ。「孤独・孤立政策」を担当する坂本哲志・一億総活躍大臣によると、対策室が立ち上がってから1か月間に、アメリカ、中国、ロシア、インド、スペインの新聞社やテレビ局からインタビュー依頼が殺到しているということだ。

https://www.fnn.jp/articles/-/164790

「孤独・孤立」の問題は、阪神大震災後の仮設住宅での孤独死などの問題からすでに日本では注目されていたが、世界的にはこのことを問題化して対策を打とうとするのは珍しいケースであり、その意味で先駆的な試みなのだなということがわかって興味深かった。

この辺は多分、村上春樹のいう「デタッチメント」と「アタッチメント」の話とも関わるだろう。言われてみると案外意外だったのだが、あえて孤立する、つまり孤立すること自体に価値を見出す、というのは世界的に見れば珍しいことのようだ。実際のところ、村上が評価されたのも、そうしたところにユニークさを見出した読者が世界では多かったということかもしれないし、また逆に「ノーベル賞」などに嫌われるのもそうした部分なのかもしれないと思った。(村上は芥川賞にも嫌われたが)

言われてみると、「孤独・孤立」というのが世界的には一昨日に書いた「毒々しい女性らしさ」の問題にも出てきたように「忌み嫌われる」ものであるのが普通であるのに、日本では必ずしもそうではなく、あえて既存社会との「断絶を選択する」という行動を「プラスのもの」として見る傾向があることと関係はあるだろうと思う。

http://www.honsagashi.net/bones/2021/04/post_3591.html

社会の近代化とともにそういう生き方が日本では十分可能になった、ということも大きいだろう。しかしその結果日本では人間関係が希薄な人が多くなり、特に災害の時や感染症の流行などの危機的状況の中で関係性が薄い人たちが困難な状況に追い込まれやすいという現象も起こってきた。

今回の「孤独・孤立対策担当大臣」の設置というのは、「日本では孤独の問題が可視化されやすい」ということを意味していて、それは「孤独をプラスの価値と見る見方が日本では(ある意味)伝統的に強い」ので、孤立化していてもそれをニュートラルに捉えられ得るということを意味しているのだろうと思う。

「孤独であること」を「恥」と感じる文化ではなかなかそういう対策は打ちにくいが、日本の場合は「選択してそうしている」という誇りがある人も多い。しかし選択の結果とはいえ困難が生じていることに対して国民の統合を考えなければならない政府の立場から孤独対策を行うというのは、世界的に見ても例外的な、ある種奇異に見える現象だということなのだろう。

これはフリーター・非正規労働の問題とも重なり、選択してフリーターを選んでいた時代から非正規しか選択肢がない時代に変わったように、孤独を選択していた時代から孤独を強いられる人が多くなったという変化もまたあるのだろうと思う。

つまり、世界的に見れば「望まない孤立・孤独」という概念自体が奇異なのだろうと思う。「孤立・孤独を望む人間がいる」ということ自体が多分不思議に見えるのだろう。それは、「孤立してない、孤独でないという意識がプライドの源泉の一つ」という世界的な常識に反するのだろう。

この辺りはおそらく、日本の伝統的な美意識、「隠者の文化」みたいなものが補助線になっているように思われる。世界的にも聖アントニウスみたいな隠者はいたわけだが、今のアトス山とかの修道院の話を聞くと群れを成して宗論で激論を交わすみたいな感じになってて、「孤立・孤独そのものを価値とする文化」ではないなあと思う。

まあ兼好法師や鴨長明などの隠者文学と言われる人たちも実際には都鄙に降りてきてその辺の人たちとかなり濃い交流をやっていたらしいし松尾芭蕉などもむしろ全国にネットワークを築いていた感じもあることはあるのだが、ただ「孤独・孤立を価値とする」というところが日本において評価されることは変わらず、近代になっても尾崎放哉や種田山頭火への憧れというものはあるわけで、その辺の「孤独・孤立の文化的厚さ」みたいなものが、日本ではもともとかなり大きいということがあるのではないかと思う。

