ヒスイの神と巨石信仰

Posted at 20/06/03

朝、セブンまで歩いてマガジンを買い、帰ってきて一度汗を流し、今日は松本に出かけるので遠くに行くのはやめにしてそこら辺を回って帰ってこようと思い、車で茅野の方に出かけた。どこに行くというあてもなかったので道なりにまっすぐ車を走らせていたら御座石神社前という交差点に出たのでそこを曲がり、近くのセブンに止めて水など買ったのだが、そういえば御座石神社というのはどこにあるのかとGoogle マップで調べると4分ほどのところにあるというので少し歩いてみた。

割と鬱蒼とした森はあるのだが幹線道路二つに囲まれた角にあって、本当はもっと山の方まで神域が広がっていたのだろうなあと思ったのだが、ここは昔で言えば矢ヶ崎村(現茅野市本町)の端ということになるのだろう。

祭神を見ると高志沼河姫とあり、御座石とは諏訪大社に祀られている建御名方命の母親である高志沼河姫、つまり大国主命の妻の一人が建御名方神に招かれて諏訪にやってきたときに座った石だということだった。関連して石がたくさん祀られていて、その中には沼河姫が乗ってきた鹿の足跡が残った石とかもあり、アシタカかと思った。というか、宮崎駿監督が「もののけ姫」を制作したときのイメージの一つに沼河姫があったのかもしれないと思う。

沼河姫は高志の神だということで、私のイメージでは越国、その中でも越前福井県あたりと思っていたのだけど、ググってみるとこれは糸魚川のあたり、越後の神と考えるべきであるようだった。糸魚川から姫川を遡って信濃に至るルートは古代の交易路とされていて、建御名方神もこのルートで諏訪にやってきたとされているようで、そうなると大国主神が糸魚川に沼河姫を訪問して結婚した後、生まれた建御名方がそのまま諏訪にやってきたとしたら国譲り神話のように出雲で建御雷神と争ったというのは後で付会された神話なのかもしれないと思ったり。この辺もいろいろ研究してみると面白そうだと思った。

2016年に日本の国石に翡翠(ヒスイ)が制定されたそうだが、(他に水晶もあるらしい。御木本パールがあるのだから真珠も入れれば良いのにと元三重県在住者としては思うが)ヒスイの産地といえば圧倒的に糸魚川であって、この交易が盛んだったということだろう。長野県には他に下諏訪の和田峠に黒曜石が産出し、これらも縄文時代から交易で日本中に運ばれているので古代の交易というのは石の道みたいなものだったのだなと思う。ヒスイは玉(ギョク)とも呼ばれ、「嗚呼玉杯に花受けて」の玉だが、日本では奈良時代以降は「見向きもされなくなった」そうで、国内産地があることも不明になっていたという。再発見は1938年(昭和13年)だそうで、ちょっとそれも驚きだ。

万葉集に「渟名河(ぬなかは)の 底なる玉  求めて 得まし玉かも  拾ひて 得まし玉かも 惜(あたら)しき君が 老ゆらく惜(を)しも」(巻十三 三二四七 作者未詳)という歌があり、沼河姫はこの地の翡翠を支配する祭祀女王であり、何代も同じ名を名乗ったのではないかという研究もあるようだ。そしてこの歌をもとに地元にヒスイの産地があることを推測したのが糸魚川出身の詩人・相馬御風で、中学以来の同窓に小川未明がいるそうだが、こういうことも調べ始めると面白い感じがする。御風の推測をもとにヒスイの発見につながったそうで、この辺りは戦前のおおどかな感じがある。

そんなことを思いながら帰ってきたのだが、沼河姫はヒスイの神なので、諏訪にやってきても宝石ではないにしても石が神聖なものとしてこの神に関連づけられているというのが面白い。私が今いる家の近所にも「イボ石」という巨石があり、諏訪には巨石信仰みたいなものがあったとは思うのだが、それがはっきりと現れているのがこの御座石神社なのだなと思った。

ブログの空白

Posted at 20/06/03

昨日書いた文章。

朝車を走らせて近くだけぐるっと回って帰ってこようと思っていたのだが、つい思い立って杖突峠に上ってしまった。途中で引き返そうと思ったのだが峠までの道のりをナビで確かめたらあと3キロということだったので結局峠の茶屋まで登ったのだが、当然ながらまだ店は開いてないし、というかコロナで自粛中のようだったので、一番見晴らしの良いところには入れず、トイレだけ済ませて道を降り、途中の景色の良いところで止められるところにに車を止めて写真を撮って戻った。NHK-FMを聴いていたら歌劇オルフェオが始まった。