そうしてみると、現代の日本の少年マンガに、逆に「友情」とか「仲間」というものを強調する、良いものとして称揚する作品が多く、また人気があるのもある意味日本人というものは放っておくと孤独を好むという体質的なものを持っているからではないかという気がする。

「優れたものは理解されないから孤立する」というようなテーゼも恐らくは日本でほどは世界では理解されないのだろうと思う。そう考えると、ゴッホという人物がどうして日本でこんなに人気があるのか、ということもまた理解できる気がする。ネオリベ系の若手界の老害のような人たちも「友情なんていらない」と言い切る人たちが多いが、この辺が受け入れられるのも、ある種の日本文化的な背景があるのかもしれないと思った。

なぜそうなるのか、そこをどうしていけばいいのか、というのはまた別の問題なので頭の良い人たちに考えてもらいたいと思うが、ただ我々日本人というものは、やはり結構変わっているのではないかという気もしなくはない。新型コロナの感染があまり拡大しないのも、日本人の持つ微妙な他人との距離感も関係しているかもしれないななどと思ったりもした。

どういう場所で生きるのか

Posted at 21/04/09

可能かどうかは別として、将来を考えるというときに、「どの階級で生きるか」ということは選択肢として考えた方がいいなという気がしてきている。最近、本当に自分は世の中を知らなかったなと思うことが多い。階級というのは図式の問題ではなく、どの階級で生きるかということは、それぞれで結構生き方が変わってくるなと思う。

現実に進路選択をする時に、一番きかれるのは「何がやりたいか」なわけだけど、それがすごくはっきりしている人はあまりいなくて、それでもどこで生きたいかとかどんな暮らしがしたいかなら割合現実的なイメージを持てる、という人は多いように思う。

思い出してみると、自分が高校生の頃将来何をやりたいかと考えたときに、出てきたのは「天文学」か「シルクロードの歴史」だった。今は結局どちらもやっていないわけだが、もっとはっきり「やる」と決めていたのは、「東京に出ること」と「東大に入ること」だった。それは今思い出してみるとあまりにも自分にとって「当たり前」のことだったので、特に「目標」とさえ思っていなかった。当然実現すべき日程の様なものだったのだが、今考えてみるとだからそれが実現したんだろうとは思う。

それに比べると「天文学」や「シルクロード」は「やれたらいいなあ」というくらいの目標で、だから「やりたいこと」だとか「目標」と名付けていたのだけど、やはりその程度では実現するのが難しかったんだなと今では思う。

職業に関して考えてみても、特に何をやりたいと決めていたわけではなく、天文学かシルクロードの勉強をしてなれるものになればいい、くらいにしか考えていなかった。悪くても教師くらいにはなれるだろうし、みたいなことは思っていたが、見事に教師になった。

今考えてみると、そこはもっと詰めるべきところだったと思う。会社員になりたいとは最初から全く思っていなかったが、それなら何になるのか。母には研究者になればいいと言われていたのだけど、「研究者」というものが結局何なのか、あまりよくわかっていなかったので具体的にイメージできなかったのだなと思う。「教師」は身近に見ていたからイメージしやすかった。大学の先生と高校の先生がどう違うのかもあまりよくわかっていなかった。高校の先生になれるなら大学の先生にもなれるんじゃないか、くらいの感じだったなと思う。

大学の時はとにかくその時にやりたいことをやる、そのうち将来やりたいことも見えて来るだろう、という今考えるとそらアカンやろという部分もある思考だったが、とにかく目の前のやりたいことをやっていた感じで、かなり長いあいだ演劇をやっていた。しかし、将来もずっと演劇をやりたいかと考えたときに何か違うと思った。何が違っていたのだろう。今考えてもその辺のところがよくわからないが、所属していた劇団のことは分かっていても「演劇という世界」あるいはその周辺にあるステージ芸術であるとか、演技を軸としたエンタテイメントみたいなものの世界というものに所属していたいという気持ちが、結局はあまり起きなかったということなんだなと思う。何か「世間が狭い」感じがしたのだ。恐らくは必ずしもそうでもなかったのだが。