オルフェオはギリシャ神話のオルフェウスの物語をオペラ化したものだが、そうかオルフェウスは音楽の名手だからこのオペラの祖であると言われる「オルフェオ」はまさにふさわしい主題なのだなと思った。

ただやはり悲しい話なので途中で止めて、エフゲニー・グンストを聴きながら帰った。

昨日から2016年に亡くなったマンガ家・小路啓之のことを考えているのだが、自分はブログに何を書いているのかと思って2016年10月を見直してみたが、この時期は全然更新していなくて、10月には1度もブログを書いていなかった。思い出はあるけど記録はない。ブログに記録や記憶を頼っていると、こういう時にはブログの空白の時期が、というか空白であること自体がその時期の心境の反映ではあるわけだけど、まあ必ずしも人に見せるものでもなくても書いておくと良いなとは思った。

昨日は一日ぐずついた天気だったが、今朝は晴れてきている。予報では今日明日は天気のようなので、晴れた日の一日を楽しみたい。

面白いのと面白くないのの境目が大事/ワゴンセールで見つけた作曲家/地上にはもう存在しないセンス

Posted at 20/06/02

昨日書いた文章。

本棚を整理しながらどうも気持ち悪いなと思って家を出て車を走らせながらつらつらものを思っていたのだが、これはどうも外国現代文学の本を何冊か並べているうちに無意識に悦に入っていながら実はあまり読んでなく、面白いとも思ってない、というかあまり読む気のしない作品群だということに気づいて、それでも文学界隈で著名だから読んでるとかっこいいかもしれないみたいな意識が出てきていたことに気づいて気持ち悪さが出てきていたのだということに気づいた。

つまりはコンプレックスということだが、文学に関しては本当に好き嫌いがあって嫌なものは全然読めないのだけどそれが引目になっているところがあり、特に外国文学に関してはそういうところが強くあるのだなと思った。日本文学でも町田康・川上未映子あたりは全然読めなくて、どこが良いのかわからない。多分こういう作品は映像や舞台で見たら面白いのだろうという気はするのだけど、自分が持っている範囲での文学的想像力みたいなものを拒絶する表現なんだろうなと思う。

まあそんなふうに考えてみると特にコンプレックスを感じることもなく、ただ「自分にとっては面白くない」で良いのだけど、それを読んだふり、面白いフリをしようとしている自分がいることに気づいて気持ち悪いなと思ったのだろうと思う。

しかし考えてみるとこれは結構重要なことで、面白いと面白くないの境目がどこにあるのかというのは結構大事なことだ。その境目上にある作品がある日急に面白くなることがある。そのあたりを時々探っているうちに、面白いと思う作品が増えるのではないかという気がする。

最近はあまり文学を読んでないので世界を広げるのもなかなかできないけど、時々やった方が人生を少し豊かにする気もしなくはない。
車を運転しながらこのところ聞いているCDの作曲家が気になり、iPhoneでググってみたら日本語のWikipediaがない。そんなマイナーな作曲家だったのかと思ってさらに調べると英語のWikipediaはあった。エフゲニー・グンスト。ロシアの作曲家で帝政ロシア時代に育ったが革命でラトビアのタリンに亡命し、さらにパリに移って定住した。ラフマニノフと行動を共にしていたが、政治的主張の違いで袂を分かった。プーランクと親しかったらしい。1950年に亡くなっている。

聞いていたのはドビュッシーと抱き合わせたピアノとバイオリンの曲集なのだが、とても良い。このCDは銀座の山野楽器のワゴンセールでジャケ買いしたものだと思うが、時々こういうあたりがあるからCD漁りはやめられない。山野楽器のワゴンセールはバイヤーのセンスで仕入れたものの一般受けしなかった、みたいなものが多いと思うので、運が良ければ自分のセンスに合ったものを見つけられる。骨董の掘り出し物を見つけるようなものだと思う。

来世であいましょう (1) (バーズコミックス)
小路啓之
幻冬舎コミックス
2017-05-01



家に帰ってきて考えたことを書こうと思いながら本棚を見ていたら少し隙間があるのでダンボールにしまってあるマンガや本を少し出そうと思って探したら、小路啓之の作品がいくつか出てきてあっと思った。

今は読んでいるマンガが増えすぎて新しい作品や気になる作家の開拓をあまりしていないのだが、ちょうどまだマンガ読みを復活してリアルタイムの気になる作品を開拓している頃に見つけた作家さんの一人で、全てが好きというわけではないのだけど嫌な感じのところも含めて気になる、という感じの作家さんだった。2016年、突然亡くなって、自分の中ですごいショックがあったようで、持っている作品全てを段ボールの中にしまい込んでしまっていたのだ。

今取り出してみるともうあの時感じたショックはない。そして今でも読まれるべき作品だなあと読んでいて思う。もう4年経ったんだなあと思う。

亡くなったマンガ家の作品というのは読んでいて何か惹かれるものがあると、魂をどこかに持っていかれるんじゃないかと思ってしまうようなところがあって、読むのに慎重になるところがある。この人のセンスはもうこの地上にはないのだなと思うと、限りない愛惜の思いが湧いてしまうのだなと思う。マンガ家にはいつまでも生きていて欲しいと思う。まあ人間だからいつかはこの世をさるのだけど。

考えを以て考えを制す

Posted at 20/06/01

考えることが多過ぎてかたっぱしから考えていると頭の中がパンクするのだが、どうやってそれを整理しようと考え始めるとまた考えることが増えるというジレンマ。

今朝は気分転換に街の中を歩いてきて、帰ってきて風呂に入ってから今度は車で出かけてジャンプとヤンマガとスピリッツを買ってちょっと下諏訪の街の中を探索しようと出かけたのだが、気になっていた道がどこを通るのか確認できたのがいくつかあったのと、普段は行かない岡谷駅前のほうに行ってみて道がかなりややこしいということを知った。

今日はそれだけで帰ってきたのだが、やはり自然の中をドライブしないといまいち「ぬけ感」がないなあと思った。街の中の道も面白いところはあるのだが、やはり自然のパワーの方が大きいなあと思った。

今日は六月一日、旧暦だと閏四月十日。少し肌寒くてストーブをつけている。梅雨ももう近いのだろうなあ。

つい手当たり次第に考えてしまうので、考える前にそれは考えるのに値するのか少し吟味してみようと思った。まあそれでまた考えることが増えるのだが、考えを以て考えを制す。毒じゃないんだから。

こちらもよろしく

文化系ブログ
アート、小説、音楽、そして映画NEW

史読む月日
歴史のこと、歴史に関わる現代のことなどNEW

個人的な感想です(FC2版)

個人的な感想です(ameblo版)
漫画・アニメの感想などNEW

私のジブリ・ノート
ジブリ作品の感想・考察などNEW

生きている気がするように生きること
自己啓発、事業、ガジェットメモ、服装メモなどNEW

Feel in my bones
心のこと、身体のこと、その他のこと、そしてつぶやきNEW

スタジオみなみ
小説作品サイト

少女タイラント(仮)
小説の断片ブログ

本探し.net

本探しブログ

本を読む生活

読書案内ブログ

プロフィール

profile

author:Kosuke Hotta (kous37)
sex:male
age:56
single again
address:Tokyo,Japan

自己紹介

電子書籍のご案内
KOBOストアで買う

堀田俊夫著作集

月別アーカイブ

Powered by Movable Type

Template by MTテンプレートDB

Supported by Movable Type入門

Title background photography
by Luke Peterson

2020年06月

  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30        
 今日の点取り占い  点取り占いブログパーツ
kous37
携帯百景 - kous37
携帯百景

Powered by ついめ〜じ

電子書籍のお知らせ

リンク

blogram投票ボタン
にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ


以下はamazonインスタント
ストアを利用しています。
詩の本のお店
2007年に取り上げた本
面白そうだな、読みたいな
アンジェラ・アキ ストア
玉姫伝説
白洲正子コレクション
小林秀雄コレクション
村上春樹の森
プーシキンを読もう!

モーニングページ、アーチストデートなどはこの本で。
野口整体について、入門的な内容を網羅しています。


ブログパーツ
全順位
ブログパーツ

全順位
あわせて読みたい

フィードメーター - Feel in my bones
total
since 13/04/2009
today
yesterday