「所属」というものが若いころの自分にはあまり理解できなかった、というかむしろマイナスのイメージでとらえられていて、そこが今考えると落とし穴だったなと思う。「学者は自由な仕事」だというイメージがあったけど、大学院に行って学会とかに参加してみると、まず最初に参加者名簿に書かされるのは「所属」である。これはかなり抵抗感があった。学者というのは「所属」させられる仕事なんだなと。また「所属」が得られなければ続けられない仕事なんだなと思ったし、実際ツイッターなどで見ていてもそれで苦労している人は実に多い。

今思えば、「所属」など「住所の番地」みたいなもの、くらいに考えておけばよかったのかなと思うのだけど、若い頃はそんなことも実にマイナスな感じでとらえていた。「所属」というのは「自由」を強く束縛するものという印象が強かったのだと思う。

それではフリーランスになりたかったのかというとそうでもない。今なら誰かにアドバイスを求められたらフリーランスになるならどこか大手にまず所属してみて業界の仕事の仕方を知ってからの方がいいよ、と言うと思うけど、当時はそういう発想はまるでなかった。今考えると何を考えて生きてきたのか不思議だが、結局芝居をしながらやれそうな仕事と考えて高校教師になってみて、実際にはとても両立は出来ないから芝居を続けられなくなって、そうなると教える仕事そのものに抵抗はなくてももともとが「高校教師という仕事がやりたい」わけではなかったから、巨大な困難に見舞われると、結局は続けられなくなったのだなと思う。

ただ、今の仕事や生き方、文章を書く上での種になる経験にしても、教師時代の経験がいろいろな面で生きている。とにかく第一線で仕事をするということは大事なことで、否応なく世の中のいろいろな面を知り、世の中の矛盾も考えるし理不尽にもつきあたるし、どうあればいいかという理想についても考える。どんな仕事でも生活できる給料をもらって一度働いてみるといい、ということは確かだと思う。やりたくない仕事よりはやりたい仕事の方がいいと思うが。

結局人間一人では生きていけない。子どもの頃、わりと周りに風来坊というか「世界中を旅行している人」や「何で生活しているのか分からない人」が結構いたせいか、人間どんなふうにでも生きていけるという感覚が自分の中にはとても強くて、その感じが「所属」への拒否反応みたいなものにもつながっているのだろうなと思う。

しかし人間一人では実際生きていけないし、どんなに自由であっても結局はどういう世間かに所属し、どういう業界かに所属して生きることにはなってしまう。完全に所属を拒否してデイトレーダーで生活するとかの手もなくはないが、そうなると一番話が合うのはデイトレーダーになってしまい、そういう世間に属することにはなると思う。

まあ私のように「所属」に変にこだわりがない人の方が多いとは思うのだけど、昔の私のようにそういうこだわりがある人がいたら、イヤかもしれないけど所属するならどういう世間がいいか?というくらいの柔軟さを持って思考した方が充実した人生につながるよ、ということは言ってもいいかなと思う。

結局ツイッターとかで物を言ったり、noteで物を書いたりしていても、ある意味ツイッター世間やnote世間に「所属」してしまうところはあるのだし。まあツイッター世間では所属しても1円にもならないけど。

今思えば、どんな学科でどんな研究であっても、まず成果が出るまで研究して、その後どういう方向に変わっても研究者としての仕事は続けられるわけで、とりあえず研究者になっておく、という選択肢はあったなと思う。現実には修士で大学院はやめたのでその先には行けなかったわけだけど。

最初の話に戻ると、「階級」ということについて自分のこととして考えたのは、下のサイトを数日前に見ていたということがあったなと思う。

http://labaq.com/archives/51930223.html

この表はかなり面白いのだけど、要は階級ごとの思考パターンの違いということだ。たとえば「お金とは何か」という問いに対し、下層階級は「使うもの」と考え、中流は「管理するもの」と考え、上流は「投資するもの」と考える、などというのはなるほどと思う。お金を減るものと考えるか、維持するものと考えるか、増やすものと考えるかは彼らがその階級に属する原因でもあり、結果でもある。

人の価値を「面白いやつかどうか」で測るか、「物事を達成する力」で測るか「どういう人脈を持っているか」で測るかというのはまるで思考が違っていてここも面白い。もちろんどれも持っていた方がいいとは思うが、上流が上流であるゆえんは人脈を持っていることだ、ということがよくわかる。

生きる原動力は下層階級では人間関係であり、中流では達成感であり、上流では経済力や社会的地位を獲得したり守ったりすること、というのもそうだろうなと思う。お金を得たら次は名誉だ、というのはよく言われることだが、お金と名誉が原動力になる人が上流になるしまたその地位を維持するためにはその二つが必要なんだろう。

まあこれらはかなり単純化した話ではあるのだけど、どの階級で生きるかを考えると、これらの表の中のどういう価値観が自分には心地よいかという問いにはなる。

自分のことで考えてみると、実際に田舎で生きてみると、考えているよりもずっと人脈というものの価値は高かったなと思う。そしてちゃんと人脈を持ってる人にとっては、世の中は多分自分よりも生活しやすいだろうなと思う。

それは生活しやすいということであって、自分の価値観で生きられるかどうかとはまた違うのだが。

自分のこれまでのことを考えてみると、結局は「何をやりたいか」を基準に考えてきて、「どういう場所で生きるか」みたいなことは後回しになっていたなあと今になっては思う。コロナ前は東京と田舎を往復していたが、今はずっと田舎にいる時間が長くなっているので否応なく居場所のことを考えざるを得ないということもある。それによって見えてきたことも大きい。東京ではどんな立場でどんなふうにでもお金さえあれば生きていけるが、田舎では世間というものを考えざるを得ないということもある。

若い頃はやりたいことをやっていれば満足できるということもあるし、ある程度大人になったら同じような志向を持つ人たちと交流出来ていれば快適に暮らせるということもある。しかし年齢が行って来ると、今度は生活そのものの快適さの様なものの方が重要になってきて、そうなって来ると人脈の威力というものは効いて来る。

時代もよかったということもあるが、若い頃はやりたいようにやっても生きられた。大人になると、不愉快な人間関係はとりあえず削除して、話の合う人たちの中で生きる快適さを優先するようになって来たように思う。そして今になると、どうやれば生活そのものが快適になるかが重要になってきて、それが守られていることが人間関係の快適さややりたいことが出来る条件でもあるように思えてきている。

つまりは、世の中がどのように出来ているかが分かってきて、生活面で必要なポイントポイントで自分に必要なことを提供してくれる相手がいるかどうかが大事だということが理解できるようになるし、また相手に対しても相手が必要なことを提供できるかどうかが大事なのだということが分かってきた。

そんなふうに好き勝手をやっても生きてこられたのは時代が良かったからだろうと思う。今の若い人はそういうところはシビアに考えないとすぐ生きるのが大変になってしまうので若い頃からそういうことをちゃんと考えて生き方を選んでいるのだろうと思う。我々の世代に比べてそういうところがすごくしっかりしていると思う人が多い。それがしっかりできないと夢もへったくれもない、というのは大変なようでいて、我々の時代とはまた違う可能性を持っている人たちが増えているのではないかと期待する思いもある。

とりあえず、雑観のようなものになってしまったが、現時点で自分を振り返ってみた。これからはより快適に生活でき、より快適な人間関係を保ち、自分のやりたいことをやって、生きていきたいものだと思うけれども、どういうふうに考えて生きていけばそれが最も胃jつ減できるかの最適解は、まだ見つかってはいない。

そうです。わからないまま生きていく。明日からのそんな私です。

「毒々しい女性らしさ」の問題について

Posted at 21/04/08

「毒々しい女性らしさ」の問題について

最近の事件から見えてきたフェミニズムの問題について、昨日教えていただいて読んでいたレイチェル・シモンズについての文章から、「毒々しい女性らしさ toxic femininity」の問題が取り上げられ、そうした観点からも今回の顛末を再検討すべきところがあるなと思ったのだけど、その中でも特に印象に残ったところを書いてみる。


ここで重要なのは、

「シモンズの意図は、女の子たちがいじめに立ち向かい、よりよい人間関係をつくっていくためには、自らの内にある「攻撃性」から目を背けてはならないということだ。」

ということで、著者のレイチェル・シモンズは政治学と女性学を専攻し、奨学金を得てオックスフォードで心理学を学び、女性の攻撃性についての研究を始めた人だということで、彼女の本は読んでないのではっきりとはいえないが、フェミニズムを否定する立場ではなく「女の子の生きやすさ」のためにこの研究をしている人だということだ。

女の子どうしって、ややこしい!
鈴木 淑美
草思社
2003-06-15

 

女の子の攻撃性というのは私などには割とわかりにくいもので、シモンズはそれが「環境を支配するため手段」としての男の攻撃性に対して人間関係と愛情を確認するため、すわなち「共感力」から生じる」という。

「共感力を利用したいじめ」というのは私などにはわかりにくいのだが、例えば先のトラブルの中でもかなり譲歩する一方に対し、自らの思想への共感共鳴を強要する言動があり、こういう操作性というのは例えば昨日は李王朝朝鮮の閔妃のマニピュレーター的性格について少し議論があったのだが、この辺りはシモンズの議論でも取り上げられていた。

つまり「共感力」というのは「素晴らしい面」だけではなく、「悪魔的な側面」も持つということであり、歴史上の独裁的な女性の中にもそうした面が発達した人物がかなりあるように思われるということだ。

男性の「毒々しい男性らしさ」はフェミニズムによって批判されてきている、それは主に男性の「暴力性」「支配性」についての批判だと思うし、その批判には妥当ではないと思われるものもかなりあるようには思うが、今まで取り上げられてこなかった「毒々しい女性らしさ」が「共感力」を利用した「精神的な暴力性、支配性」によるもので、それらが女性自身を生きにくくしているという問題を取り上げているわけである。

「10代の女の子たちにとっての理想は、「自分の感情を抑え、他人を操作することで自己表現できる子」なのだ。」

というのはなんというか私などには少女マンガに出てくる世界のように思えるが、実際には日本の女子生徒にとっても同じようなものなのだろう。言われてみればこういうタイプは女子のクラスにはそれなりにい流ように思うし、女子が極めて緊密にグループ化する理由もわかる。攻撃をするグループと、それを防御するグループに大きく分かれるとは思うが、下の方の学校ではそれに入りきれない子もいるし、上の方の学校、特に男子多めの学校ではあえてそういうグループに入ろうとしない子もいる。

それにしても、

「廊下をひとりで歩いていて、みんなに見られている感じがするのは最悪です。ひとりでいると憐れまれるけど、誰も人から憐れまれたくないでしょう。それはつまり、まわりから孤立しているということ。何か変なところがある、ということなんです」

というのは私には、特に自分自身の共感という点においてはわからない話だなと思った。私などはむしろ一人でいる子に対して「群れない強さ」を感じ、魅力的に思っていたのだが、それは男性視線なのかもしれないとも思う。

女性が自らの性的な画像をSNS等にアップしたり交換したりするいわゆるsexingの問題は、こうした女性間の人間関係の中で自らにパワーを与えるためにしているという面があるという指摘もあり、こういうのは単純に自己表現であるとかないしは男性の搾取性に迎合した行動であるとかの従来の議論には収容しきれない複雑な面があるのだなということも思った。

そして、これが女性だけの問題に限定されないと思われるのは、特にリベラルな界隈において直接的な暴力性・支配性が強く拒絶されるようになってきているという傾向があり、男性の間でもこうした共感力を使った間接的ないじめ・支配・操作が増える傾向にあるということがある。これは先進国の男性にとっての問題でもあると同時に、いまだに直接の暴力・支配が主流の中国やロシア、ミャンマーやイスラム世界等に対してより認識ギャップを拡大し相互の理解不可能性をより高めていくことにもつながっていると思う。「毒々しい女性らしさ」についてはさらに研究が進み、またそれを改善していく方策についても議論されいくと良いのではないかと思う。

下手なが考え休むに似たり

Posted at 21/04/07

熱海は行ったことがあるが、来宮は多分行ったことがない。無人駅で階段しかないということなので、車椅子の乗り降りには不便だろう。ここのJRの対応で一悶着あったということだけど、とりあえず来宮神社というものの存在は知った。今度熱海に行く機会があったらこちらも訪れてみて、神様に感謝したいと思う。

月曜日に地元の書店に行ったらブルガーコフ「巨匠とマルガリータ」上下(岩波文庫)があったので買った。博覧強記の編集長ベルリオーズと詩人のイワンの会話から始まるが、いきなりイエスの存在不存在をめぐる議論が始まり、怪しい外国人が現れたりしてかなり面白そうだった。まだあまり読めていないが、シチュエーションが際立っているしそれぞれキャラが立っているので読みやすい感じがする。

何かについて集中的に書くという感じにならないのでどうも断片的になってしまうが、今日は松本に行くので帰りにニトリに寄って昨日近所のニトリで見たハンガーラックをもう一度探してみようと思う。

忙しいが、なるべく忙しいと言わないようにしたい。

Twitterのプロフィールを「考えるな。感じろ。」にした。下手な考え休むに似たり。

地元の学校は、ほとんどが昨日入学式。新しい一年が始まる。飛躍の一年になると良い。

こちらもよろしく

文化系ブログ
アート、小説、音楽、そして映画NEW

史読む月日
歴史のこと、歴史に関わる現代のことなどNEW

個人的な感想です(FC2版)

個人的な感想です(ameblo版)
漫画・アニメの感想などNEW

私のジブリ・ノート
ジブリ作品の感想・考察などNEW

生きている気がするように生きること
自己啓発、事業、ガジェットメモ、服装メモなどNEW

Feel in my bones
心のこと、身体のこと、その他のこと、そしてつぶやきNEW

スタジオみなみ
小説作品サイト

少女タイラント(仮)
小説の断片ブログ

本探し.net

本探しブログ

本を読む生活

読書案内ブログ

プロフィール

author:kous37
sex:male


電子書籍のご案内
KOBOストアで買う

月別アーカイブ

Powered by Movable Type

Template by MTテンプレートDB

Supported by Movable Type入門

Title background photography
by Luke Peterson

2021年04月

        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  
 今日の点取り占い  点取り占いブログパーツ
kous37
携帯百景 - kous37
携帯百景

Powered by ついめ〜じ

電子書籍のお知らせ

リンク

blogram投票ボタン
にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ


以下はamazonインスタント
ストアを利用しています。
詩の本のお店
2007年に取り上げた本
面白そうだな、読みたいな
アンジェラ・アキ ストア
玉姫伝説
白洲正子コレクション
小林秀雄コレクション
村上春樹の森
プーシキンを読もう!

モーニングページ、アーチストデートなどはこの本で。
野口整体について、入門的な内容を網羅しています。


ブログパーツ
全順位
ブログパーツ

全順位
あわせて読みたい

フィードメーター - Feel in my bones
total
since 13/04/2009
today
yesterday